貧乏かわせみ

辛く悲しい本当の貧乏です。笑う余裕はなく泣く暇もなく、それでも精一杯、今日を生きたい。

2021年05月

6貧乏
親の介護費用の負担に苦しむ人が多いようです。
現在介護をしている40、50代の男女200人聞いたところ、
殆どの人が「お金の悩み」を抱えていました。
「将来的にいくらかかるのか見当がつかない」
「月々の介護費用負担が大きい」「親の貯金額が把握できない」など。
まだ元気な親でも、介護やさらに死後に向けての準備は必要です。
専門家によると介護者1人につき500万円ほどの出費になるそうな。
財産がどうなっているのか慌てないためにも準備は必要ですね。


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

聞きだしづらい「親のカネ」をどうやって把握すればいい?
親の老後を考える上で、避けては通れないのがお金の問題だ。老後資金問題に詳しいFPの髙橋佳良子氏は、「介護者1人につき500万円は想定しておくべき」と話す。続きを読む

7貧乏
東京の家賃は他の地域と比べてべらぼうに高いですよね。
家賃は倍するのに部屋の広さは半分以下…
30平米のタワマンに住んでいる新婚夫婦、
賃料は毎月20万円も払っているようです。
奥さんの手取りが24万円あるようですが殆どが家賃に…
広さ30平米なのに20万円も払うって、私なら絶対無理。
我が家の月収より多いので1回も払うことできません。


名前のない女たち貧困AV嬢の独白 [ 中村淳彦 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

タワーマンション(以下、タワマン)とは、基本的に地上20階建て以上の居住用高層建物のことを指します。高級感漂うイメージが多いですが、「広さ」という面では割とコンパクトな物件も存在しています。実際のところ、住みやすいものなのでしょうか。続きを読む

8貧乏
結婚直後に夫の多額の借金が判明し破産確定した、
手取り収入が700万円もある夫婦の家計相談です。
遊興費が月3万円、携帯が2台で月2万2000円で、
年金代わりの米ドル建て終身保険が月額8万円弱、
色々と贅沢なお金の使い方をしているので、これでは破産も当然かな。
少しぐらい収入が多くても、それ以上使えば借金になります。
我が家は貧乏すぎるので借金だけはしないようにしています。
借りたら人生終わるので…


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

今回は、45歳女性Rさんからのご相談です。結婚直後に夫の多額の借金が判明し、破産が確定したそうです。どのように家計を改善していったらよいのかのご相談です。続きを読む

1貧乏
生活困窮者に食料支援を行う「フードバンク」に人が殺到しています。
コロナ禍でパートを減らされ、クビを切られて職探し、
綱渡りの暮らしを送る40代シングルマザーもその一人。
食べ盛りの子どもがいると食費も大変ですよね。
うちも近所にフードバンクがあったら行くんだけどな。
できることから頑張るしかありません。見通しは暗いけど…


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

コロナ禍で離婚、何度も“職探し”
昼下がりの閑静な住宅街に、自転車やベビーカーを押して歩くママたちが続々とやって来た。目的地のビルに到着した順番に、色とりどりの野菜やパン、牛乳、お菓子などの食材が入ったケースを受け取ると、袋やスーツケースに詰め込み、それぞれの家へと帰っていく。続きを読む

2貧乏
税金の高さに激怒している人が大勢いるようです。
医療関係者はコロナ禍で連日残業して対応しているのに、
その給料からもゴッソリ税金が引かれることに憤っています。
国会議員の報酬額は世界で一番高いのに、
一般庶民は消費税だけでも年間30万円も払っています。
財源が足らないのなら、議員さんの給料も下げてほしいな。
こんなに貧乏な我が家でも消費税を取られる悲しさ…


派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]
令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]   お金本 [ 左右社編集部 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「コロナで連日残業して税金も上昇」
職場での日常を通し、税金の高さに憤る人は多い。感染管理認定看護師として病院に勤務する40代女性は、「私達の仕事は、残業なしの定時退社などあり得ません」と現在の勤務状況を説明した上で、この残業を巡る税金への怒りをぶちまける。続きを読む

↑このページのトップヘ