ちょろまかす
ちょろまかす・・・インパクトのある言葉ですね。
別れた元妻が生活保護を受給していました。
これだけなら何も問題がないのですが、
元夫は、元妻に一人娘の養育費を払っていたんですね。
彼女には毎月、手取りで33万円が入るのですが、
車に乗ってパチンコ通い。元気そうだけど働くことはしません。
役所に養育費を申告していないので保護費の不正受給となるのですが、
元夫の選択は不正の通報、それとも・・・


0円で空き家をもらって東京脱出! [ つるけんたろう ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「あなたの元妻が生活保護を受給しており、あなたにはその妻との間にできた一人娘の扶養義務があります。どれだけ援助ができるか、所得を証明できるものを提出してください」

トラコミュ     辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

市役所の生活福祉課から送られてきた一通の手紙。それが山本祥平さん(36歳、仮名)が私のところに相談に来たきっかけでした。



彼は2年前に、妊娠中の妻が子どもの親権を持つという形で離婚しています。離婚してからは、娘の養育費として毎月10万円を欠かさず振り込んでいました。

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ   ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

どうやら生活福祉課は生活保護を頼る元妻が本当に困窮しているのか、あるいは祥平さんからの養育費があるなら生活保護の受給は不要なのではないかを明らかにしたく冒頭の手紙を送ったようです。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名。年齢は現在)>
今回の相談者:山本祥平(36)→ 会社員(年収600万円)
元妻:愛里(34)→ 無職、生活保護を受給中
長女:桜子(2)→ ふたりの間にできた娘。親権は妻にある

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

年収600万円の祥平さんにとって毎月10万円もの負担は軽くありません。家庭裁判所が公表している算定表に彼の年収を当てはめた場合、養育費の相場は月6万円程度。なぜ彼は相場よりも高い金額を支払うことになったのか。まずは、その経緯から明らかにしていきます。

相場よりも高い「養育費」を支払うことになった理由

「帰りが遅くなれば、“こんな時間まで何やってるの?”と。逆に帰りが早いと“何で早く帰ってくるの”となじられる日々が続きました……。完全に支離滅裂なのですが、僕が少しでも言い返そうものなら彼女は何時間にもわたって説教してくるのです」

結婚してからわかったことですが、祥平さんの元妻はかなり感情の起伏が激しい女性でした。結婚生活の終盤では、彼に何も非がないにもかかわらず、元妻から「アホ! ボケ! あんたなんて最低だわ!」などと暴言をぶつけられる始末です。

そんな彼女が家を飛び出して実家に戻ったのは妊娠6カ月目のこと。祥平さんも最初は「一時的にホルモンバランスが崩れ、精神的に不安定になるのはいつものこと。慣れ親しんだ実家で両親と一緒に過ごせば、元に戻るだろう」と高をくくっていました。しかし、その後、元妻から電話は着信拒否、メールは受信拒否、LINEはブロックされ、ついには実家を訪ねても義父に「これ以上、付きまとうと警察を呼ぶぞ!」と一喝されてしまい、祥平さんは途方に暮れました。

「妊婦を相手に離婚調停を起こすのは気が引けたのですが……」と当時の心境を語る祥平さん。それからまもなくして元妻との離婚調停に踏み込みますが、残念ながら祥平さんの思いどおりにはいきませんでした。

本来であれば離婚後は、娘さんの養育費だけを払えば十分です。ですが、元妻は「産後に体調が回復するまでは働けない」という理由で、養育費を上乗せしてほしいと頼み込んできました。当時はまだ情や申し訳なさが残っていたのかもしれません。祥平さんは10万円の養育費を元妻に毎月支払うことを許してしまいました。

無職の元妻のほうが稼いでいる状況が続いた

冒頭の話に戻ります。市役所から祥平さんに送られた手紙の内容は、「元妻が今後も生活保護を継続できるか否か」を明らかにするためのものでした。

離婚したとはいえ、相手は元妻。さらにこの世でたった一人のわが娘と一緒に暮らしています。どうすればいいのか判断に迷う彼に、「元妻が市役所から生活保護をいくらもらっているのかを尋ねてみてはどうでしょうか。市役所に回答するのは、その後でもいいのでは」とまずはアドバイスしました。

祥平さんが勇気を振り絞って市役所に問い合わせると、元妻の昨年度の所得がゼロだということ。毎月19万円の生活保護費だけでなく、毎月4万円近くの児童扶養手当(母子家庭の手当)を受給している事実が明らかになりました。

元妻が受け取っている手当などは毎月23万円。祥平さんが送る養育費と合わせると毎月33万円です。さらに元妻は書類上の所得が低いため、健康保険や年金の保険料、医療費もすべて免除。所得税も住民税もかかりません。元夫から送金される養育費も原則として非課税なので、33万円はすべて手元に残るおカネです。

一方で年収600万円の祥平さんはどうでしょうか? 無収入の元妻と違い、社会保険料や税金を納めており、医療費は3割の自己負担が生じます。祥平さんの手取り額は毎月36万円。毎月10万円を元妻へ送金しているので自由になるおカネは26万円です。まじめに働いている元夫よりも、いっさい働かない元妻のほうが裕福な状態が2年間、続いていたわけです。

「元妻の言いなりになって、2年間も高い養育費を払ってきたのがばかばかしく思えてきました!」

さすがの祥平さんも、この状況には納得がいきませんでした。ですが、すべての連絡方法を遮断されているため元妻へ連絡しようがありません。そんな矢先、祥平さんのLINEの「知り合いかも?」の欄に元妻とおぼしきアイコンが表示されました。幼子のほおにキスをする姿。「もしかして本人ではないか?」と勘付いた祥平さんは試しに元妻と思しきアイコンに友達申請をすると、なぜかそれが承認されました。どうやら相手は元妻の愛里さんだったようです。

「市役所の人から聞いたけれど、毎月19万円も生活保護をもらっているらしいじゃないか? それから4万円の手当も」

祥平さんはLINEにメッセージを送りました。そして、「養育費の相場は月6万円。4万円は生活保護はない前提で上乗せした金額なのだから、今後支払う養育費は毎月6万円にしてほしい」と提案しました。ですが、元妻からは以下のようなメッセージが返ってきました。

「あんたに私の気持ちがわかるの!? 毎日、肩身の狭い思いをしているわ。妊娠した後もつわりがひどくて仕事にも行けないし、車もないし、私は子どもと2人でみじめな生活を送っているのよ!」

元妻は泣き落としの策に出ました。ですが、彼女の反論は明らかなうそ。なぜなら元妻が車を乗り回す姿や、パチンコ店に駐車された彼女の車を祥平さんは離婚後に何度も目撃していたからです。

養育費の減額と不正受給の告発、どちらを選んだか?

厚生労働省は生活保護受給者の自動車利用について、以下のような方針を示しています。

“生活保護受給者の勤務先までの通勤や保育所等への送迎は原則、公共交通機関を使うこととし、自動車の所有は自動車以外に移動手段が存在しない場合に限る“

元妻が住む市営住宅と彼女の実家までは目と鼻の先。どうやら実家にある父親名義の車を使って、パチンコに行っていたようです。祥平さんがそれを問い詰めると、彼女の態度はさらに強くなりました。

「もし(生活保護を受給している事実を)知らなかったら、来月も10万円を振り込むつもりだったんでしょ? だったら関係ないじゃん。生活保護をもらっていても養育費は全額もらう権利があるわ!」

そう彼女は抗弁しますが、毎月23万円もの手当などをもらっているのであれば、祥平さんが毎月10万円という相場以上の養育費を支払う正当性がないのは明らかでしょう。

祥平さんは、生活福祉課に元妻の不正受給の疑いを告げ口することも考えました。しかし、一人娘を人質に取られている状況で金銭的に追い詰めるのは後ろめたくもありました。

そこで、私は「選択肢は養育費を減らすか、生活保護の不正を告発するかの2択です。彼女の増長を止められるのは山本(祥平)さんだけですよ」と言いました。すると、彼は「養育費を減らしましょう」と即答しました。

その後、彼は元妻に「来月から養育費を減らしていいのなら、今回の件は誰にも何も言わない」とメッセージを送りました。元妻も「それは絶対にダメ!!」と最初は否定しましたが、最終的には養育費の4万円の減額を受け入れました。

今回は依頼主である祥平さんの望む結果に落ち着きました。ですが、妻は今後も働かずして30万円近くのおカネを手に入れ続けます。そんな彼女がはたして、まともに社会復帰できるのか。また、一人娘をちゃんと幸せに育ててくれるか。その2点だけが心残りです。
https://goo.gl/yK59Pv

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ     40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ   ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2