タカり家族
年金受給をアテにしてタカる家族・・・
噂には聞いていましたが、なかなかの曲者ぞろい。
ちょっと極端な3例ですが、
ここまでくると、かなりのホラーですね。
背筋が寒くなりました。家族がクズすぎます。
よくよく聞くと、こんなのが多いんですよね。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

【症例1】「年金タカり家族」のリアル

87歳の男性Aさんは、脳梗塞の後遺症で要介護3の車いす生活を送る。奥さんに先立たれ、療養型病院に長期入院していたが、ある日、持病の心臓病を悪化させて救急病院に転院した。

トラコミュ     辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

救急車に同乗した50代の息子Bに、担当の医師が「このまま亡くなる可能性が高い」と説明したところ「オヤジを殺したらオマエもぶっ殺す!」と大騒ぎした。



Aは元公務員管理職で年金収入が月約30万円あった。高額療養費制度を活用すると病院への支払いは医療費とオムツ代などの合計で月約7万~8万円。Aさんの銀行口座を管理する無職のBは、この差額で暮らしているようだ。

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ   ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

転院先で一命はとりとめたものの、口から食事することができなくなったA。「可能な限りの延命」を希望するBの指示で胃瘻(胃に栄養剤を注入する穴)されることになった。A本人が無意識に夜中に点滴を抜こうとするので両手はミトンに袋詰めされ固定された。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

その後も、心臓カテーテルやら人工呼吸器やら人工透析やら、病院の懸命な処置(3カ月で数千万円の医療費)により命を守ったが、要介護度は「5」に悪化し、寝たきりとなって別の施設へ転院していった。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

全身の関節は拘縮で完全に固まって、言葉によるコミュニケーションも不可能。食事も排泄も介護ヘルパー頼み……という状態のまま。「寝たきりの大黒柱」として今もなおBを養い続けている。

■生活保護の90歳老母を娘が夏と冬に「入院させる理由」

【症例2】生活保護受給者のパチンコ代よりヤバいもの

ならば、「年金額が低ければタカられない?」といえば、そういうわけでもない。生活保護というセーフティーネットは、資産のない、「年金なし老人」や「低年金老人」への生活保護費の支給を認めている(『万引き家族』でも、祖母が世帯分離して生活保護制度を活用すれば、万引きをしなくても暮らせたはず)。

生活保護制度には、最低限の生活費や住居費を補助する「生活扶助」や「住居扶助」などの他に、医療の現物給付を行う「医療扶助」がある。すなわち、医療費がタダになるのである。

90歳の女性C子さんは一人暮らしをしていた。「熱中症で倒れた」という娘Dからの要請で昨年8月2日に救急車が急行。いったん入院することになった。だが、ひと通り検査をしたものの、「特に異常なし」。脱水症状も改善したので病院側は退院勧告したが、Dは拒否した。

その後も「ふらつく(と母が言う)ので原因をしらべろ!」「ムリに退院させて何かあったら責任とってくれるのか!」と主張してさらなる処置や高額医薬品を病院に要求し続けた。

結局、居座りは約1カ月。8月31日に退院した。なぜ、このタイミングで退院したのか。理由がある。入院が長引いて月をまたぐと、生活保護のうち住居扶助がカットされるのを勘案したのだ。Cに振り込まれる生活保護費は約15万円、その通帳は近居のDが管理しており、光熱費(主に冷暖房費)のかさむ夏冬は何がしかの病気を主張してCを入院させることで食費・光熱費を浮かせて節約したのである。Cにかかる数百万円の医療費は公費から支出されており、Dの懐は全く痛まない。

生活保護費の不正支給といえば、「働かずにパチンコ通い」といった行動が問題視されている。しかし、医療扶助のほうがケタ違いに高額であり、明らかに国の社会保障費を圧迫している。特に医療関係者であれば、そう思うはずだ。貧困問題や生活保護のことに関して「金より命!」「弱者切り捨てを許すな!」と主張する知識人や政治家は多い。その主張は間違ってはないが、「裏面」を何も知らぬままキレイ事を言ってはならないはずだ。

【症例3】80代介護事故、賠償金4000万円の衝撃

老人介護施設に入所していた84歳の女性E子さんは、食事に提供されたバナナをのどに詰まらせて倒れ、救急病院に搬送された。一命はとりとめたものの意識不明となり、1カ月後に死亡した。

地元に住む長男夫婦からのクレームはなかったが、ほとんど面会に来なかった東京在住の50代の娘F夫婦が頻繁に来所するようになった。そしてこう言って、施設を責め続けた。

「バナナを刻まなかったのは施設の過失!」
「苦しみながら死んだ母に詫びろ!土下座しろ!」
「説明義務を果たせ!」
「報告が遅い!」
「こんな紙切れ一枚の報告書で済むと思うな!」

最終的には「業務上過失致死傷で刑事告訴する」と息巻いたという。責められた担当の介護職員たちは次々に離職し、施設側は騒ぎを収束させるために高額の和解金を支払うしかなかった。
https://goo.gl/Er4qqE

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ     40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ   ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2