引きこもりの末路
「引きこもり」と言う言葉を聞いてから久しいですね。
そんな「引きこもり」の当事者たちも40代50代が増えてきています。
面倒をみてくれた親たちも高齢になりました。
親が亡くなった場合、適切な手続き等が出来ない「引きこもり」・・・
手続きしないと、お金はドンドン目減りしていきます。
さて、どうする?


毒親育ち [ 松本耳子 ]
贅沢貧乏 (講談社文芸文庫) [ 森茉莉 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

親亡き後に真の苦難が……引きこもり当事者の「80-50」問題

 引きこもる子と親の高齢化が進み、親亡き後に残された子が、情報やノウハウのない中で課題を解決できずに生きていけなくなる。親子が80代(70代)と50代(40代)を迎え、万一の事態になって直面する、そんな「80-50(70-40)」問題が最近、注目されるようになった。

 30になる前に会社を辞めたまま仕事に就けず、20年近く引きこもってきた40代後半の男性は、今年に入り、80歳近くになる父親と母親が相次いで病気で急逝。1人暮らしになった男性の元には、父親名義の持ち家とローン、1000万円ほどの貯金が残された。

 しかし、長年社会との関係性を遮断してきた男性には、亡くなった親の介護や病院への支払い、年金や貯金、借金の精算などの対応、土地や建物の名義変更などの手続きができず、孤立を深める中で生活に行き詰まった。

 早くに実家を飛び出し、自立していた兄は、家の支払い手続きや遺産相続などを拒否。残された男性は、親の葬式にも姿を現さず、親戚と言えども、引きこもっている息子のいる自宅には入れなかった。

 唯一の全国引きこもり当事者団体である「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」の元には、こうした「80-50」問題の末路に直面し、残された子がどうすればいいかわからなくなっているという相談が、数多く寄せられるようになった。

 冒頭のケースも、たまたまこれまで親を介護してきたケアマネジャーからの連絡で、KHJ家族会が関わり始めたものだ。

 KHJ家族会の専門スタッフが男性の相談に乗って見立てたところ、もともと生きる意欲を失っていた男性は、持ち家の名義を変えて売却するよう勧めても、別の場所での賃貸生活へと環境が変わることを望まなかった。また、名義変更しなければ、固定資産税や光熱費などを支払わなければならず、1000万円を超える貯金があったことから、生活保護を受けることもできずにいた。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 こうした相談への対応が増えてきていることから、KHJ家族会は関連団体として、新しい社会資源である一般社団法人「OSDよりそいネットワーク」(池田佳世理事長)を10月に立ち上げた。OSDとは、「親(O)が死んだら(S)どうしよう(D)」と思い悩む、ひきこもり家族のリアルな声から生まれたものだ。

「そういう発想のなかった親たちが、子どもを残して亡くなっていく。一方で、最近は自分の老後を心配して、“自立支援”を謳う暴力的手法の団体に飛びつく親も増えています。こうした団体は主に営利が目的で、『お金を残してどうするんですか?』『生きてるうちに何とかしなければ……』などと親の不安を巧みに煽るんです」

 そうKHJ家族会のスタッフは、眉をひそめる。

 冒頭の男性は、家族会のスタッフが諸々の手続きに寄り添い、名義変更した自宅を担保に社会福祉協議会から資金を借りるリバースモーゲージを活用することにした。そして、「いつか働かなければ……との思いはある。いろいろ片付いたら、一緒にハローワークに付いてきてほしい」とスタッフに明かすようになったという。

仕事休んでうつ地獄に行ってきた [ 丸岡いずみ ]
怖い中国食品、不気味なアメリカ食品 (講談社文庫) [ 奥野 修司 ]

トラコミュ     ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫     借金がある主婦の完済計画

お金を残せばいいわけではない寄り添う人こそが必要

「お金の相談をするのではない。大事なのは、家族の目線で子どもとどう生きていくのか、親が元気なうちに、子どもと一緒に考えていくことなのです」(家族会スタッフ)  つまり、親がお金をどんなに運用して残したとしても、子どもに生きる意思や能力がなければ生きていくことができない。あるいは、残された子どもはお金を使い切って、固定資産税などが払えなくなるという悲しい末路に至る事例もある。

 OSDでは、12月2日の午後1時から東京都豊島区生活産業プラザで、「よりそいネットワークでできること」という社会福祉士による基調講演と、臨床心理士、産業カウンセラー、ファイナンシャルプランナー(CFP)、司法書士、不動産鑑定士、一級建築士、税理士、保険CFP、不動産コンサルタント9人によるパネルディスカッションを開催。それぞれの立場から、具体的に直面しているケースごとに、できることを一緒に考える。会費は無料で、定員150人まで。  一方、引きこもる当事者の目線から考えようという「親の老化や死後について情報や感情を共有するひきこもり当事者たちのミーティング」も、11月18日午後2時から、東京都練馬区内で開催される。

 主催するのは、ぼそっと池井多さん(ペンネーム・55歳)。大学卒業後、内定を得ていた大企業の入社式の直前になって身体が動かなくなり、30歳の頃から引きこもってきた。

漠然とした不安を抱えず当事者同士で情報交換を

 会を開くきっかけは、10月に都内で開催された対話の場「第31回ひきこもりフューチャーセッション庵―IORI―」で、女性当事者が自らの体験からテーマオーナーを務めた「親が亡くなった時の手続きどうしたらいい?」に参加したこと。ぼそっとさんの親も80歳代になり、自分の問題として考えさせられた。

「こういう話題は、日常会話の中でなかなか出せない。改めて、こういう機会を設けないと、みんな話ができないのではないか。だから、自分にとって、とてもいいテーブルだったんです」

 テーブルで発言していたのは、ほとんどが当事者。漠然と不安に思っていたものの、誰もが具体的に考えることを避けていた。

「私の印象は、情報の側面と感情の側面があって、実務的な情報面でもニーズがあるし、不安などの感情面での共有も必要だと感じました。『親亡き後、引きこもり続けるには、どう生活していけばいいのか?』という問いもたくさんありました」

 参加者たちからは、スピンオフ座談会を行おうという声も高まったことから、実験的にミーティングを企画したという。会費は無料。安心の場をつくるため、完全申し込み制にして、参加申し込み者に会場名を知らせる。また、あくまで当事者のためのミーティングであることを了承してもらえれば、家族や一般の人が参加しても構わないという。
https://goo.gl/CXbRyy