ゴミマンション
大阪の門真で、ゴミマンションの室内から女性の遺体が発見されました。
姉と、姉の息子が逮捕されたのですが、
生活が謎だらけで、捜査が難航しているようです。
ゴキブリだらけのマンションで、一体何があったのでしょう?


難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [ 山崎元 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

漂う異臭に群がる大量のゴキブリ…。

 大阪府門真市のマンション1階のごみだらけの部屋で9月1日、収納ボックスに入れられた遺体が見つかった。遺体は腐敗が激しく身元確認が難航しているが、隣の部屋に住んでいた女性とみられ、同日夜、遺体が見つかった部屋に住む女性の3歳年上の姉(65)が大阪府警に死体遺棄容疑で逮捕された。現場は玄関から天井に迫るほどの高さまでごみが積まれ、どうやって室内を移動していたのかさえ分からないほどだったという?ごみマンション?。異臭や害虫の被害はほかの部屋にも広がり、ほかのマンション住人を苦しめていた。

トラコミュ     辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    借金返済への道

恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)
熟年売春 アラフォー女子の貧困の現実 (ナックルズ選書) [ 中村淳彦 ]
老人病棟 高齢化!こうしてあなたは“殺される”。 [ 船瀬俊介 ]

トラコミュ    事件・犯罪その真相にせまる! ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

住人は殺虫剤が必需品

 「ゴキブリ駆除は日課のようなもの。多いときで1日10匹はたたいて殺す。それ以外にも殺虫剤をたくさん使っているから、日々どれだけ駆除しているか分からない」

 遺体が見つかった部屋の真上の階に住む男性(78)は、ごみの被害をため息混じりに訴えた。

 男性は20年以上前からマンションに住んでいるが、異変に気付いたのは5年ほど前。徐々にゴキブリが増え始め、ベランダにごみを置いていると、すぐに大量のゴキブリが集まるようになった。室内にいても物音がすると思ったらゴキブリが壁をはっているのが、もはや日常となっていた。

 何とか我慢して生活していたが、マンション住人の中にはゴキブリの多さに耐えられず、引っ越した人もいたという。

 収納ボックスから遺体が見つかったのは9月1日午前11時過ぎ。その後、捜査員らが室内を調べるために大量のごみを運び出すと、異臭を一部食い止めていた“蓋”がなくなったことで、マンション周辺には夕方になっても生ごみのような異臭が充満していた。

 男性は「なぜこんなにもゴキブリが多いのか不思議だったが、まさか遺体があったとは」と言葉を失った。

 マンションにたびたび出入りしていた男性配達員(20)も「マンションからは汚物のような臭いが漂っていた。今まで嗅いだことのないような臭さだったが、遺体があるとは思わなかった」と顔をしかめた。

 捜査関係者によると、部屋の中に埋もれていたごみの中には約15年前のものもあった。あまりの異臭に捜査員も長時間作業を続けることができず、通常より休憩時間を多くとって作業を続けたという。

突然の行方不明者届

 異臭や害虫の元凶となったのはマンション1階の2部屋。死亡したとみられる土井恵子さんと、死体遺棄容疑で逮捕された土井さんの姉で無職、山口逸子容疑者(65)がそれぞれ住んでいた。土井さんとみられる遺体は山口容疑者が住む部屋から見つかった。

 遺体が見つかるきっかけとなったのは、山口容疑者が8月31日に突然、府警門真署を訪れ、土井さんの行方不明者届を提出したことだった。

 山口容疑者は昼前に同署を訪れ、「平成27年5月に市役所から連絡を受けて(土井さんの)自宅を確認したら、帰宅していなかった。妹には放浪癖がある」などと説明した。

 説明が曖昧で矛盾点も多いため、府警は翌9月1日朝から山口容疑者の自宅を家宅捜索。山口容疑者方の玄関で、収納ボックスの中に入っている遺体を見つけた。ボックス内の遺体はごみ袋に包まれていた。

 府警は遺体発見を受けて同日夜、27年7月ごろから2年以上にわたって、室内に遺体を隠したとする死体遺棄容疑で山口容疑者を逮捕。山口容疑者は「妹の死体を収納ボックスに入れて自宅に隠したことは間違いない」と容疑を認めた。

なぜ遺体を隠し続けたのか

 捜査の焦点となっているのが、遺体が土井さんと仮定して、いつ、なぜ土井さんが死亡したのか、そしてなぜ遺体を隠し続けていたのかという問題だ。

 遺体を遺棄した経緯について、山口容疑者は「家に戻ってきたら家の中で倒れて死んでいた。人目につかないように収納ボックスに入れていた」と供述、死亡への関与は否定している。

 山口容疑者の供述は真実なのか。

 府警は翌2日に遺体を司法解剖したが、腐敗があまりに激しく、死因は不明のまま。身元についても2~3年前に死亡した50~70代の女性と推察されたが、性別すら断定できず、捜査幹部は「解剖結果から、供述の正確性を判断するのは難しい」と話す。

 土井さんには知的障害があり、隣に住む山口容疑者が土井さんの世話をしていたとみられる。土井さんは障害年金を受給していたが、遺体を隠した目的は障害年金の詐取だったわけではなさそうだ。

 門真市によると、土井さんの障害年金をめぐっては、26年夏に市役所に提出しなければならなかった書類が提出されず、同年秋ごろには支給が停止されていたからだ。

 ただ、山口容疑者は、支給停止を受け、土井さんの安否確認をしようとした市役所の職員に対し、「ほかの親族のところに行っている」などと虚偽の説明を繰り返していた。

 山口容疑者が門真署を訪れることになったのも、市職員が接触した別の親族が、山口容疑者に「行方が分からなくなっているのであれば、警察に届けるべきだ」などと強く説得したことが要因だった。

「ごみ少ない部分で寝た」

 近隣住民を悩ませていたごみだらけの部屋の中で、2人はどのようにして生活していたのか。

 山口容疑者には同じく知的障害がある息子(44)がいた。息子は山口容疑者の部屋に住んだり、土井さんが住んでいた部屋で生活したりしていた。

 捜査関係者によると、山口容疑者は「ごみの山の中をはいつくばって進み、ごみが少ない部分で寝ることもあった」と説明しているという。一方で、このマンション以外にもアパートなどを契約していた形跡もあり、居住実態は謎に包まれている。

 山口容疑者は現在無職だが、収入がなかったわけではない。実は、このマンションの5部屋ほどを所有し、一部を貸し出し家賃を得ていた。しかも、土井さんと山口容疑者が住んでいた部屋は、自身が所有している部屋のため家賃はかからない。

 さらに一時はパートなどで働いていたといい、家賃収入に土井さんや息子の障害年金を合わせると、一定の収入があったとみられる。

 部屋を所有しているものの、近隣住民との交流は少なかった。山口容疑者方の真上の部屋に住む男性は「(山口容疑者から)部屋を借りているが、契約のとき以外はほとんどしゃべらなかった。朝から忙しそうに動き回っていたが、何をしているのかはよく分からなかった」と話す。

 マンション近くで店を経営する60代の女性は「土井さんは静かだったが、(山口容疑者は)突然怒ったりする変わった人だった」と振り返った。

 謎が深まるばかりの生活実態。府警は同月11日、死体遺棄容疑で新たに山口容疑者の息子も逮捕した。息子は「母親から手伝ってほしいと言われ、収納ボックスに入れた」と容疑を認めているという。

 府警は今後、2人の取り調べを進め、遺体を隠し続けた理由や「ごみマンション」が生まれた経緯を解明する。
https://goo.gl/vh128u

不動産はあるけれど、現金が無かった?
障害年金の搾取も考えられますが、
闇が深すぎて、よくわかりませんね。
ニオイとゴキブリの凄さに、鳥肌が立つ事件です。

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   50代主婦日記 ≫   60代からの新しい人生

どれか一つ、貧乏を応援してください
  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ   ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2

仕事休んでうつ地獄に行ってきた [ 丸岡いずみ ]
怖い中国食品、不気味なアメリカ食品 (講談社文庫) [ 奥野 修司 ]