浪費女子
二次元・三次元を追いかけて、お金を使いまくる浪費女子・・・
年金暮らしの親から借金とかありえませんが、
お金に対する価値は人それぞれです。
まあでも、我が子がこんなんだったら・・・嘆くでしょうね。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

キラキラ女子、婚活女子、干物女子……。世に「女子」を分類する言葉は枚挙にいとまがありません。その中でも、昨今話題となっている「浪費女子」をご存知でしょうか?

 それは、アニメやマンガ、コンサートにミュージカルなど、自分のハマっている「趣味」に全力でお金を使っている女子のこと。「預金残高が0円」「カードが止まったことがある」のも珍しくないという彼女たちの、驚くべき生態とは? 現在発売中のベストセラー『浪費図鑑』(劇団雌猫・著/小学館)に収録のエピソードを紹介していきます。

◆同人誌購入のために親に50万円借金した女性

 今やテレビでも取り上げられるほどメジャーな存在となった「コミックマーケット」。アニメやマンガにハマったオタクは、コミケを始めとした同人誌即売会に参加し、自分の好きなキャラクターの日常やエッチなシーンを描いた二次創作が展開されている同人誌を購入しまくり、萌えを満たします。

 テレビの特集でも「ビッグサイトのATMに並んでコミケの軍資金を引き出すオタク」が話題となったことがありますが、A子さん(27歳)は、年金ぐらしの父親から借金をして、同人誌即売会に参加したことがあるのだとか。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

「実家暮らしなので、いつもは同人誌を買っても、収支がマイナスにならずに暮らせていたんです。でも、会社の異動命令で海外赴任することになって、出国前にいろいろ自分で費用を負担しないといけなくなり、貯金が底をついて……。

 即売会に行くのを諦めようとも思ったのですが、諦めようと考えた瞬間に涙が止まらなくなりました。それで、恥をしのんで、年金暮らしの父親に借金をおねがいしたのです。

 手に入れられた同人誌は、父に借金したかいのある素晴らしいものばかりで、本当に最高でした。父は、海外赴任の準備にお金を使ったと思ってるはずですが(笑)」

 海外赴任を命じられるほどのバリキャリでも、同人誌愛の前には膝を屈してしまうのですね……。

仕事休んでうつ地獄に行ってきた [ 丸岡いずみ ]

トラコミュ   ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   借金がある主婦の完済計画

 このほか、「同人誌100冊をまとめ買い」「自ら同人誌即売会を開催し、赤字100万円」など、同人誌にまつわるエピソードは、枚挙にいとまがありません。

◆推しが出ない公演のためにアメリカ遠征した女性

 浪費女子のなかには「3次元」にお金を注いでいる人たちも多く存在します。たとえば、熱烈なアイドルオタクや舞台オタク。彼女たちにとって、日常茶飯事となるのが「遠征」。

 普通の人にとってコンサートは、地元で開催される際に足を運ぶものですが、一秒でも長く推しているアイドル・俳優の姿を目に焼き付けておきたいオタクは、北海道から沖縄まで、どこへでも「遠征」に向かうのです。

『浪費図鑑』でも、「同じ舞台に繰り返し通って35万円」「ひいきのダンサーの所属バレエ団のシーズン公演全てを見るための8週間の海外滞在費用と観劇費用120万円」、果ては「遠征のために現地拠点を500万円で確保」などの豪快エピソードが公開されました。

 そのなかでも最も切ないのが、K-POPグループ「EXO」のメンバー・カイを追いかけているB子さん(25歳)のエピソード。なんと、はるばるアメリカのダラスまで遠征に行ったのに、カイだけがコンサートに出演しなかったというのです。

「2016年の1年間で、17回のコンサートに参加し、その11回が海外公演でした。ちょうど推している彼が怪我をしていて、そのうち一部しか出演しなかったコンサートが12回ですね。

 でも、一番つらかったのがダラス公演でした。ものすごい長旅で現地についたのに、会場に『KAI will not performance tonight.(カイは今夜出演しません)』と書いてあって……。主催者の不手際で、ビザがとれてなかったんだそうです。

お金よりも何よりも、アメリカでのダンスを待ちこがれていたワクワクした気持ちを返してほしかったですね。それでもファンはやめられないんですが……」

 B子さんが2016年に使った遠征費は130万円。幸いにも2017年に開催されたアメリカ公演にもう一度参加し、アメリカで踊る推しを見ることができたそうですが、壮絶なエピソードです。

◆浪費女子は美容にも散財している

 数々の豪快な散財エピソードを持つ浪費女子たち。彼女たちがお金をかけなければならないのは、同人誌やコンサート、遠征費だけではありません。

 それらの浪費活動に付随してお金がかかるのが、「美容」。アイドルとの接触の機会が増えてきた昨今、「一番かわいい自分」で現場に行くために、何かとお金がかかるのです。声優オタクのC子さん(25歳)もその一人。

「お目当ての声優のバースデーイベントに参加するため、抽選券封入のアルバムを大量に買いました。また、会場がまあまあ高めのホテルだったのと、推しの生誕祭にハンパな格好で行くのは考えられなかったから、服、鞄、靴、アクセサリーまで、全て新品を買ったんです。

 そのほか美容院、ネイルなど人間の女が出来うるあらゆる美容施術をやりました。調子に乗って普段手の届かない値段の化粧品、美容液まで買っちゃって、結果として、1か月分の給料+ボーナスをぶっとばしました。イベント最っっっっっ高に楽しかったです」

 さらにエスカレートして、「推しの好きな顔になってファンサ(ファンサービス)を多くもらいたくて、韓国で整形しました。輪郭手術、脂肪吸引、鼻の整形もやって、200万円使いました」という人までいます。「おしゃれをするのは恋人のため」ではなく「おしゃれをするのは推しのため」なのが、浪費女子なのです。

◆「貯金がゼロ」でも毎日楽しく暮らす浪費女子

『浪費図鑑』には、20代前半から30代前半までの「浪費女子」を中心に、1848人が回答したアンケートも掲載されています。なんと、1848人のうち「貯金10万円以下」「貯金なし」が35.9パーセント。

 しかし約40%の女性が、月5万円以上趣味に出費し、「ぶっちゃけカードが止まったことがある(支払い遅延で)」のが11%。なかなか少なくない数字です。

 それでも「推しに会えればハッピー」なのが浪費女子。実に44%が、「一生このまま愛とお金をそそぎたい」と回答しています。あなたのそばにも生息しているかもしれない浪費女子、ぜひその生態を探ってみてはどうでしょうか。
https://goo.gl/fRKNjP