貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。為替

2017年04月

40代独身男性
親の介護・・・これは誰の身にも起こりうる現実です。
独身者が親の介護をしようとすると、それまでのような働き方は出来ません。
働く時間が短くなれば、当然ですが収入は激減します。
決して他人事ではありませんね。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 働き盛りの30~40代。賃金カーブも右肩上がりの時期に伸び悩み、年収300万円に甘んじてしまう“稼げない病”に罹る人が増えているという。マジメに働いているにもかかわらず、なぜ低年収に陥ってしまうのか。貧困とは違うニュープア層の実態に迫る!

●高橋丈博さん(仮名・41歳)の場合
年収330万円/独身
大学卒業後、大手食品メーカーに就職。38歳のときに父親が脳梗塞で倒れ、介護のために退社。実家近くの美容器具メーカーに転職し、残業ナシの週4日という変則シフトで勤務続きを読む

破産する人
人には個性がありますが、行動パターンは似通っています。
破産する人はやはり、金銭に破滅的な思考や行動が似ているものです。
先にそのタイプを知っておけば・・・我が身を危険かどうか判断できますね。
気づかない人は・・・もれなく破産に落ちていくでしょう。地獄ですよ。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 最近、景気が上向いているように見えるが、実は破産する人が後を絶たないようです。2016年の個人の自己破産申し立てが13年ぶりに増加しましたた(最高裁の速報値による)。

 そこで今回、毎月家計が厳しい既婚の300世帯にアンケートしたところ、赤字家計の人や破産する人たちの生活習慣には共通点があることが判明したのです!

◆関係なさそうな「生活習慣」が「お金」と密接にリンク

 今回、「毎月の家計が赤字またはギリギリ」だという300世帯にインターネットでアンケートを実施したところ、30万9091円の収入に対して、支出35万2273円で、毎月4万3182円の赤字という平均像が浮かび上がりました。

 なかには毎月10万円以上も赤字という家庭も多数見られました。それぞれの赤字の原因をたずねた結果が、以下のランキングです。続きを読む

月収14万円
「貯金が増やせず悲しい」と相談する31歳派遣社員の女性の家計です。
収入が少なければ、少ないなりの生活しかありません。
この人の場合は、実家に毎月5万円のお金を入れて好感が持てますね。
間違ったことさえしていなければ、いつかは貧困から抜け出せる・・・
そう信じて生きていきましょう。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

派遣社員で低収入。もっと貯金をできるようになりたい

収入が低く、貯金が増えない悩み
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、貯蓄が思うように増えないと悩む31歳の女性会社員。ファイナンシャル・プランナーの八ツ井慶子さんがアドバイスします。続きを読む

不倫で失ったもの
5人の女性が不倫で失ったもの・・・
簡単にまとめてありますが、文字の向こうにあった修羅場を想像すると、
恋の魔力の恐ろしさを感じますね。不倫だけはやめましょう。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

不倫は良からぬもの。そんなこと、みんな百も承知です。それでも不倫はなくなりません。恐らく男と女がいる以上、ひとつの恋愛の形として永遠に存在するものなのでしょう。

4月からドラマ『あなたのことはそれほど』が、6月には『昼顔』の映画版が公開されます。
実際に、そのような「許されぬ恋」に落ちた女性はどうなってしまうのか…。既婚者との恋の経験を持つ女性のエピソードを集めてみました。続きを読む

↑このページのトップヘ