タワーマンションの・・・醜悪
タワーマンションの外観ってどう思いますか?
ヨーロッパにはタワーマンションが殆ど無いそうです。
町並みの建築造形として考えた場合、外観が醜悪らしいのです。
日本人の感覚とは随分と違いますね。
タワーマンションが林立する武蔵小杉の一帯。
色々な問題を抱えていますが、なかでも災害にはとっても弱いようです。
そうは言っても、タワマンに住んでいる人たちは貧乏人とは違うので、
災害時でもなんとかしちゃうんでしょうね。そんな気はします。


おひとり様を生き抜く「女子貯金」生活 [ 横山光昭 ]
定年夫婦になる! 100歳までお金に苦労しない [ 井戸 美枝 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

東京郊外の駅近タワーマンションの売れ行きが好調だという。都心より割安で、かつ生活の利便性も高まると、地方から引っ越してくるシニア層も多い。だが、そんな需要を見越してタワーマンションを林立させた結果、様々な弊害が起きている。

トラコミュ     辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

神奈川県川崎市にある「武蔵小杉」はその典型だ。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が武蔵小杉の現状を憂う。



 そもそも、タワーマンションは限られた土地に数多くの住戸を作るための必要悪のようなもの──と私は考えている。

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ   ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

そこに住むメリットは、高層階からの爽快な眺めと開放感。あるいは大規模であるが故の充実した共用施設。それくらいのものではないだろうか。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

 タワーマンションのデメリットをあげれば、キリがなくなる。何よりも、そこに住んでいない近隣住民にとってはその存在自体は迷惑そのものでしかない。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

 まず、外観が醜悪である。建築造形というのは、それ自体が街並みを形成する芸術作品である、とヨーロッパ人は普通に考えている。だから、街並みにそぐわない建築様式は規制される。また市民の意識として作らない。だから、ヨーロッパにはタワーマンションの類はほとんどない。

 そのあたり、日本人の感覚は大きくずれている。タワーマンションが醜悪だと捉える人は、ほんの少数派だ。だから、日本中のあらゆるところにタワーマンションが建てられている。

 次に、周辺の街並みへの日照を阻害する。例えば、川崎市の武蔵小杉のある一画では、現在計画中のタワーマンションがすべて竣工すると、一日にほんの数時間しか日照を得られなくなるという。迷惑この上ない話ではないか。

 もっとも、本来わざわざタワーマンションをさほど作らなくてもいい場所にまで大量に建ててしまったことによって、武蔵小杉は様々な悲劇を生んでいる。

「改札にたどり着くまでに何分もかかる」──そういう報道でにわかに脚光を浴びたこの街。JR横須賀線の「武蔵小杉」駅が開業したのは2010年。東京駅まで一気に直通でアクセスできることになった。

 その頃から、駅周辺はタワーマンションの建設ラッシュとなった。分譲と賃貸を合わせて十数本のタワーマンションが天空を貫くように立っている。当然、人口も急増した。

 その結果、JRの2つの「武蔵小杉」駅と、東急東横線の「武蔵小杉」駅では朝夕のラッシュ時には大変なことになっている。特にJR横須賀線の「武蔵小杉」駅は地元から利用する人と、南武線から乗り換える利用者でラッシュ時にはホームに人が溢れる。

 ところが線路が湾曲しているために、ホームと線路の間に柵やホームドアを取り付けることが困難だという。現在、ホームの増設が計画されているが、いつ事故が起こってもおかしくない状況に見える。


 現在、横須賀線の「武蔵小杉」駅入り口には、臨時の改札口が設けられているので、かつてのように「改札まで〇分」というようなことではなくなったらしい。しかし、地元の人に伺うと「念のために30分早く自宅をでる」といったケースが多いという。それでは何のために「都心に近い便利な武蔵小杉」にマンションを購入したのか分からない。

 また、武蔵小杉エリアでは保育所がかなり不足しているという。タワーマンションが次々に建設されたのに、保育園の新設が追い付いていないのだ。

 タワーマンションの購入者には、パワーカップルが多いと言われている。夫婦のどちらもが第一線で活躍しているようなカップルだ。当然、子どもは保育園に預けることになる。しかし、武蔵小杉周辺では保育園の数が絶対的に不足している。

 また、保育園であっても園庭を持たないビルインのタイプが多いという。そういう保育園では日中、子どもたちを近隣の公園へ連れて行って遊ばせるのだが、タワーマンションエリアには児童公園がほとんどない。

 さらに、この街ではタワーマンションが建ち始めて以来、強いビル風が吹くようになった。台風も来ないのに風速10メートル以上の風が吹くことも珍しくない。最大で風速20メートルのビル風も観測されている。現在のところ、ビル風による大きな事故は起こっていないが、風速20メートルでは何かが起こっても不思議はない。

 駅は人であふれ、子どもたちは建物の中に閉じ込められ、ビル風が地上を吹き荒らすタワーマンションの街、武蔵小杉。この街にタワーマンションが建ち始めたのは、ここ10年少しのことである。

 そもそも、大量の容積率を必要とするタワーマンションの建設には、行政側による用途地域の変更など、いくつもの緩和措置が必要である。実際、川崎市はこの武蔵小杉でタワーマンションが林立できるように、用途地域の変更をはじめ容積率の緩和、空中権の売買などに対して、恐ろしくデベロッパー側に宥和的であった。逆に言えば、反対する市民運動側に冷たかった。それは今も続いている。

 さらに、行政側の施設を併設することを理由に公的資金まで出しているケースがほとんどだ。つまり、タワーマンションの建設に市民の税金を投入しているのである。その結果。武蔵小杉エリアにはハリネズミの如くタワーマンションが林立することになった。

 駅の混雑も、保育園の不足も、公園の少なさも、川崎市があらかじめ想定していたとは思えない。むしろ、住民が一気に増えるタワーマンションの建設を、行政が後押ししているようにも受け取れる。そこに死角はないのか。


 実のところ、タワーマンションは災害に弱い。地震や水害などで電力供給が途絶えれば、そこで生活を営むことはほぼ不可能になる。エレベーターや水道が使えなくなるからだ。

 仮に武蔵小杉のタワーマンションエリアで電力供給が途絶えれば、これだけの住民を収容しきれる避難施設はあるのだろうか。周辺の小学校では生徒が急に増え過ぎた結果、プレハブ校舎で授業を行っているところあるという。また、新たな小学校も建設予定だとか。不安材料は増えるばかりだ。

 不動産市場的に見ても、危うさが浮かび上がる。これらのタワーマンションには空室が多い。新しく竣工したタワーマンションも、完成直後から大量の売出し物件が流通市場に出ている。値上がり期待で購入した人が多いのだろう。

 新築タワーマンションの売出し価格は、東京都内の湾岸エリアとほとんど同レベル。近くて便利、とはいっても都心への絶対距離は都内湾岸よりも遠い。

 埋立地である湾岸エリアにタワーマンションが大量に作られているのは、それこそ必要悪である。そこには元からの住民がいないわけであるから、日照の阻害なども発生しない。また、埋立地の風景やタワーマンションでの生活を好む方が購入して住むわけであるから、ビル風の問題も話題にならないだろう。公園はたくさんある。

 しかし、武蔵小杉はここ十数年でにわかにタワーマンション銀座に生まれ変わった。近くて便利、ということで売れ行きも好調だった。一種のブームでもあった。

 ただ、人気と話題が先行して好調に分譲されてきた武蔵小杉のタワーマンションも、今後は新たな評価を受けることになるのかもしれない。
https://goo.gl/HLuxji

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ     40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ   ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2



人気記事 トップ3
1、平均 貯蓄の・・・真実
2、生活保護・・・最底辺の生活
3、生活保護費を・・・ちょろまかす