ホームレスへ転落
人生の転落なんて、誰にでも起こりうることだと思います。
はじめは些細なことなのですが、小さな綻びでも積み重なると・・・
年収800万円を稼いでいた男性バイヤー、
ドラマか小説のように、人生を転げ落ちています。
病気も患っているので、この先も苦難の連続になりそうですね。


自殺の9割は他殺である [ 上野正彦 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「あの人の名前、なんだっけ?」「昨日の晩ご飯、何を食べたっけ?」「実家の郵便番号っていくつだっけ?」……。30~40代にもなると急激に進む記憶力の低下。「あれ」「それ」といった指示語で会話する頻度が増えるたびに、「もしかしてボケが始まっているかも」と不安になる読者も多いことだろう。近年増加傾向にある若年性痴呆症は、決して他人事ではないのだ。はたして彼らはどのような兆候があり、現在どのような暮らしを送っているのか。現状に迫った。

トラコミュ     辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)
お互い40代婚 [ たかぎ なおこ ]   40代バツ2独りぼっち暮らし [ 鈴木美佐 ]

◆酒と脱法ドラッグにハマって認知症悪化
…加藤 徹さん(仮名・43歳)兆候 20代後半/発症 35歳

 30代前半までは大手アパレル会社のバイヤーとして、年収800万円を稼いでいた加藤さん。しかし、次第に酒に溺れ、絵に描いたように転落していった。



「20代後半から、会議や商談中に突如奇声を発したり、発注ミスを繰り返して会社に損害を与えることがありました。振り返れば、その頃から認知症気味の症状が出ていたと思います。ただ、それが加速したのは、明らかに酒、そして脱法ドラッグにまで手を出した影響が大きかった。ファッション業界って、基本的にオシャレな不良の集まりなんですよ。酒もドラッグも“ファッション”として根づいていて、僕は度を越してハマってしまったことがいけなかった」

仕事休んでうつ地獄に行ってきた [ 丸岡いずみ ]

トラコミュ   ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生
 
 30代前半には問題行動が目に余るようになり、最後は自分から“蒸発”してしまう。

「35歳の頃、歌舞伎町で風俗のキャッチになりました。3年間やって、そこでまた脱法ドラッグにハマってしまい……不規則な生活に酒、ドラッグがたたったのか、脳梗塞になり、その後遺症で脳血管性認知症と診断されたんです」

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

◆敏腕バイヤーからホームレスに転落

 職は失い、退院後はホームレスに転落。公園で寝泊まりしながら、食事はすべて万引。数年間は運よく逮捕されることもなく過ごすことができたが、40代になると物忘れがひどくなり、弁当を一日に何度も万引するようになった。

「万引したこと自体、忘れちゃうんですよ。盗んだ弁当とか酒を草陰に隠すんですが、それ自体忘れてしまう。一日に5回も6回も同じ店で万引を繰り返すもんだから、当然目立つ。頻繁に捕まるようになりましたが、『病気だから』と見逃してくれる店員がいるときを狙って万引をしていた。これではもうまともな生活は無理だなと、自殺も考えました」

 今から1年前、たまたま小学校時代の友人に発見され、公園生活に終止符が打たれる。

「生活保護の受給が決まり、アパートにも入ることができました。でも、酒は相変わらず、ですね」

 まだまだ社会復帰には時間がかかりそうだ。
https://goo.gl/gLVjen

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ     40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ   ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2