ガン夫との離婚
どんな病気でも「治そう」とすると大変ですね。
これが生死に関わる病だったりすると尚更です。
ガンという病気は患者本人もそうですが、家族もまた辛いものです。


難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [ 山崎元 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「ぼくがついている」「大丈夫」「一緒に頑張ろう」…もしあなたががんを宣告されたら、夫から掛けてほしいのはこんな言葉だろうか。だが、今、闘病中の妻に真逆の言葉を浴びせる夫が増えているという。2人に1人ががんになる時代、「献身的介護」を美徳とする日本の夫婦関係に大きな変化が生まれていた――。

 闘病しながら夫との関係に悩む女性がん患者がいる一方、“支える側”になった女性も、多くの悩みを抱えている。

 あるインターネットの掲示板には「がんの夫と離婚を考えてしまう私は冷たいですか?」というタイトルで、このような投稿がある。

〈8月半ば頃に夫のステージ3の癌が発覚、手術はできず、先月から毎日放射線治療、週1回の抗がん剤治療をしています。現在、夫は会社を休職しています。病院に行く時は、毎回私も付き添っているのですが、先日病院が混んでいて、朝の7時に自宅を出て、帰宅したのが19時半頃と1日がかりでクタクタになり、私が夕飯も外食か何か買って家で食べようと言うと、お昼も外食で体に悪いのに夜も外食なんてだめだ、手抜きしないで料理をしろ、俺(夫)は病人なんだから、俺にもっと気を遣えと怒り口調で言われました。

 夫は病気のストレス、抗がん剤でつらいんでしょうけど、でも、もう私は精神的、肉体的に限界で疲れました。最近、今の現状から解放されたくて離婚を考えてしまう私がいるのですが、私は冷たい人間ですか?〉

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1214

 男性は重大な病などへの恐怖心が強い。病気に自分が罹ったとわかれば、パニックに陥ってしまう人は数知れず、そんな夫に悩む妻は少なくない。本誌・女性セブン取材でも、がんを機に夫の性格が豹変し、苦悩する妻の声は多数聞こえてきた。都内在住の事務職・小島由美さん(仮名・33才)が語る。

「3年前、夫に舌がんが発覚してから日常が一変しました。すぐに抗がん剤と放射線治療を開始したのですが、放射線治療をすると味覚障害が出るんです。夫はそれでナーバスになり、食事のときにカリカリするようになった。

 後遺症で口が乾いて食事量が減るのですが、私が少しでもご飯を多く口に入れようとすると『こんなに食えないだろ!』と怒って手をつけずふて寝する。置き去りになった茶碗を見て涙が止まりませんでした」(由美さん)

仕事休んでうつ地獄に行ってきた [ 丸岡いずみ ]
怖い中国食品、不気味なアメリカ食品 (講談社文庫) [ 奥野 修司 ]

トラコミュ     ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫     借金がある主婦の完済計画

 夫ががんになったと知ると両親から離婚を勧められたという。

「田舎の人間だからかもしれませんが、両親からは“30代で未亡人になんてなったら、その先の人生真っ暗だよ。旦那さんには悪いけど、今は自分の未来を考えなさい”などと言われました。当初はそんなことできないと突っぱねていましたが、夫の人格が変わっていくうちに、両親の言う通りかも…なんて思うようになりました」

 仕事の合間を縫って、入院中はほぼ毎日、病院に通った由美さん。だが、時には仕事の都合で遅くなることもあった。すると夫は「お前は外の世界で生きられていいな。楽しいんだろ」と妻をなじった。

「夫に後ろめたくて職場と病院以外の場所に行くこともなく、全然遊びにも行かなかったけど、“他の奥さんは朝から晩まで看病してくれるのに、なんでお前はちょっとの間しか来られないんだ!”などと毎回怒鳴られて精神的にまいりました。あまりのつらさに言ってはいけないとわかりつつも、“死んじゃえばいいのに”と口走ってしまったこともありました。

 看病することを夫が“当たり前”と考えるようになって、私をどんどん追い込みました。日増しに“私の人生はこれでいいのか”と悩むようになった。夫には申し訳ないですが、憎しみを覚えるようになり、最終的には、新しい道に進もうと決断しました」(由美さん)

 由美さんは夫の放射線治療がひと段落したことをきっかけに、現在は離婚に向けた協議を進めているという。離婚カウンセラーの岡野あつこさんが語る。

「多くの女性が病気になった夫を抱えた場合、献身的に尽くさなければなどと考えます。世間体もありますし、軽々しく離婚など考えられないかもしれません。しかし、看病する自分が壊れてしまっては何の意味もなしません。もちろん批判を浴びることもあるでしょうが、必ず周囲に味方はいます。離婚という選択肢も頭の片隅に入れておくのは決して悪いことではないと思います」
https://goo.gl/JEFXLB

パートナーが大変な時に傍に居てあげれるのか、
それとも、それは無理なのか・・・
冷たいとかを考える前に、自分の好きなようにすればいいのではないでしょうか。
夫婦のことは、当事者同士でしか判断できません。