貧乏かわせみ

女性の貧困、老後、貧困、若者、破産、派遣、生活保護、パラサイト。 40代、50代、下級国民、少ない年金、手取り10万、年収200万、孤独、不安、貯蓄ゼロ。 ど貧乏、離婚、年下、三角関係、妊娠、シングルマザー、コロナ、検査薬、中身、おっさん。

2021年01月

6貧乏
漫画家でタレントの蛭子能収さん。
認知症を公表して3年が経つようですが、
蛭子さんの妻が3年にわたる介護生活について語っています。
心身ともに疲れ果て、急性胃腸炎で4度も病院に担ぎ込まれたらしく、
「死んじゃおうかな」という思いがいつも頭をよぎっていたようです。
認知症になると本人も大変ですが、
世話をする家族も、かなり大変なようですね。
もし貧乏な私が認知症になったら…考えただけでもゾッとします。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

蛭子さんヨメが初告白
「よっちゃんが本当におかしくなっているかも……。そう思うようになったのは3年前のこと。ある夜中に隣で寝ている主人に、突然、たたかれたんです。一瞬、何があったのかわからなかったし、翌朝には、本人もケロッとしていましたが、今から思えば、あれが最初の兆候でした」続きを読む

3貧乏
東京・池袋の公園での炊き出し、
寒風の中、およそ300人が訪れました。
ある32歳男性の財布に入っていたこの日の所持金は6円だけ。
配布された弁当を手に「2日ぶりに食べられます」と…
人手不足が続いているので、この辺のマッチングですね。
求人と働きたい人、何か一工夫で解決できるような気も。


派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]
令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]   お金本 [ 左右社編集部 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

今月9日午後6時。気温4度の、東京・池袋の公園には、行列ができていました。

行われていたのは、弁当やパンなどの配布。住む場所を失うなどして生活に困っている人に向けたものでした。行列の中には、女性の姿もありました。続きを読む

7貧乏
最新の「夫の小遣いの金額」です。
お小遣いの語源は、
「小遣銭(こづかいせん)」を略したものみたいですね。
生活費とは別に買い物や自由に使っていいお金のことで、
もともとは子どもに与えるお金のことを指していました。
ポケットマネーも同様の意味があるそうですが、
お小遣いを巡る夫婦の攻防は、なかなか熾烈ですよね。
我が家は新年早々、金額でかなり揉めました。


派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]
令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]   お金本 [ 左右社編集部 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

夫のお小遣いの平均額は「3万9419円」!
新生銀行が20~50代の会社員男女を対象に調査している「2020年サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性会社員のお小遣いの平均額は「3万9419円」という結果が出ています。前年より2672円増え、過去5年間で最も高水準だった2018年と同じ水準まで回復しました。続きを読む

1貧乏
不倫調査のプロが不倫のリアルを語っています。
夫の不倫が分かったとしても離婚をしない女性は多く、
愛情が残っているなどで、7割以上が夫婦関係の再構築を選ぶそうです。
経済的な部分も大きいようですが、
たとえパートナーから裏切られたとしても離婚しない現実に驚きました。
また離婚したとしても、夫と不倫相手は再婚して幸せになってほしいとか。
ちょっと良い人すぎる気もしますが、
「不幸になれ」とは思えない、情みたいなものがあるんでしょうか…


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

調査員が明かす不倫のリアル 発覚しても7割以上は離婚せず
 何かと世間を騒がせているのが有名人の不倫。そのまま離婚に至る夫婦は多いが……。続きを読む

8貧乏
1977年の雑誌に掲載された36歳男性の住宅ローンに関する手記です。
1000万円のローン返済が厳しく、働きに出た妻は内緒で風俗に…
男性は妻を暴行して離婚になってしまい、
家を売ってもローンを完済できませんでした。
大切な家族と暮らすために家を買ったのに、
住宅ローンのために、大切な家族が崩壊したという皮肉な事例です。
40年以上も前の話ですが、今の世相と似ているかも。


一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

1966年の金融緩和で、銀行などの金融機関が一般市民向け住宅ローン市場に参入したことにより、サラリーマンのマイホーム購入の夢が急激に現実味を帯びるようになった、そんな時代です。続きを読む

↑このページのトップヘ