虐待は連鎖
毒親は総じて貧乏で、やつ当たりや鬱憤晴らしで虐待が酷くなります。
虐待された子どもは、自分が親になったとき虐待をすることが多いようです。
もちろん、強い精神力でそうならない人もいますが・・・
幼いときの心の傷は、癒されることなく残ってしまいます。
家族は、テレビドラマのように温かいものではありませんが、
傷つけあうものでもないと思います。
児童虐待は掘り下げるほどに、問題解決の困難さを感じますね。


おひとり様を生き抜く「女子貯金」生活 [ 横山光昭 ]
定年夫婦になる! 100歳までお金に苦労しない [ 井戸 美枝 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

幼いころに親から虐待を受けた大阪府の主婦、松田奈緒子(42)=仮名=は、前夫の虐待をめぐって、幼少期に長男を手放した。「虐待の連鎖」はどう断ち切れるのか。

トラコミュ     辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

馬乗りになって殴り続ける母の拳…「お母さん、ごめんなさい」謝っても殴られる

 「ぽっと出た、ぽっと出たつくしんぼう」。歌に合わせて踊る小学1年の次男(6)のほほ笑ましい姿を眺めるたびに、奈緒子は、前夫の虐待をめぐって、幼少期に長男(23)を手放した苦い過去を思い出す。



 子供には自分と同じ目に遭わせたくない。懸命に生きてきたはずなのに、どうして人生の隘路(あいろ)に迷い込んでしまったのか。奈緒子はいま、「『家族のかたち』を守りたかっただけなんですよね」と話す。

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ   ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

 奈緒子は幼い頃から母に虐待を受けていた。5歳のときに馬乗りになって殴り続ける母の血まみれの拳が今でも目に焼き付いている。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

奈緒子は「お母さん、ごめんなさい」と繰り返した。10分近く続いた暴行後も母のいらだちは収まらず、誰かに電話し、「こんなやつ産まんかったら良かったわ」と吐き捨てた。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

 妹もいたが、怒りをぶつけてくるのは、長女の奈緒子だった。父とのけんかや、浮気相手とうまくいかないこと…。暴力の理由はささいなものだった。

母の再婚相手にも暴力振るわれ「あんたのせいで家がうまくいけへんねん」

 小学校入学後に両親は離婚。母に捨てられた。父も養い切れず、母の元に戻されたが、母が再婚していた男に、また暴力を振るわれた。両手で強く首を絞められ、死を覚悟したこともある。

 母はその傍らで平然と洗濯物を畳んでいたのを覚えている。

 「あんたのせいで家がうまくいけへんねん」。高3の夏に、母から家を出てほしいと告げられた。再び家族に捨てられ、住み込みのアルバイトを続けながら、高校を卒業。その後、化粧品の販売員として働き始めた直後、妊娠が判明した。

 同棲(どうせい)相手の男性との間の子だった。結婚し、仕事を辞め、長男を出産。生活は困窮していたが、生まれてきた長男に精いっぱいの愛情を注いで家族のかたちを守ろうとした。「虐待の連鎖」。それだけは絶対にしないと心に決めていた。

ただ、ようやく出来上がりつつあった家族のかたちは、すぐに崩れる。前夫の浮気が発覚。とび職をしていると言っていたが、実際は女の家に入り浸って働いておらず、家に入れていた約20万円も借金でまかなっていた。浮気を追及すると、顔中に青あざができるほど殴られた。また暴力の生活が始まった。

暴力・虐待の連鎖から気づいたこと

 それでも家族がバラバラになることを恐れ、離婚はためらった。だが、幼少期から暴力に耐えてきた心は限界を迎えた。重度の鬱病と診断され、長男は児童養護施設に。最終的には前夫の実家に引き取られていった。結局、自らも長男を手放す形になった。

 その後、奈緒子は10年以上、入退院を繰り返す。ただ、光もあった。今の夫(39)と知り合ったことだ。彼は自分の過去を受け入れてくれた。2人の子宝にも恵まれ、夫の橋渡しで、成人した長男とも再会した。

 奈緒子にとって家族といえば虐待と暴力の連鎖しかなかったが、子育てに奔走する中で気付くことも多くなった。母親の暴力に支配され、ただ従うしかなかった奈緒子と違って、長女は弁当のおかずに文句を言うことがある。「手探りしながらでも自分なりのやり方で子供としっかり向き合えばいいんだって思える」

最近、親子カウンセラーの資格を取得した。社会福祉士らのアドバイスも聞き、「母なりに自分のことを愛していたんだ」と思えるようになった。実際、母に捨てられたと思っていたが、小学校入学の流れが整っていて「(奈緒子を)連れて行けなかった」と聞いた。父と母で自分を取り合いになったことがあったという。養父から暴力を受けていたとき、母が泣いていたことも思い出した。

 「結局は自分の人生の操縦者にならなきゃいけないんですよね」

 過去を乗り越えた自らの経験を、奈緒子は発信したいと考えている。
https://goo.gl/UBmDxF

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ     40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ   ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2