貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。嘘じゃないガチ貧乏は悲しく切ない。

2018年01月

ニセ電話
佐賀県在住の50代男性が、詐欺電話の被害に遭いました。
男性は以前にも、360万円の水晶を購入したことがあるんだとか。
その手の名簿にしっかり名前が載っているのでしょうね。
これだけ簡単に1000万円を支払う人なので・・・また騙されそうです。
なにせ相手は、騙しのプロ集団ですから。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「海外の通貨を運用して利益を出す。金を払わないと裁判を起こす」などとうその電話を受けた佐賀市の50代男性が現金1000万円をだまし取られました。警察で詐欺事件として捜査しています。続きを読む

墓場まで持っていく秘密
夫婦でも、何かしらの秘密があったりします。
粗方のことは許せたとしても、我が子が自分の子でなかったら・・・
夫としては、知らないままの方が幸せなんでしょうね。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
姑の言い分嫁の言い分 [ 今井美沙子 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

他の男の孫を可愛がる

 ■子どもの父親は……

 夫婦の実態を取材するノンフィクション作家の亀山早苗氏が語る。

 「夫に依存症を隠しているケースも多いです。パチスロにハマった主婦の方で消費者金融に400万円の借金を作った人もいました。

 アル中もそうです。もともと飲めない女性が子育ての不安を抱えるなかで、ある日ワインを飲んだらおいしかったらしく、すぐにキッチンドリンカーになりました。

 昼間飲んで、空き瓶は棚の奥にしまいシャワーを浴びるので夫は気がつかない。でも私から見れば完全にアル中状態でした。

 妻は夫に自分の不満を話してもムダだと思っているので、どこで発散できるかということに興味がいくのです」

 そして、究極の秘密は子どもの出生だろう。続きを読む

名門女子大生
つい、数か月前までは名門女子大生だった22歳。
しかし今は、精神疾患から退学して生活保護を受けています。
幻聴や幻覚まであるので、どこまで真実かはわかりませんが、
いま現在の生活は、精神的にもギリギリのようですね。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
名前のない女たち貧困AV嬢の独白 [ 中村淳彦 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

紹介するのは、学費を払えず名門女子大を退学した22歳の女性。彼女はつい最近まで精神科に入院していた。

何週間もお風呂に入っていない

「なんの意欲もないです。着替えもできません。もう何週間もお風呂にも入っていないし、歯も磨いていません。ここにもやっと来ました……」

池袋。待ち合わせ場所に現れた石川美織さん(仮名、22歳)は、寝間着姿だった。髪の毛はボサボサでスッピン、全身から疲れ果てていることが伝わってくる。まさにボロボロといった第一印象で歩調も遅い。人の視線が怖いようで、おびえたような表情をする。逃げ込むようにして、待ち合わせ場所からいちばん近いカラオケボックスに入った。続きを読む

復讐する夫
当節は、妻の浮気が増えているとか。
露見しても「一線を超えていない」とか「マッサージしてもらっただけ」
こんな言い訳がまかり通るようにはなっていますが・・・
浮気妻への夫達の復讐・・・
怖い気もしますが、その一方で拍手喝采を送りたい気にもなります。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
結婚貧乏 (幻冬舎文庫) [ 平安寿子 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

浮気性の妻に耐えかね、復讐を企てる夫たち
妻の浮気が夫にバレるケースはそう多くはない。ただ、中にはバレてもいいと開き直っているとしか思えない浮気や、浮気を繰り返す女性たちもいる。見て見ぬフリをする夫も少なくないが、妻の浮気が許せないとき、夫たちはどういう行動をとるのだろうか。続きを読む

宝くじ、高額当選
もし、宝くじで高額当選したら・・・
夢のようなお話ですが、実際に当たっている人もいるわけで・・・
3億円が当たった40代女性。
ごく普通の派遣社員のOLで、手取り20万円程度だった彼女ですが、
人生がガラリと変わりました。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
贅沢貧乏 (講談社文芸文庫) [ 森茉莉 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうですが、あるデータを見ると、宝くじに当たった人たちのその後は、輝かしい未来どころか、悲惨になっているケースがほとんどなのだとか…。そこで、今回は、宝くじの落とし穴と注意点ついてお話しします。

大金は手に入ったけど、失うものも多かった…
一度は誰もが夢みる一攫千金。宝くじに当たったら「高級マンションも買えそうだし、海外旅行にもバンバン行けそうだし…」といろいろ夢が膨らみますが、実際に高額の宝くじに当たった人たちは、不幸になってしまっているケースが多いのだとか。続きを読む

↑このページのトップヘ