社長夫人
社長の隣で常にイバり散らしていた社長夫人。
セレブ生活を満喫していましたが、夫の事業が傾き借金生活へ。
かつての社長夫人は、夫のために風俗勤めをしていたようです。
ここまで尽くしてくれたら・・・夫としては幸せでしょうね。
事業が立ち直っていることを、祈ります。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

かつてはリッチな生活をしていた人も、経済状況の悪化で、見る影もなくなってしまうことってありますよね。

 そんな、はかない世の常を目撃したという人の話を聞いてみました。

トラコミュ     辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

◆小さな映像制作会社で社長がワンマン

 現在は、とある広告代理店でコンテンツ企画をしているY美さん(32)。10年前は小さな映像制作会社でADとして働いていました。



 ADと聞くと馬車馬のように働くハードな仕事のように思われがちですが、その会社は一般企業のPR映像を主体に請け負っていたせいか、そこまで体力的にもスケジュール的にも厳しくなかったとY美さん。

仕事休んでうつ地獄に行ってきた [ 丸岡いずみ ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ   ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

「有給も普通に使わせてもらえたし給料も悪くありませんでした。そういう意味ではすごくホワイトな会社だったと思います。ただ、唯一の不満点があるとすれば社長がものすごくワンマンな人だったということです」

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

◆社長の隣で常にイバり散らしているのは専務=社長夫人

 その会社は、中小企業ではよくある社長のトップダウンですべてが動いていました。社長が黒といえば白いものも黒くなる。さらに社長の隣で常にイバり散らしている女性がいたそうです。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

「肩書きとしては専務なんですけど、実はその女性は社長の奥様。映像の仕事をしているわけでもなく、経理もチェックはするけど業務自体は別の人がやっていて、何のために会社にいるのかいまいちわからない存在でした。でも、とにかく社員の一挙一動に気を配っていて、会社に対するアンチな言葉がほんのちょっと出ただけで会議室に呼び出されて説教してくるんですよ」

 その専務こと社長夫人は社内の不穏分子を着実に潰(つぶ)すためのお目付け役といったところだったのでしょう。待遇に文句はないものの、息苦しさを感じる日々にY美さんが少し疲れ始めた頃、その会社は大きな節目を迎えることになりました。

◆急に新事業立ち上げ。反対した社員は退職をすすめられた

「これも“ワンマン社長あるある”かもしれませんが、急に『新しい味のスナック菓子を開発する!』という謎の新事業を立ち上げ始めたんです。なんでも、専務と旅行に行った時にすごく美味しい果物を栽培している老夫婦と知り合ったそうで。それをネット販売して儲けようというザックリした算段でした」

 突然そんなことを言われても、映像の仕事しかしてこなかった社員たちにとってはまったく畑違いの世界。けれども、不安がる社員たちを後目に社長は多大な資金をその老夫婦の果樹園につぎ込んでいきました。

「私は言われるがままにリサーチをしたり販売用のサイトの立ち上げに関わったりしていたのですが、異論を唱える社員もたくさんいました。そういう人たちは専務に呼び出され『そんな声を社長に聞かせたら覇気が下がるから』と自主退職を促されました。結果、一部の幹部を除いてほぼ全員が退職。私も流れに乗って会社を辞めました」

 そして、それから2年後のこと…。

◆2年後、風俗嬢のグラビア撮影で出会ったのはかつての社長夫人

 広告代理店に転職したY美さんですが、この会社がメインで運営していたのが風俗のポータルサイト。Y美さんはコンテンツスタッフとして、とあるデリヘル店の“嬢”のグラビア撮影をすることになりました。

「その嬢が来てみてビックリ! なんと、それが前の会社の専務だったんです。正直、手足が震えるほど驚きました。向こうも私がわかったようですが、他人のふりをしたまま淡々と撮影を続行しました」

 撮影中にグラビア掲載用のインタビューをしていたところ、彼女は「夫の経営していた会社が傾き、デリヘルで借金返済用のお金を稼いでいる」と語ったとか。かろうじて会社は生き残っているようでしたが、まさか専務が風俗をしながら支えているとは……。Y美さんは思わずその場を逃げ出したくなったそうです。

「社長のワンマンに殉(じゅん)じるために、そこまでするなんて……愛の深さにビックリですよ。でもそれからしばらくして、彼女の写真はお店から消えていたので、きっと辞めてしまったのだと思います。今、いったいどうしているのか……。10年以上経った今も忘れられないエピソードです」
https://goo.gl/vRsQbv

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ     40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ   ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2