骨肉の争い
高齢化社会もあって相続トラブルが増えているようです。
兄弟間でも、なかなかお金のことは言い出せないでいると・・・
相続は「親の面倒をみた人」が有利になるわけではありません。
法的な手続きをした者を最優先します。
面倒がって後回しにすると・・・土地の相続権利を失くすことになります。


年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

幼い頃のきょうだい喧嘩なら微笑ましいかもしれないが、大人になってからのそれは一筋縄ではいかない問題を引き起こすことがある。当人同士だけならまだしも、結婚をして家庭を築いたら、配偶者もトラブルの当事者として加わることもあり、注意が必要だ。会って話し合うのが面倒だからと問題を放置しておくと、とんでもないことになることがあるようだ。

父の死後、発覚した意外な事実

 筆者の知人であるA子は、数年前に父上を亡くし、実家の土地の相続をめぐって親族との話し合いが何年も難航していた。不動産の相続登記は税務署の相続税などと違って、いつまでにやらなければいけない期限もなければ、義務もない。それをいいことに、日頃から仲がよくなかった弟との話し合いを避けたい気持ちから、目をそらしてきたのだという。

 ところがちょっとしたきっかけで実家の土地の登記簿謄本(全部事項証明書)をとったところ、弟の名義に変わっていたというのだ。

 一体何が起こっているのかわからず、法務局に6年間勤務した経験のある筆者に相談の連絡をしてきたようだ。とりあえず登記簿謄本をじっくり見せてもらうことにした。

法的に義務のない相続登記を放置していた結果が…

 日本の不動産登記制度は「形式審査主義」を採用している。形式審査主義とは、申請書や添付書類がきちんとそろっており適法であれば、その内容が事実かどうかを調査する義務はないということなのだ。まさにこれを上手く利用した形で、A子の実家の土地は弟名義に変わっていた。

 どのような方法かというと、父上が亡くなった日に「相続」を理由として母上にいったん所有権を移転し、同日母上から「贈与」を理由として、弟に所有権が移転されていたのだ。

 A子は「贈与ってどういうことよ!そんな話は聞いていない」と叫ぶ。しかしいったん登記が受理されてしまったら、それを覆すことはまず無理だと説明をした。つまり先ほどの形式審査主義を採用しているかぎり、法律どおり書類がきちんとそろっていれば、法務局としては受理せざるを得ないからだ。実際は贈与をされていなくても、贈与を証明できる書類があったのだろう。

 ただ納得できないA子の気持ちもわかる。そこで法務局へ行って申請書類の閲覧を申し出てはどうかと提案してみた。相続の当事者であるA子は、今回の登記に関して利害関係人にあたるため、閲覧申請ができる。そうすれば少なくとも「何が起きていたのか」ということを確認することができるのだ。「どうすればいいかわからないから、一緒に来て」というA子とともに、法務局へ向かった。

「両親の面倒を見る」と啖呵を切った弟夫婦だが…

 法務局へ向かう電車の中で、なぜ頑なに土地の名義が弟になるのが嫌なのか、理由を聞いてみた。

「両親の面倒をきちんと見るということで、家を建ててもらったのに、実際は食事の準備もしていなかったのよ!」

 A子の実家は、長男である弟夫婦と父母が同居し、同居するにあたり、両親が家を建て直してもいた。話を聞くと、弟の妻がなかなかきつい人かつ極度の潔癖症だったらしい。最初は台所を一緒に使っていたらしいが「お義母さん、そのやり方は汚れますから」「そこは使わないでください」など、とにかく口うるさい。それに嫌気がさし、母上が「食事のことは自分たちでやります!」と言ったところ、これ幸いに一切用意をしなくなったという。

 弟は仕事が忙しく、月の半分は出張で家のことは妻にまかせっきり。80歳を過ぎた老夫婦がコンビニまでお弁当を買いに行っていることを知ったA子が、弟にもう少し考えてあげて…といったところ「黙ってろ!」といわれたのだという。その後も改善されなかったので、結局妹と交互に両親の面倒を見ることにしたのだ。

「弟夫婦は約束を何も果たしていないのに、一方的に土地の名義を自分にしろというのは、やっぱり腹が立つわよ」とA子。「そもそもあの土地はお父さんとお母さんのもの。お父さんが亡くなったのなら、お母さんが相続すべきだと主張してきたわけよ」。

 学生時代から筋が通らないことには、絶対譲らなかったA子らしい意見だ。

専門家のアドバイスに従った弟に軍配

 法務局で申請書の閲覧申請をし、10分ほどで職員の方が申請書を持ってきてくれた。写真撮影はOKなので、スマホで書類の写真を撮っていくA子。その後、画像をA子に見せてもらうと、筆者が予想していたとおりの手続きが踏まれていることが分かった。

 多くの場合、相続登記には「遺産分割協議書」の作成が必要になる。遺産分割協議書とは、故人の財産すべてを記載し、それぞれの財産を誰が相続するのかを明記する。内容に納得した上で相続人が実印を押し、相続人全員が印鑑証明を添付する。

 今回、贈与の前提である相続登記には、確かに遺産分割協議書の添付があり、該当の土地をA子の母上が相続する内容のものだった。A子はこの内容ならば…と実印を押したのだという。しかしその後母親を上手く誘導し、別室で贈与証書に印鑑を押させたというのが、ことの顛末のようだ。おそらく登記を代理申請した司法書士のアドバイスだろう。

 法務局で書類審査をした経験のある筆者からすると、今回の遺産分割協議書はとても不自然なものだった。1冊の遺産分割協議書に相続人全員がそろって押印するパターンが多い中、相続人一人ひとり別個に用意された遺産分割協議書であったことだ。想像するに、別々に印鑑をもらっておいたほうが、母上を別室に誘導しやすかったのだろう。「贈与を成功させるためだけの形式的な遺産分割協議書」というのが丸わかりだ。

 専門家に相談をして強硬手段に出た弟が一枚上手だったといえるだろう。

 ちなみにA子は母親に認知症の兆しがあったことを理由に登記を無効にできないか弁護士に相談に行ったそうだ。しかし認知症が始まっていたことを立証するものが何もないということで、難しいという結論に至ったのだという。

 後日会ったA子は、諦めモードでこう言った。「面倒なことをいつまでも放置しておいたことが良くなかった。弟に会うのが嫌なら、弁護士でもなんでも代理人を立てるべきだったわ。高いお金を払って、そこまでやる必要はないと思ったことが甘かったのよね。結局私と妹で両親の面倒を見て、弟夫婦は何も貢献していないのに実家の土地を手に入れて。世の中って納得できないことばかりだわ」とうなだれた。

 相続問題など、家族間の面倒なことは後回しにしがちだ。特に日頃からきょうだい仲が悪いなどの事情がある人は、面倒ごとを避けることがないよう気をつけたほうがいいかもしれない。
https://goo.gl/xQzz8d