貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。為替

2017年05月

貯金ゼロ
驚くことに50代の30%が貯金ゼロのようです。
人生の先が粗方ながら見えてきました。それなのに・・・
とても楽観的な埋蔵金の探し方が紹介されていますが、こんな人は少数です。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

貯蓄ゼロでは何ともならない50歳
50歳。サラリーマンなら、あと10年もすると定年がやってきます。最近は65歳定年のところもあるようですが、それでも60歳になった時点で給料は大幅に減らされます。どのくらい減るのかというと、半分くらい。だから、老後の資産形成をするとしたら、いよいよラスト10年というわけです。続きを読む

体を売って学費
貧困ゆえに体を売る女子大生・・・
一歩前に出てこんな告白をされても、誰も同情しません。
売春は違法です。捕まってから後悔するんでしょうね。早くその日が・・・


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

今回紹介するのは、児童養護施設育ちで私立大学に通う20歳の女性。彼女は売春で学費と生活費を賄っている。

 東京・池袋。中堅私立大学の夜間部に通う、菅野舞さん(仮名、20歳)と待ち合わせた。文化系サークルに所属し、昼間は中小企業でデータ入力のアルバイトをする。アルバイトは時給1000円だ。後期試験が終わった晩冬は、稼ぎ時となる。いつものように夕方までアルバイトし、さらに20時からお小遣いをくれる中年男性に会う。

 「その男性に合わせるからわからないですけど、たぶんエッチもすると思いますよ」続きを読む

父親の絶望
5歳児を衰弱死させた残虐な父・・・
しかし裁判内容を紐解いていくと、この父親の子どもに接するものがあります。
軽度な知的障害があった場合、孤立した父親が子育てをする難しさがありますね。
周囲が気がつけばよいのですが、本人が隠せば・・・悲しい事件です。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 2014年に神奈川県厚木市内のアパートで、幼い男の子の白骨遺体が発見された。父親が一審では懲役19年の殺人罪に問われたが、今年1月の二審判決ではその原判決が全部破棄され、懲役12年の「保護責任者遺棄致死罪」となった。

 いったいこの事件で何が起きていたのか。児童虐待の問題にも詳しいジャーナリストの杉山春氏が迫ります。続きを読む

生活保護不正受給
生活保護の不正受給に関するニュースは後を絶ちませんね。
「若くて健康な体でも受給できるのは問題」 生活保護を受けていた人が言い切っています。
人の善性で福祉制度は回っていますが、全員が善人ではありませんから。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「不正受給の割合は全体の0.5%と言われていますが、それは、あくまで発覚しただけの数字で、実際にはもっと多いと思います。」

 そう語るのは自ら生活保護を受けながら、貧困問題をテーマに取材活動をするジャーナリスト・長田龍亮氏だ。続きを読む

↑このページのトップヘ