茨城県日立市、母子6人殺害
茨城で痛ましい事件が起きました。
5人の子どもを育てるために、懸命に働き続けた奥さん(被害者)・・・
働きもしないで寄生を続けた夫なら、愛想を尽かされて当然です。
子どものゲームを売ってまで、自分の遊ぶ金を作り、
生活苦なのに働かない挙句・・・抵抗しない我が子まで手を掛けるとは・・・


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

茨城県日立市田尻町2丁目の県営アパートの1室で6日早朝に火災があり、母子6人の死亡が確認された。県警は、この部屋に住む父親で自称会社員の小松博文容疑者(32)を6人のうち1人の女児を殺害したとする殺人の疑いで緊急逮捕し、発表した。

 日立署によると、小松容疑者の妻の恵さん(33)、長男で小学1年の幸虎(たから)君(7)、次男の龍煌(りゅあ)君(5)、双子で三男の頼瑠(らいる)君(3)と四男の澪瑠(れいる)君(3)が焼け跡から遺体で見つかり、長女で小学6年の夢妃(むうあ)さん(11)は搬送先で死亡が確認された。

 小松容疑者は妻と子と7人暮らし。捜査関係者によると、「刃物で刺し、ガソリンをまいて放火した」と話し、家族全員の殺害についてもほのめかしているという。動機について、恵さんから別れ話を持ち出されたという趣旨の説明をしているという。

 署や捜査関係者によると、小松容疑者は6日午前4時半ごろ、自宅アパートで長女夢妃さんを殺害した疑いがある。夢妃さんの遺体には上半身を中心に、鋭利な刃物によるとみられる刺し傷や切り傷が複数あったという。小松容疑者は同日午前5時すぎ、日立署に「(自宅に)火をつけてきた」と出頭してきたという。

  ◇ ◇ ◇

茨城県日立市で母子6人が死亡した事件で、6人全員に刃物によるとみられる刺し傷があったことが、捜査関係者への取材でわかった。6人のうち1人への殺人容疑で逮捕された父親の小松博文容疑者(32)は、全員の殺害をほのめかしている。県警は遺体を司法解剖し、死因を調べる。

 捜査関係者によると、6人のうち5人は自宅アパートの和室で遺体で見つかり、もう1人は自宅から病院に搬送されたが、死亡が確認された。いずれにも刺し傷があったという。

 このうち小松容疑者の妻、恵さん(33)の遺体の腕付近には、抵抗して体を守ろうとした際にできる「防御創」が確認された。子ども5人には防御創は見当たらず、抵抗する間もなく襲われた可能性があるという。恵さんの傷の数が多く、腹部などにも深い傷があった。小松容疑者は「妻から別れ話を切り出された」という趣旨の説明をしているといい、県警は小松容疑者が恵さんに強い殺意を抱いていたとみている。

 県警によると、凶器とみられる刃物は見つかっていない。ただ、6人の傷の状態などから、小松容疑者が鋭利な刃物を使った可能性が高いとして凶器の特定を進めている。

 県警は7日、小松容疑者を、長女夢妃(むうあ)さん(11)に対する殺人の疑いで送検した。
https://goo.gl/293Q4Z