首吊り士
神奈川県座間市で考えられないような事件が起きましたね。
白石隆浩(たかひろ)容疑者(27)の使っていたツイッターのひとつが判明しました。
どうやら「 首吊り士 」と名乗っていたようです。
生きる希望をなくした人に近づくために、SNSを悪用していたのですが、
ハッシュタグ「 #自殺募集 」や「 #自殺仲間 」で検索していたようですね。
逮捕のキッカケは「オトリ捜査」による、犯人の誘い出しでした。


完全自殺マニュアル [ 鶴見済 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

神奈川県座間市のアパート一室から9人の切断遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩(たかひろ)容疑者(27)がツイッターで、「首吊り士」などの複数のアカウントで自殺志願者と連絡を取っていたと説明していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。

 白石容疑者はツイッターで自殺願望のある女性らに「一緒に死のう」などと送信し、自殺を手伝う名目で被害者を自宅に招き入れ、殺害した可能性がある。

 「首吊り士」のアカウントは9月に開設。「首吊りの知識を広めたい。本当につらい方の力になりたい」などと記載されていたほか、「自殺する前に友人、家族、SNSにこれから死にますなど連絡を入れるのはNG」などと周囲への連絡を禁じるような投稿もあった。
https://goo.gl/3EkX9Y

 ◇  ◇  ◇

不明女性の兄情報提供求め 神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、10月下旬から行方不明だった八王子市の女性(23)の兄がツイッターで情報提供を呼び掛け、捜査員が白石容疑者を追跡した結果、逮捕につながったことが分かった。

 警視庁高尾署捜査本部によると、女性は行方不明になる前の9月20日にツイッターに「自殺を一緒にしてくれる人を探している」と書き込んでいた。投稿を見た兄がツイッターにログインすると、妹と連絡を取っていたあるハンドルネーム(ネット上の仮名)が浮上した。

 この白石容疑者とみられるアカウントは9月26日午前1時ころ、妹のアカウントに「現状はどんな感じですか?」と返信。約20分後には自殺をほのめかす別の書き込みに「どんな感じ?」と書き込んでいた。プロフィル欄には「自殺募集 神奈川、女、18、死にたい」とあった。

 兄がツイッターに妹が行方不明になったことを書き込み、情報提供を求めると、ハンドルネームの人物と面識があるという女性から返信があった。「自殺を手伝う」と呼び掛ける手法も似ているとの内容だった。

 兄は10月24日に高尾署に捜索願を提出。警視庁はこの女性利用者に「ハンドルネームの人物を誘い出してほしい」と依頼した。そして30日、指定した東京都町田市内の駅に白石容疑者が現れる。尾行した捜査員がたどり着いたのが、異臭漂う部屋だった。

 踏み込んだ捜査員は異様な場面に直面し、言葉を失った。「(八王子市の女性は)どこにいる」との問い掛けに、白石容疑者は「この中」といった趣旨の返答をし、クーラーボックスを指さした。開けた捜査員が目にしたのは、ネコのトイレ用の砂の中にある切断された2人の頭部だった。
https://goo.gl/75Huzc

以前、自殺したい女性ばかりを狙っている悪人(グループ)がいると聞いたことがあります。
よほど酷いことをされても、絶望感から被害届を出さないんだとか・・・
世の中には悪魔がいます。鬼畜がいます。殺人鬼がいます。
うっかり自分の弱みを見せると、そこをピンポイントで狙われます。
辛くても苦しくても貧しくても・・・とにかく、生きましょう。