貧乏かわせみ

辛く悲しい本当の貧乏です。笑う余裕はなく泣く暇もなく、それでも精一杯、今日を生きたい。

2017年09月

孤独な中年
孤立した独身無職者をスネップと言うようです。
当然の事ながら無職なので貧困の渦の中で喘ぐ生活となります。
そうなる人には、幾つかの共通点があります。ご注意ください。


中年だって生きている [ 酒井順子 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

働き盛りの世代でありながら、独身かつ無職――。ここでは、一度のつまずきで社会から孤立してしまった男たち。彼らの共通点とは? 決して他人事ではない、生きづらい時代に“孤立しないための努力”とは?

孤立する中年は自己肯定感が低い

「孤立しやすいのは女性よりも男性、20代より30代以降、高卒以上よりも中卒、さらには要介護の親がいる人という統計データが出ています。もちろんこうした属性による部分も大きいのですが、孤立する人の“メンタル的特徴”も徐々に見えてきています」

 そう語るのは、ひきこもり、孤立者の訪問サポート支援活動を長年にわたって行ってきた「トカネット」代表の藤原宏美氏だ。

「孤立する人に共通するのは“自己肯定感”の低さです。『なぜ自分はダメなんだろう』と社会に順応できなかった自分を責め、劣等感を抱き自ら世間との繋がりを断つ傾向にあります。

金銭的な貧困以上に人間関係の貧困に陥り、誰にも受け入れられないまま『もう一度頑張ろう』という意欲さえも失われてしまう。こうしたセルフネグレクトに陥ることで、孤立が慢性化してしまうんです」続きを読む

DV離婚
夫のDVが原因で離婚・・・
男は女で、女は男で人生が大きく左右されます。
32歳になった女性は、スマホ販売員と風俗を掛け持ちしながら、
ステップアップに繋がりそうな、次のスキルを磨いています。


さよなら、DV [ 穂美 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 ある大手家電量販店で携帯電話販売員をする佐伯百合さん(仮名、32歳)は、清楚でかわいらしい女性だった。年齢より若く、20代半ばにみえる。2年半前に離婚、店舗近くにある県内ワンルームマンションに一人暮らしをしている。

 「私は仕事をしているので、世間で言われる貧困ではないかもしれません。ですが、女が単身で自立して生きていける世の中とは思えません。いろいろ厳しすぎます」続きを読む

山尾志桜里
議員の不倫騒動が続いています。
先日、民進党を離党した山尾志桜里議員(43)
昨年の春には自分の原点は女性ホームレス殺人だと語っていました。
待機児童問題を取り上げたりもしていましたが、
不倫するのに子どもを預ける必要があったようです。
弱者に寄り添う真似だけする狼藉者なら、有権者が許しません。


今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

女性にしては、やや低音で少しハスキーな声が議員会館の部屋じゅうに響き渡る――。「大きな声ですね」と話を振った。

「そうですか? 法廷よりも『アニー』の舞台で培(つちか)
われたのかもしれません。『三つ子の魂百まで』といいますから」

「保育園落ちた日本死ね!!!」の匿名ブログに関して、衆議院予算委員会で山尾志桜里議員(41)は、安倍晋三首相に厳しく迫った。続きを読む

駆け落ち
ネットで出会った男と駆け落ち・・・
若気の至りなんでしょうが、およそ幸せにはなれそうもありませんね。
負の遺産はついて回ります。
せめて経済的に余裕があればいいのでしょうが・・・泥沼は続きそうです。

伯爵令嬢の駆け落ち [ シャーナ・ガレン ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「ワーキングプア」や「ネットカフェ難民」という言葉が登場したのが約10年前のこと。その頃、少年少女だった今の「若者」たちは貧困という状況をより身近なものとして育った世代であり、そしてその問題は今、彼ら自身にも降りかかっている。「失われた20年」のなかで生まれ育った世代の苦悩を探った。続きを読む

35年ローン
重くのしかかる住宅ローン・・・
マイホーム購入を35年ローンで組む人は自己破産が多いとか・・・
定年過ぎても残債が残っていると・・・年金は少ない、職はない、
おまけに体も持病が・・・ローンが払えなければ全てを失くします。


2025年東京不動産大暴落 (イースト新書) [ 榊淳司 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 人生でもっとも高い買い物といえば、昔も今もマイホームだろう。購入者のほとんどは最長35年という長期返済型の住宅ローンを組み、万が一ローンが返せなくなったら「売ればいいだけ」と安易に考えている人も多いのではないか。しかし、長きにわたり住宅の資産価値が保てる“土地神話”はとっくに通用しない時代だ。

住宅ジャーナリストの榊淳司氏が、35年ローン廃止論を唱える。続きを読む

↑このページのトップヘ