30歳 子持ち主婦
30歳、子持ち兼業主婦のお金のリアルです。
生々しい部分もありますが、すこし「おやっ?」と思う部分もありますね。
いずれにしても、今までは比較的恵まれた環境にあった女性のようです。
もし離婚したら・・・
殆どの女性は経済的に厳しくなると思います。これは男性も同じかな。


おひとり様を生き抜く「女子貯金」生活 [ 横山光昭 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

30歳という年齢を一つの節目と考える人は多い。10年前は学生だった人が、一人前の社会人となっていたり、結婚して家庭を持っていたり、中には独立して会社を経営していたり、フリーランスとして活動していたりする。それぞれの生き方の違いが、少しずつ出始める年齢といえよう。

トラコミュ     辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

今年の30歳は1987年、1988年生まれ。彼ら、彼女らは昭和生まれ最後の世代。物心ついたときにはバブルが崩壊し、その後は長い不況にさらされる。



また、「ゆとり世代」のはしりでもある。就職活動を始める時期にはリーマンショックが起こり、高学歴なのに内定がないまま卒業した人もいる。

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ   ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

そんな景気が良い時代を知らない現在の30歳は、お金に関してどんな価値観を抱いているのか。大成功している人や特異な人ばかりについ注目が行きがちだが、等身大の人の生き方にこそ、多くの人が共感する現代のリアルがある。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

相対評価から絶対評価に変わった恩恵を受けられた

エリカさん(仮名)は神奈川県出身。会社員の父と専業主婦の母のもとで育ち、5歳上の兄がいる。きょうだい仲は良い。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

小学校に上がると母親がパートに出始めたが、家庭が困窮していたわけではなく、お小遣い稼ぎのためだったのではないかと語る。エリカさんは3年前に結婚。昨年出産して育休をとり、この4月から1年10カ月ぶりに仕事に復帰。金融関係の一般職で時短勤務している。

エリカさんは自身の子ども時代をこう振り返る。

「小学生のときって運動ができる子がクラスの人気者。私は運動があまり得意じゃなかったので、中間層のグループにいました。公立の中学校も家から歩いてすぐ側だったし、クラスでも中学受験する子は少なかったので、中学受験を考えたことはなくて、公立の中学校に入学しました」

中学校では吹奏楽部に入り、コントラバスを担当した。この楽器を選んだ理由は、入学式で先輩たちが演奏している様子を見たとき、大きくてカッコ良く見えたのと、購入が強制ではなく、部に借りられるという理由からだった。

「サックスやフルートは買わなきゃいけませんでした。ピンキリですが、買うと20万~30万円します。また、コントラバスは人気がなかったのですぐに希望が通って私の担当に決まりました。練習は毎日ありましたが、頑張り方の方向性を間違えていたのか、部としては弱かったです(笑)」

中学の成績は良かった。しかしこれは、周りのレベルが低かったからではないかとエリカさん。また、中3の頃から“ゆとり教育”が導入され、相対評価から絶対評価になった。その恩恵で希望の高校に入学できたという。

「高校は推薦で私立に入学しました。家から近かったのと、そのままエスカレーター式で、世で言う“そこそこの偏差値の大学”に行ける高校だったので。あと、校則がほぼなかったのも選んだ理由のひとつです。制服も2年の途中から着なくてよかったです。髪を金髪にして、ピアスを空け、当時好きだったビジュアル系バンドのライブに通う日々のなか、初めてできた彼氏もバンドマンでした。

また、アパレル店のアルバイトに週4回出て、月6万円ほど稼いでいました。それで、フリーマーケットに行ったり、ゲームセンターでプリクラを撮ったり、ライブのチケット代や遠征の費用にしていました。ライブ遠征で地方に行く際、安い夜行バスを使うのは親に反対されたので、新幹線を使っていました」

就活の壁にぶつかる

私立の一貫となると、学費もかかる。きょうだいがいる家庭では、どちらかが私立へ行ったらどちらかは公立か県立、国立へ進学せざるをえないという話も聞く。しかしエリカさんの家庭は「きょうだいのどちらかが私立をあきらめるのは良くない」という考えのもと、2人とも私立の学校を卒業している。

高校の成績は悪く、1度数学の補習を受けたことがあった。しかし、大学では好きなジャンルの勉強に没頭して良い成績をおさめられ、近現代の作家に関する卒論を書いた。バンドの追っかけに明け暮れていたので、サークルには入らなかった。バンドに夢中で恋愛からは遠のいてしまった。高校時代から続けていたアパレル店でバイトをしながら、実家から大学に通った。

ある日、高校時代からの友人が男性を紹介してくれた。エリカさんとしては「アリ」枠な男性だったが、2人で飲みに行った際、泥酔して醜態をさらしてしまい、恥ずかしくてそれ以降会いたくなくなってしまった。

大学までは順風満帆に歩んできたエリカさんだったが、大学3年のときに就活の壁にぶつかる。特別やりたい仕事もなかったので「馬車馬のごとく働きたくない」「転勤したくない」という条件で絞っていくと金融系の一般職にたどりついた。20~30社受けたが、なかなか内定が出ない。ストレスがたまって大量に飲酒をする日もあった。それでもめげず、就活を続けていたら、ようやく内定が出た。それが今働いている金融関係の会社だ。

「具体的にはクレジットカード会社の裏方です。申し込み書を確認して審査をして、インフォメーションセンターに持っていって……という地味な作業。向き不向きがはっきり出る仕事だと思いますが、私にはとても向いていると感じています」

初任給の手取りは14万円。残業をするようになると少し上がった。また、ボーナスも出るので、年収にすると380万円ほど。しかし、この手取りは実家暮らしだから成り立つ。いつかは親を看取る日が来るので、ずっと実家暮らしというわけにはいかない。

「今まで、ひとり暮らしについて考えたこともありませんでした。私、苦労をしたくないんです。高校も苦労したくなかったからエスカレーターを選んで大学に行ったし、今の仕事も転勤やノルマはありません。でも、一般職で入っても試験を受ければ総合職に異動できる措置があるので、それも一応頭の片隅にはありました」

お互いタイミングが合い、紹介された人と結婚

入社して半年ほど経った頃、会社の同僚の紹介で出会ったのが今の夫だ。彼は、親が経営している不動産関係の会社の手伝いをしている、次期社長。今まで交際経験は高校の頃に付き合った彼氏1人だけ。ほとんど恋愛経験がなかったエリカさんだが、彼とは出会ったその日のうちに付き合うことになり、2年半同棲。27歳の誕生日に籍を入れた。

「『この人、会社員じゃないし何をしている人なんだろう?』という怪しさは感じましたが、このままだとまともな男性と結婚できないという焦りがあって付き合ったのだと思います。それまではビジュアル系バンドの追っかけをしていたことからもわかるよう、中性的な雰囲気の人が好きだったので、自分の好みに蓋をしたかったのかも。そして、気づいたら結婚していたので、旦那のことは好きです。旦那も、当時彼女と別れたばかりでお互いタイミングが合ったのではないかなと。

旦那からは『お前は天才的な鈍感だな』と言われます。もしかしたら職場で嫌味とか言われているのかもしれないけど、それに気づかない。気づかないから『コイツに嫌がらせしてもムダだ』と思われて何もされないのかも。すごく良いことだと思います」

同棲時代から家賃は夫が負担、エリカさんは食費や光熱費分として毎月7万円を夫に渡していて、それは今も変わらない。お金は夫が管理しているので、家にどのくらいお金があるかはわからない。結婚を機に夫が1LDKの家を購入した。

そして昨年出産し、3人だと狭く感じ始めたため、また新たに少し広い家を購入。2度目の購入ではエリカさんも130万円ほどお金を出し、夫がローンを組んだ。ちなみに、それまで住んでいた家は現在貸している。

子どもが生まれてしばらくした頃、体の不調が原因でうつ病を患っていたエリカさんの母親が自死した。昼過ぎ、家に母親がいないことに気づいた父親が警察に連絡。しかし、エリカさんとエリカさんの兄が母親の訃報を聞いたのはその日の夜だったため、「なぜもっと早く連絡してくれなかったのか。早かったら別の道があったかもしれない」と、父を1度だけ責めた。

でも、怒ったところでどうにもならないので、それきりだ。母親は彼女が幼い頃からメンタルの調子が悪い日があり、「今反抗してしまうとお母さんがダメになってしまう」という思いからか、反抗期がなかった。生前の母親の希望で、半分は海に散骨し、半分は墓に入れた。

決められたことを決められた通りにやりたい

「旦那は時間の融通が利く仕事なので育児を手伝ってくれるし、つわりがひどいときや出産直後は宅配弁当を取ってくれて、『家事をしろ』と言われたことはありません。そしてつい最近、子どもを保育園に預けて育休から時短勤務で仕事に復帰しました。今後、子どもにもっとお金がかかるようになるし、旦那は『もうひとり子どもが欲しい』と言っています。

でも、私はフルタイムに戻したくないです。フルタイムに戻すと残業が発生しちゃうし……。私は決められたことを決められた通りにやりたいんです」

エリカさんは家庭のお金についてこう語る。

「私は今の生活に満足しています。わが家の貯金は旦那が管理しているのでいくらあるのか知らないし、そもそも興味もありません。でも、私個人のへそくりは少しだけあります。家を買ったときに使ったので、減ってしまい今は150万円くらいですが。もし、仮に離婚することになったときに持っていける金額はこれだけです。たったこれだけでは、家を出ていってもどうにもならないですよね」

淡々と語るエリカさん。それが彼女の生きやすい方法であるとも捉えられた。
https://goo.gl/UXgdUX

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ     40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ   ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2