手取り15万
手取り15万円で母親を養う30歳の女性。
生活は、かなり困窮していますね。
この生活を早く抜け出すには、生活保護しか道はなさそうです。
母親だけ受給してもらい、余裕が出たら再び一緒に暮らす・・・
これで、今の劣悪な貧困からは抜け出せます。


おひとりさまの老後 [ 上野千鶴子(社会学) ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

■騒音と振動を浴びる生活

 「振動がすごい。本当に、すごいんです。テレビの音も聞こえないし」

 埼玉県の住宅街。宇野真知子さん(仮名、30歳)が母親と2人で住むアパートの前に立つ。メガネにポッチャリ体型の見るからに地味な女性で、2時間近い通勤時間をかけて埼玉県郡部の零細企業に勤めている。

トラコミュ     辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)
お互い40代婚 [ たかぎ なおこ ]   40代バツ2独りぼっち暮らし [ 鈴木美佐 ]

 自宅は築42年、家賃4万6000円。老朽する建物は、なんと線路沿いに建つ。ボロボロの木造の防護壁を隔て、ギリギリ洗濯物が干せる程度のスペースを空けて建物があった。ライナー、快速急行、快速、急行、準急、各停の鉄の塊がひっきりなしに自宅の真横を、猛スピードで走り抜けていく。なんの防音も防振もない。直撃する。



 「下が地べたで物干しみたいな枠があるので、そこに布団と洗濯物は干すことはできる。けど、電車が通ると砕石が飛んできます。砂利みたいな。だから洋服も布団もザラザラする。朝から晩まで音がすごいし、テレビの音が聞こえないし、それだけでも頭がおかしくなりそうです。無職の母親は、1日中家にいるので健康状態は悪化の一途です」

仕事休んでうつ地獄に行ってきた [ 丸岡いずみ ]

トラコミュ   ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

 玄関前までお邪魔したが、いちいち不快な騒音と建物全体が揺れる。病弱な母親は、奥の部屋で音が聞こえないよう布団をかぶって眠っているようで、とても長居できるような場所ではなかった。徒歩20分以上かかる駅前まで戻ることにした。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

 解体工事を請け負う零細企業の事務をする。職業訓練校を卒業して新卒で入社した。給与は安い。基本給13万5000円、職務手当4万7000円、時間外手当と現場手当が1万3000円、総支給額は19万5000円で、手取りは15万円程度だ。入社以来、昇給はほとんどない。さらに賞与はまちまちで、よくて年間10万円程度、まったくもらえない年もある。

 毎月、家賃を除くと月10万円程度が残る。自分の携帯代や昼の食費を含めたお小遣いとして3万円をもらい、残り7万円を母親に渡す。光熱費と食費だけで、ほぼなくなる。母親は騒音で音声がなかなか聞こえないながら、テレビしか娯楽がない。大河ドラマやサスペンス、月9ドラマを観賞して、あとは布団をかぶって横になって過ごしている。

 「この半年間、もう首を絞められるような苦痛です」

 カラオケボックスに入るなり、彼女は泣きだしてしまった。


■介護の仕事はひどい世界

 「なにもかもがおかしくなったのは、去年8月から。父親に我慢に我慢を重ねていた母親が離婚を決断して、父親が出ていった。父親は自己破産しているので慰謝料なんてありません。少しでも家賃を安くするために今の家に引っ越しました。不動産屋さんに4万円台は、ここだけと言われた。それから1日中、振動と騒音を浴びる生活です」

 父親は現在66歳、母親は64歳。母親は腰や膝、関節が悪く、この数年病院通いをする。16年前に埼玉に引っ越してから不健康な体に鞭を打ちながら、週3日か4日、最低賃金に近い時給で飲食店やスーパーでアルバイトしていた。大黒柱の父親がいなくなった離婚後、少しでも収入を上げるためと、週4日勤務の介護施設での清掃の仕事に就いた。

 「認知症専門の施設で、掃除に強い薬品をたくさん使うらしくて、たった2カ月くらいで生活ができないくらい手が荒れました。手が溶けているみたいな感じ。あまりにひどかった」

 母親の手は皮膚が剥がれるような状態だった。仕事だけではなく、家事もいっさいできない。母親がやっていた家事を全部背負うことになり、手荒れのひどい一時期は満足に手を使って食べることもできなかった。介護するような状態になった。

 「道具なんて持てないから、もう仕事はできません。施設からはなんの保証もないまま、自己都合で辞めさせられた。母親は元々父親からのモラハラというか、ストレスが原因で健康状態は悪かった。手荒れから本格的に免疫力が落ちて、元々悪かった腰と膝の骨がさらに悪化しました。寝込むようになって、今も毎日元気がなくなっている状態です」

 離婚前までは、毎月3万円を家に入れていた。低賃金なので父親がいなくなる窮地になっても、7万円を母親に預けるのが精いっぱいだ。母親は宇野さんが稼ぐ月7万円と、父親がいるときに貯めたわずかな貯金で、家族2人の最低限の生活をした。漢方など、保険適用外の医療費がかさんですぐに貯金は尽きた。それから母親は「施設の清掃の仕事に戻る」「清掃だけじゃなくて、夜勤の仕事も見つけてダブルワークする」と口癖のように言うようになった。「そんな仕事はダメ」と、宇野さんとけんかを繰り返している。

 「私、介護の仕事が憎くて、憎くて。心からひどい世界だなと思うし、許せない。母親を殺すわけにはいかないので、ヒステリーみたいな感じで絶対にダメって言っています。私は低賃金で、これからも給料が上がることはない。普通に暮らすためには、最低でもあと5万円、できれば10万円くらい必要。母親もそれはわかっていて月10万円のおカネを得るには、清掃と介護職のダブルワークするしかないって。なにも答えがなくて、もう生きていくのは無理と絶望しているのが今です」

 昨年末、宇野さんは市役所に相談に行っている。窓口にいた役所の人間に生活が苦しい窮状を説明したが、親身には聞いてもらえなかった。「お母さんのために頑張ってください」と励まされ、体よく追い返されている。

 「母親は、どう考えても働ける状態じゃない。毎日弱っていく姿を眺めて、この先ずっと母を抱えなきゃいけないのかって、越えられない現実にぶつかった。どう考えても無理だった。だから、役所に私に依存するのではなく、母は母で生きていける術はないか聞きにいったんです。私の知識不足もあって、あまり会話にならないまま、忙しいって話は終わっちゃいました」

 彼女は生活保護制度を知らなかった。相談したのは市民相談課だったという。
https://goo.gl/dz9dwT

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ     40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ   ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2