貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。びんびん貧乏、びんびんビンボー

2020年07月


姑がイヤミな人だと憂鬱ですよね。
また、嫌な姑にかぎってお金にだらしなかったりするものです。
知らぬ間に、家の通帳から400万円もの大金が消え、
ダメ夫が姑に渡していたら…
夫と姑に見切りをつけた妻は周到に離婚の準備をします。
そして、いよいよ…


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

家庭によってその形はさまざまですが、信頼関係が崩れてしまうと修復が不可能になってしまう場合があります。
Youtubeチャンネル『平成の雄叫び』には、家族関係に悩む妻の話が公開されています。続きを読む

老女の末路、エリート家族だったのに
介護士さんが担当した、ある高齢女性の話です。
エリート家族で幸せだったのは昔のこと…
夫を亡くしてからは、かなりの失望感に襲われたようですね。
ご近所付き合いも蔑ろにしていたので、
老齢になってからも友達と呼べる人がいませんでした。
家が傷み家具を処分して、そして認知症状も酷くなり…


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「こんなはずじゃなかったんです。こんなはずじゃ……」

 細く痩せた両手で敷き布団のシーツをギュっと握り締めながらヨネ子さんは「わぁ~!!」と泣き崩れてしまいました。ヨネ子さんは、1日のほとんどをこの畳に敷いた布団で過ごしています。続きを読む

みんなの平均貯蓄額
2020年夏、最新の「みんなの平均貯蓄額」が発表されました。
総務省統計局のデータなのでサンプル数も多く現実に近い…
それによると、二人以上世帯の平均貯蓄残高は1755万円。
貯蓄保有世帯の貯蓄額の中央値は、1033万円。
いずれも減少傾向ですが、勤労者世帯の平均貯蓄額は増えており、
その分、定年すぎた老齢所帯の貯蓄が減ったことになります。
貯蓄額が100万円に満たない世帯は約1割。
我が家と同じで貧乏な人は多いようですね。悲し。


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

二人世帯の平均貯蓄額は1755万円で3年ぶりの増加
2020年5月15日に総務省統計局が発表した2019年の『家計調査報告(貯蓄・負債編)』によると、二人以上世帯の平均貯蓄残高は1755万円。前年の1752万円から3万円、0.2%増となりました。続きを読む

月収20万円の、非正規40代
42歳の鉄道好きの非正規社員の家計簿です。
同じ仕事でも、非正規と正社員とでは年収100万円以上も差があるので、
一時は正社員を目指した時もありましたが現在は諦めの境地。
現状を受け入れたことで精神的に楽になり、
老後設計も相続予定があるので何とかなるようです。
年老いても働き続けることが前提なので、その点が心配ですね。
予定通りにいく人生の方が少ないですから…


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

国税庁の発表によると2018年の日本の平均年収は441万円だ。しかし今、非正規雇用で平均を大きく下回る低収入、その現実に危機感を持つこともなく好きなことをして暮らす無自覚な貧困層が増えているという。その実態に迫った!続きを読む

職も家も失った、保育士
保育士は大変な仕事だと思います。
就学前の子ども達って悪魔の部分がありますものね。
コロナの影響で職も家も失った30代保育士。
現場の保育士に対する国の援助金は、
何も届いていなかったようです。
これはコロナに関係なく、勤め先がかなりのブラック保育園かな。
助成金だらけで利権の巣窟が保育事業ですから…
悪質な経営者も多いようです。


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

5月に仕事も家も追われた、30代保育士

「コロナで仕事も、住む家も失った」
保育士の水月晴子さん(仮名、30代)は、これから保育士としてまた働いていけるのかと、途方に暮れている。保育士歴が約10年の晴子さん。最初に就職した先は、低賃金、長時間労働などが横行する保育園で、やむなく退職。続きを読む

↑このページのトップヘ