貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

2019年06月

年収120万の40代
早稲田卒の40代男性。
今は親の介護をしながら、アルバイト生活を送っています。
年収120万円の生活なので、かなり厳しいようです。
新卒時に入社した会社が怪しすぎました。
将来を冷静に考えれば、もっと別の就職先だったと思います。
投げやりになった後に挽回しようとしても、手遅れの場合があります。
どこかで盛り返せるといいのですが・・・難しそうですね。


「おひとり」を不安0で生き抜く女子貯金 [ 横山光昭 ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

40代になれば、生活に余裕が生まれる……そう夢を描いていたが、人々の手取り年収は下がり続けている。年収400万円未満の“低所得おじさん”は増加の一途を辿るばかりだ。70歳まで働く時代に日本社会が抱える課題と当事者の生活に迫る。続きを読む

貧乏人の時間の使い方
貧乏人とお金持ちでは「時間の使い方」がかなり違うようですね。
いつも時間に余裕がない貧乏人、
原因はスケジュールの不備、時間への認識の甘さだそうですよ。
いつも先送りにしたり、ジタバタばかりで過ごしていると、
冷静な判断が出来ず運やお金、人まで逃げていきます。
時間には限りがあります・・・少しでも工夫をして有効に使いたいですね。


おひとり様を生き抜く「女子貯金」生活 [ 横山光昭 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

◆自分時間を確保することがお金持ちへのパスポート
なぜかお金が寄ってくる人、逆にいつまでたっても貯まらない人……。その違いはお金に対する心の持ち方や向き合い方が大きく影響している! お金持ちに共通する「時間の使い方」とは? そこから私たちが学べることは? ビジネス心理研究家の神岡真司さんが解説します。続きを読む

睡眠不足、運動不足
論文にもなったある研究結果によると、
「睡眠不足」と「運動不足」は金銭面でマイナスになるようです。
睡眠不足は認知機能を鈍らせ、酔っぱらいのように意思決定力が落ち、
不幸になるうえに貯金が減り寿命まで縮めるらしいのです。
貧乏が嫌なら、よく寝て運動をしポジティブに生きる。
シンママの嘘くさい貧乏話を喜んで見ているうちは、
貧乏から抜け出せないし幸せにもなれません。当たり前ですが・・・


ひとりぐらしも神レベル [ カマタミワ ]
定年夫婦になる! 100歳までお金に苦労しない [ 井戸 美枝 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

◆睡眠不足と運動不足を放っておくと貧乏になる!?
「よい生活習慣が、豊かな生活につながる」というのは、誰だって分かっているし、当たり前のことです。続きを読む

貯蓄ゼロの30代・40代
新卒時に就職氷河期だった30代と40代の人たち、
貯蓄に対する意識が他の年代と違うようです。
非婚化や晩婚化も進み非正規なので、低賃金を理由に、
貯めたくても貯められない人も増えています。
また反対に、貯めれる状況にあっても貯蓄はしない・・・
無貯金派の人も増えており、20年後には社会保障は崩壊するかもしれません。
貧乏だから貯まらないのか、貯まらないから貧乏なのか。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、2019年1月7日~9日の3日間、「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」をインターネットリサーチで実施し、1000名の集計結果を公開しました。それによると、「貯蓄ゼロ円」の人が23.1%にものぼりました。続きを読む

生活保護を抜けた27歳
昨年末、社会人デビューをした27歳の男性。
今は、小さな運送会社で事務の仕事をしていますが、
それまでは生活保護を受給していました。
受給をやめて社会人として自立するのは難しいようですね。
フルタイムで働けないことや低賃金も足かせになっています。
皆が自立して社会で働き生活する・・・こんなことが難しい世の中です。


0円で空き家をもらって東京脱出! [ つるけんたろう ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 渋谷区内の喫茶店に現れたのは、ブカブカの着慣れないスーツに身を包み、コンビニのレジ袋をぶら下げた・水田伸介さん(27歳・仮名)。27歳にして昨年12月に晴れて社会人デビューしたという男性だが、新卒者のようなキラキラした"フレッシュさ"は感じられない。続きを読む

↑このページのトップヘ