妻に不倫
不倫と言えば男性の専売特許だと思われていましたが、
なかなかどうして・・・最近は女性の方が目立つ気がします。
妻の不倫を知った夫、その心中を知ることは出来ませんが、
離婚原因が「妻の不倫」では、世間体は悪いですね。
それでも、二人から慰謝料を取って離婚する手もあったと思います。
不倫は癖のものですから、この奥さんはまた・・・なんてことが。


私が失敗した理由は [ 真梨幸子 ]  貧乏は必ず治る。 [ 桜川真一 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

かつては既婚男性&独身女性のイメージが強かった不倫も、妻側がやらかすことが珍しくなくなっています。芸能界を見ても、世間の風当たりは「既婚女性の不倫」のほうが男性より強い様子。では、「不倫された側」である夫はどう感じているのでしょうか?

トラコミュ     辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)
お互い40代婚 [ たかぎ なおこ ]   40代バツ2独りぼっち暮らし [ 鈴木美佐 ]

 謝罪会見などでも一切明かされることのない「妻に不倫された夫の本当の気持ち」を、経験者である野澤亮二さん(仮名/43歳)に語ってもらいました。



◆夜中に妻が誰かと電話で「会いたいね」と…

――奥様との関係を教えてください。

「妻とは友人を介して知り合いました。いわゆるできちゃった婚で、13歳と10歳になる子どもがいます。実は、2度目の妊娠中に私が浮気をしまして……。離婚の文字もチラつきましたが、友人の助けもあって妻の許しを得られました。深く反省し、それからは妻一筋です」

仕事休んでうつ地獄に行ってきた [ 丸岡いずみ ]

トラコミュ   ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

――奥様の不倫に気づいたときの状況を教えてください。

「2年ほど前、珍しく夜中に目覚め、お茶を飲もうとキッチンに向かったら、リビングのドア越しに妻の話声が聞こえたんです。相手のことを名前で呼んで、『早く会いたいね』『明後日が待ち遠しい』と言っていました。自分の耳を疑い、心臓はバクバクして、そのまま寝室に戻ったものの朝まで一睡もできませんでした。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

 ただ、不倫の確証はなく、どうすることもできないまま、妻の言う“明後日”を迎えました。妻は『女子会』と言って出ていきました」

――その日、野澤さんはどうされたのですか?

「家で妻の帰りを待ちました。時間ばかり気になって、時計を見ると5分も進んでいなかったり(笑)。1分が長く感じましたね。一度、『遅くなるなら駅まで迎えに行くよ』と連絡したのですが、既読がついたのは帰宅の10分ほど前。恐らく、駅から家に向かう途中でしょう。

 帰宅した妻は、起きて待っていた私に驚いたようでしたが、すぐに『遅くなってごめんね。今日○○ちゃんがね……』って、女子会の話をはじめたんです。すごく具体的だったし、妻の様子も普段通りで、『私の勘違いか?』と、頭の中は大混乱でした」

◆だまされ続けて1年半。妻は「本気」だと言った

――そんな状況から、不倫が確信に変わったきっかけは?

「その後も確信につながる言動や証拠はなく、1か月くらいモヤモヤしていました。それで、怪しいと感じた日に駅で待つことにしたんです。するとふたりが降車客の最後に出てきて、そっと手を触れ合わせたまま、しばらく別れを惜しんでいました。

 ようやく妻が一人になったところで声をかけ、事実確認をしました。既に1年半ほど続いていて、相手は仕事の関連会社の人。ダブル不倫だけれど、互いに本気だと言われました。妻は『見られたら言い訳のしようがないよね』って、淡々と説明していましたよ」

――そのときのお気持ちは?

「信じられなかったです。不倫を疑いはじめてからも、心のどこかで『妻がするはずない』って思っていましたから。

 でも、同時に許せないと思いました。自分の過去を棚に上げるわけではないですが、『本気』と言われ、夫と妻では不倫の重みが違うと感じてしまったんです。ただ、1年半ものあいだ隠し通されていたことのショックが一番大きかったですね。妻の何を信じたらいいのか、わからなくなりました」

◆離婚を思い止まらせた“ダメ夫”の烙印

――その後の夫婦関係は?

「妻には『アナタの好きにしていい』と言われました。1年半もだましていたのだから、どんな結果も受け入れると。でも私は、もし別れたら子どもたちはどうなる、親や職場にはなんて説明する? ってさまざまな考えが浮かんで、結論が出ませんでした。

 なんだか、“ダメ夫”の烙印(らくいん)を押されたような心境で。離婚原因が妻の不倫だなんて、自分の甲斐性ナシを晒(さら)すようで誰にも言えないと思ったんです。実際、友人にすら相談しませんでしたから」

――夫婦の関係性より、世間体が気になったということですか?

「気にするというより、『世間からもダメ夫とみられるダメージに耐えられない』という感じです。この8年は妻と家族に尽くして真面目にやってきたのに……って」

――結論はいつごろどのように出されたんですか?

「3ヶ月くらいひとりで悩み続けたのですが、子どもの手前、表向きは変わらず夫婦を装っていたこともあり、思考がマヒしてきたんですよ。それで、妻と話し合うことにしました。妻の中では妊娠中の私の裏切りがずっと燻(くすぶ)っていたそうです。だから『アナタに心から向き合えなかった』と。

 でも、不倫をしたことで、家族の大切さや、恋愛とは違う家族の愛を再認識したとのことでした。『バカなことをした。もし許されるのならやり直したい』。そう言いながら頬を伝う涙を見たとき、すべて受け入れてやり直す覚悟を決めました」

――今の気持ちを聞かせてください。

「2年が経ち、最近ようやく日常が戻ったと感じます。決心したものの、私の中で完全に消化するには時間がかかりました。妻の言動に敏感になったり、『それは本心なのか?』『まだ続いているのでは?』と不安になったり。

 今も完全には吹っ切れていないですが、家族の笑顔を見るたびに、『これでよかったんだ』と思うようになれました。夫婦の問題は、時間が薬なこともあるのかもしれません」

=====================

 今でも不倫の話はタブーな雰囲気だそうで、「テレビでその話題が出るたび気まずい」と苦笑いを浮かべる野澤さん。「女性はみんな“女優”ですよ。スクープされない一般人じゃ、男は気づけません(笑)」と、世の男性にやんわり警鐘を鳴らすのでした。
https://goo.gl/kHXpH6

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ     40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ   ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2