貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。びんびん貧乏、びんびんビンボー

2020年09月

43歳マック難民
元ラガーマンの43歳男性。
屈強な体育会系でしたが上司のパワハラで鬱に…
激安シェアハウスで暮らしましたが肌に合わず、
今は日雇い派遣で働きながらマクドナルドで寝起きしています。
100円で粘りながら朝まで居続ける毎日、
いつか「足を伸ばして眠れる」生活を夢見ながら、
断崖絶壁の日々を生きています。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

24時間営業のマクドナルドで寝泊まりする人たちを指す「マック難民」という言葉がある。なぜ彼らは貧困に陥ったのか。マクドナルドで暮らす43歳の日雇い労働者に話を聞いた――。続きを読む

7貧乏
表面上はジャニーズを円満退社したことになっている中居クン。
独立するまでには色々と苦労があったと思いますが、
今年4月に独立した途端にまさかのコロナ禍。
仕事が無くても支払いはあり、
あれもこれもと細かく出ていくお金が馬鹿にならないようです。
中居クンは稼げるタレントではありますが、
経営者として非情さがないようですね。優しすぎるんだとか…
それがまた彼の魅力でもあるのですが。


一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

今年4月にジャニーズ事務所を退所。みずからが代表取締役を務める個人事務所『のんびりなかい』を設立した「中居クン」こと中居正広(48)。続きを読む

上カレーうどん
ヤクザと呼ばれる人たちは値の張るものがお好きなようですね。
その筋の人たちは、
車とテレビと座卓は大きいものを好むと聞いたことがありますが、
食に関してもこだわりがあるようで、
寿司、焼き肉など、何を食べるときでも高級志向なんだとか。
一流の店に行き見栄を張るために、
「何か特別な注文を通したい」みたいです。
言われてみれば、そんな場面に出逢った気が…


派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]
令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]   お金本 [ 左右社編集部 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

ヤクザとラーメン 「超アツアツ」と注文する理由は
 社会から暴力団を排除する。そのために市民が暴力団と金品のやりとりをすること(利益供与)を禁止する──そんな暴力団排除条例(暴排条例)が47都道府県で施行されてから10年近くが経過。続きを読む

いつやるか
マネーの専門家が貧乏体質に関して語っています。
「貧乏になる人」の研究がされているようで、
人間にはやはり、貧乏になる行動規範があるようです。
・目先の誘惑に負けるひとは貧乏になる
・人生は同じことの繰り返しだと気づかない人は貧乏になる 
これに加えて「いつやるか」というのが大事みたいです。
私なんかもダラダラとここまで来ました。ほんと駄目ですね。


一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

貧乏体質の共通点とは?
近年、「お金持ちになる人」や「貧乏になる人」にまつわる研究が進んでいます。中でも有名なのが、「お金持ちになる人は自制心が強いぞ!」というスタンフォード大学の研究です。この研究では、「目先の誘惑に負けない人ほど、お金持ちになりやすい!」というデータも得られています。続きを読む

75歳まで働いても生活苦
FPに老後マネーの相談をしている62歳の独身男性。
退職金も入り余裕があると思っていたのですが…
現在は手取りで19万円、貯金は1000万円。
しかしこのまま働き続けても80歳で貯金はゼロになり、
75歳まで働いても、ずっと生活苦のままです。
老後生活の支出削減が必要のようですね。
つつましく生きるつもりなら、貯金1000万円で足りると思うのですが。
1000万円にほど遠い我が家なんかは一体どうなることやら。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

● 年金受給が迫り 急に老後が不安に……

 年金受給が間近に迫り、「老後の生活は成り立つのだろうか」と不安になられる方が多くいらっしゃいます。50代から「ねんきん定期便」で受給額をなんとなく把握していても、暮らし方を真剣に考えることなく「なんとかなるだろう」と思って過ごしていた方に多いように感じます。続きを読む

↑このページのトップヘ