お年玉が・・・一番安い
渡すお年玉の金額が少ないと、肩身が狭かったりするものです。
お年玉格差や、お年玉カースト・・・あると思います。
子供たちは正直ですよね。渡す金額で態度がガラッと変わったりします。
名家出身ですが現在は非正規社員の30代男性、
正月に実家に帰ると親戚の子から「1000円のおじちゃん」と呼ばれるそうです。
気にすると地味に辛いかもしれませんが、
貧乏に慣れてくると、気にならなくなります。威張れないですけどね。


おひとりさまの老後 [ 上野千鶴子(社会学) ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「正月ですら気が休まるどころか、本当に毎年惨めな思いをしなければならない。すべては“格差”のせいだと思わずにはいられません」

トラコミュ     辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

 12月末のある日、東京都内の大手人材会社で派遣の事務社員として勤務する中島さん(30代・仮名)は、「公開処刑」ともいえる正月が目前に迫っているせいで、「今にも嘔吐しそうなくらい」の様子だった。いったい正月の何が、彼をそうさせるのか?



◆兄弟や親族はエリートばかり…非正規雇用者の憂鬱な里帰り

「実家は栃木の名士の家系で、親族は地元の市議会議員や町議、兄は東京の商社勤めで、弟は放送局の海外駐在員、妹は大学教授と結婚して関西に。私だけが非正規雇用というわけで……」

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ   ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

 要するに、エリート親族の一員のなかで、中島さんだけが非正規雇用。非正規で何が悪い!と言いたくなるが、他の兄弟とも差別され、実家に帰っても居場所がない、というのである。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

 仕事や結婚について親族から指摘され、実家には寄り付かなくなった、などという読者諸兄も多いことだろうが、中島さんに言わせれば、それはまだ「我慢できるうち」なのだという。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

「親戚の子がね……私を“1000円のおじちゃん”と呼ぶんです。会社をクビになり無職だった一昨年のお正月、甥っ子のA君(当時小学校高学年)に1000円しかお年玉をあげられなかったからです。他の子どもたちの間でも、お年玉をくれる大人たちの中では私は“最下層”なのだそうで……」

 例えば、中島さんの兄が実家に到着すると、子どもたちが総出で迎えてくれ、荷物を持ったりお茶を出したり、それはもうVIP並の好待遇でもてなされる。珍しく妹一家が帰省してきたときも同様だ。妹の旦那である裕福な大学教授が、子どもたちに大盤振る舞いを行うし、親族一同、インテリ旦那の内外での武勇伝を聞くことを待ちわびている。

 中島さんといえば「いつ働くのか」「結婚できるのか」「ハゲないうちに誰でもいいから結婚を」と親戚中から吊るし上げられるだけでなく、子どもたちからもまた「ケチなおじさん」と揶揄される。

◆子どもたちから「お年玉差別」されるのがツラい

「子どもたちは純粋ですから、親たちが私のことを話しているのを聞いているんでしょう。『仕事がないからお金がないの?』とか、『お嫁さんがこなくて悲しい?』とか、どストレートに問いかけてくるんです」

 とはいえ中島さん、4月以降の正社員採用が決まり、今年の正月はやっと親族にも温かく迎えられそうな兆しもあった。さらには、2年前から付き合っているという女性とも、来年中には婚約する予定だが、やはり目下の悩みといえば、親族の子どもたちから「お年玉差別」されること。

「子どもたちの評価は、その親である私のきょうだい、親族からの評価そのもの。甥っ子たちはすでに高校生、大学生になるし、お年玉も全員に配るとなれば10万円近くになる。再就職が決まったとはいえ、手元にまとまったカネはなく、どうやら今年までは“1000円おじさん”などといわれるのを我慢するしかなさそうです。まあ、頑張って2000~3000円くらいは包みたいところですが、余計悲惨になりそうで……」

 そう話す中島さんが、いま頃どんな顔をして正月を過ごしているのか定かではない。そんな世知辛い子供たちにお年玉なんかあげなくていいじゃん、と思うが、地方の名家ではそうもいかないのだろうか…。

 ともあれ、社会人となり、お年玉をもらう側から渡す側になった途端、正月というものがいかに「ありがたくないイベントか」と思い知った人も少なくないはず。現代っ子は、我々が思う以上にドライで、現実的なのだ。
https://bit.ly/2Vo49zJ

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ     40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ   ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2