エリート借金
年収1000万円以上を稼いでいた、エリート証券マン。
ふとしたことがキッカケで、カードローンを利用するようになりました。
借りるけども返さずに10数年も経過すれば、雪ダルマ式に増えていきます。
ほんの誤解?から、証券会社も退職してしまいますが、
まずは自己破産することが最優先だったかもしれません。
順序が逆になると、取り返しがつかないことがあります。


年金をがっぽりもらう裏マニュアル [ 水品山也 ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

給料は上がらない。それでも物価は上がっていく。ギリギリの生活を送りながら、家計の破産も「明日は我が身」と感じる人も少なくないはず。「自己破産件数」は13年連続で減少してきたが、ここにきて微増しているという。

トラコミュ     辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

 借金に手を染めるきっかけは、生活苦、給料の減少、教育資金、奨学金の返済、浪費・遊興費、投資の失敗など多様。その先には、自己破産、もしくは破産したくてもできず真綿で首を絞められるようなジワクジワと続く生き地獄、逆に自己破産ですべてを失ったがリセットして新しい人生を歩みだす人……さまざまな人間模様がある。



 真壁勉さん(仮名・48歳)は、大手証券会社に勤務し、年収1000万円以上を稼ぎ、誰もが羨む人生を歩んでいた。そんな彼は5年前に7000万円以上の借金で自己破産をした。エリート証券マンが破産に陥った理由は何だったのか。

仕事休んでうつ地獄に行ってきた [ 丸岡いずみ ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ   ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

「発端は交際費でした。金融業界では接待は禁止されていましたが、それでは仕事は取れないので、クライアントを自腹接待してました。でも給料だけでは足りない。そこで、カードローンで月に数万円ずつ借金するようになったんです」

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

 自腹接待が功を奏して、営業成績は上昇。その状況が真壁さんの借金に拍車をかけていくことに。

「今頑張れば出世できると調子に乗り、後輩や同期にも見栄を張って飲み代をおごるようになりました。服もブランド品で統一。結婚を機に自宅を購入し、海外旅行やゴルフにも頻繁に出かけ、散財生活を繰り返すようになりました」

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

 借金を始めて、気づけば十数年。月に20万~30万円借金をするのが習慣になっていた。

「このころになると、借金の総額は自分でも把握していませんでした。毎月十数万円の利子を返済するために、新しいローンを契約する。その悪循環に陥ってました」

 契約していた銀行カードローン会社は全7社。4枚あるクレジットカードのキャッシング枠も上限ギリギリになったころ、真壁さんは自己破産を決意。

「カードローンもキャッシングもこれ以上利用できず、もう利子が払えない状況に陥ってしまって。利子が滞れば信用履歴に瑕がついてどこもお金は貸してくれないので、『あぁ、これで終わったな』と」

◆自己破産で一変した人生にストレスを感じて韓国へ

 破産を決意した直後、なぜか彼は突然、証券会社を退職。

「バカな話ですが、自己破産したらクビになると思い込んでいて。年収が高い会社だったので惜しいことをしました」

 退職金に、自宅や株などを売却したお金を返済に充て、7000万円以上あった借金を3700万円にまで減らした後、自己破産へ。だが、問題はここからだ。

「営業成績もよかったし再就職を甘く考えていたのですが、年齢がネックで受からない。最終的には小さな会社に再就職し、年収は半分以下に減りました」

 お金がないことで、趣味のゴルフや海外旅行には行けず、生活はガラリと一変。だが、何よりつらかったのが、「自己破産した自分」に向ける周囲の目だったという。

「数人の知人に自己破産したことを伝えたら大勢に知られて。『大変だったんだな』などと声をかけられるたびに、『だらしない自分が責められているんじゃないか』と感じて辛かったですね」

 心理的なストレスや給与面の不満、さらに新しい職場での人間関係の軋轢が重なった。地獄の責め苦を味わい、耐えられず3年前に真壁さんは退職。そんななか、唯一の救いは妻だったという。

「夫婦の財布は僕に一任されていて、妻はあまりわかっていなかった。しかし借金総額、自宅の売却、自己破産をしてリセットすること、すべてを正直に話したところ、僕についてきてくれました。今は妻とともに韓国に移住し、トレーダーとして自宅で投資をしています。もっと早い段階で返済を考えていれば自己破産せず、任意整理でも返済できた。借金総額から目を逸らし『何とかなるだろう』と借金を重ねたことが最大の敗因です」
https://goo.gl/ajPK4R

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ     40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ   ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2