貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

2018年02月

相続トラブル
節税対策で配偶者(妻)を実親(夫の親)と養子縁組させたのですが、
養子親が危篤となったとき、唐突に離婚届を突きつけられ・・・
実は妻は不倫をしていて、財産目当ての男までいる。
こうなると大変です。
養子親が自己判断できなくては、養子縁組を解消することはできません。
このまま法廷で争っても、勝ち目は薄そうですね。


結婚貧乏 (幻冬舎文庫) [ 平安寿子 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

最近では節税対策として自分の配偶者を親と養子縁組させる人も少なくないようですが、中には取り返しのつかない事態になるというケースも。自身のメルマガで、その実態を具体的な事例とともに詳しく紹介しています。続きを読む

30代で貧乏
何かと入り用が続くのが30代。
漠然と先々の不安が始まる年代でもあります。
稼ぎが少ないのに物欲は人並以上。しかも高価なものばかり・・・
でも、そもそも本当に必要なの?
ここから見つめなおす必要がありますね。
出来ない人は、40代も50代も貧乏です。より一層。


贅沢貧乏 (講談社文芸文庫) [ 森茉莉 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

30代で貧乏だったら、当たり前と思っていたことを見直す
30代は結婚・出産など、生活の変化やイベントなどの出費が多い時期。そのため、ある程度の蓄えが必要だと感じている人も多いと思います。そこでまずは、自分が「当たり前」と感じていることを疑ってみることです。たとえば結婚披露宴や新婚旅行は本当に必要なのか。そんなにお金をかけるべきものなのか。とりあえず入籍して身内で式だけ挙げ、披露宴は余裕ができたときでもいい。昔のように長期休暇が取りにくく、海外旅行費が高額だった時代でもないですから。続きを読む

街角インタビュー
ラジオの番組で街行く人に、
「貯金、いくらありますか?」と聞いた企画がありました。
テレビでは正直な金額を聞き出せないでしょうが、
そこはラジオ・・・声だけだと、リアルな金額を答えてくれています。
それぞれの生き方や考え方が出て面白いですね。


年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、様々な人々に声をかけ、1つのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。今回のテーマは「貯金、いくらありますか?」でした。続きを読む

借金との付き合い
お金のない人がモノを買おうとすれば現金が払えません。
どうしても欲しいとなると借金をしてでも手に入れます。
借金をすれば金利が付きます。
今、問題になっているのがクレカのリボ払い。
安易に利用すれば高い金利を払うことになります。
貧乏人が金利を払って、更に貧乏に・・・悪いパターンですね。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

借金は薬にも毒にもなる
家計で、一時的にお金に困ったとき、借金というのは便利なもので、救世主となります。便利ですが、使い方を誤ると、借金地獄というドロ沼への入り口となりかねません。今回は、上手な借金の仕方という意味で、3つのポイントをご紹介します。続きを読む

縁切りスポット
全国各地にある縁切りスポット。
最近は、夫への妻の恨み・親兄弟への恨みが目立つんだとか。
法的に縁切りが可能な場合もありますが、そうでない場合も・・・
心当たりのある人は、自分の名前がどこかに書かれているかもしれません。
人の恨みは底がありません。お気をつけてください。手遅れか・・・


結婚貧乏 (幻冬舎文庫) [ 平安寿子 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

日本各地にある有名な縁切りスポットには由緒ある寺社が多い。大阪市天王寺区の「鎌八幡」は、真田幸村が境内の榎に鎌を突き刺して戦勝を祈願したことで有名だ。それが江戸以降に密教の加持祈祷と結びついて悪縁断ちの信仰が広まった。現在も住職が御神木に鎌を突き刺して悪縁断ちを祈願する「特別祈祷」が行なわれる。続きを読む

↑このページのトップヘ