ホームレスたち
なぜ、生活保護を受けないのかを、
ホームレスの人たちに聞いています。
「誰だって生活保護に頼らずに自分で生活していきたいだろ」という正論や、
「正直何が何だか分からないんですよ」という情報不足の人もいるようです。
過去に不正受給をしていれば、申請するのは難しいようですが、
それぞれに、受けない事情はあるようですね。


ひとりぐらしも神レベル [ カマタミワ ]
定年夫婦になる! 100歳までお金に苦労しない [ 井戸 美枝 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

いま何かと耳にする「生活保護」というワード。ケースワーカーたちを描いたテレビドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」が放送されるなど、やはり貧困問題には注目が集まる。

トラコミュ     辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

現在は働いているが貯金もない、いつ仕事がなくなるか分からないといった将来の不安に日本全体が駆られている。



 都市を歩けば路上で寝泊まりしているホームレスの姿も。「もしも自分がああなったら……」と思うこともあるだろう。しかし、疑問に思うことが1つ。なぜホームレスたちは生活保護を受けないのか?

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ   ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

◆山谷地区のホームレスはなぜ生活保護を受けない?

 貧困問題と直結する場所の1つとして「ドヤ街」が挙げられる。ドヤ街とは1泊1500円など低料金で泊まることのできる簡易宿泊所が立ち並ぶ地域。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

東京であれば山谷地区、横浜は寿町、大阪はあいりん地区などが代表的だ。昔のドヤ街といえば、日雇い労働者たちがあふれ、労働者の街といった印象であったが、現状は異なる。ドヤ街は労働者の街ではなく“生活保護”の街となっているのだ。山谷地区で路上生活をしている60代の男性Aさんがこう話す。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

「この歳では働こうと思ってもね、日雇いですら受け入れてくれないことが多いんだよ。日雇いは肉体労働が中心だろ? 自分としても若い頃みたいには動けないし、会社側も怪我でもされたら困るって話。いまは月に何回か清掃の仕事をしているよ」

 上野公園などではホームレスと見られる人々が集まって落ち葉を清掃するといった光景が見られるが、この男性の言う清掃の仕事もそれだ。しかしそれだけでは生活できず、路上で生活しているという。

「この街はね、もう労働者の街ではないわけ。ドヤっていったって泊っている人の多くは生活保護なんだから。寿町も西成(あいりん地区)も一緒だよ」

◆路上で自立したい人や、そもそも情弱な場合も

 厚生労働省の発表によると生活保護受給者数は210万3644人(平成30年5月分概算)。生活保護を受給するには、世帯収入が厚生労働省の定めた最低生活費を下回る必要がある。さらに資産がないこと(土地、車など)、親族等からの援助が受けられないことも条件に入る(例外はあり)。Aさんによれば、「受けようと思えば生活保護も受けられる」というが、ではなぜ受けないのか?

「誰だって生活保護に頼らずに自分で生活していきたいだろ。路上で生活することにはもう慣れっこだし、こっちとしてはまだ受ける理由が見つからないってだけだ。そりゃ、あと何年かしたら受けることになるんだろうけど、いまは受けなくても生きているんだからわざわざ国に頭なんか下げたくないんだよ」

 ホームレスの自立支援という言葉はよく聞くが、この男性からしてみれば生活保護で生活を取り戻した人間よりも、自分の方がよっぽど自立しているということだ。ほかにもこんな意見もある。数年前ではあるが、山谷地区にあるアーケード街(いろは商店街)の下でダンボールを敷いて寝ていた男性はこう話していた。

「生活保護ですか? 正直何が何だか分からないんですよ。そもそも住所がないとダメでしょう?」

 生活保護法では住民登録をしていない路上生活者でも生活保護の申請はできるとされている。このときは福祉関係のボランティアも一緒だったため、その人物が詳しく話を聞き、後日福祉事務所に相談へ行ってみないかという話になった。このように、情報がないために生活保護を受けずに路上生活をしている人間もいる。

◆お金がありすぎてホームレスになった

 再びAさんとの話に戻る。Aさんによると、「お金がありすぎて路上生活者になってしまうバカな奴もいるんだよ」という。お金がありすぎてホームレスとはどういうことだろうか?

「生活保護を受けながら、内緒で日雇いの仕事に行く連中がいるんだよ。生活保護と週に3日の現場仕事で月収20万以上。ドヤに住んでいれば、かなり余裕のある生活ができるよな。でも周りの告発やらなんやらでバレるんだ。それで生活保護は廃止。他の区に移って保護申請してもデータが残っているからもちろん却下。そうやってホームレスになるしかない奴もいるんだぞ」

 生活保護を受給していても働くことはできる。しかし、生活保護は最低限度の生活を送るために足りない分を援助してもらう形のため、当然収入があれば申告しなければならない。そのため生活保護の不正受給ということになるのだ。

「路上生活などしないで生活保護を受ければいい」。言葉にするのは簡単だが、ホームレスたちにもそれぞれ事情や考えがある。不正受給をしていた人間は法的にも感情的にも救いようがないが、生活保護を受けて最低限度の生活を送るよりも、路上で“自立”して生きていきたいと考える人もいるということだ。
https://goo.gl/NJYhTd

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ     40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ   ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2



人気記事 トップ3
1、平均 貯蓄の・・・真実
2、生活保護・・・最底辺の生活
3、生活保護費を・・・ちょろまかす