貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。為替

2017年03月

生きていく自信がない
心の病に苦しむ人が多くなりました。現代病なのでしょうか・・・
ひとたび、正社員の座から転げ落ちると低収入の暮らしが待っています。
今は何とか生活が出来ている年収170万円生活。この先はどうなるか誰にも分りません。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 近年はうつ病などを理由に会社を辞める人が多いが、再び働き始めても収入を大幅に減らすケースも目立つ。37歳のとき、うつ病で都内の大手家電メーカーのSE職を辞めた藤村陽介さん(仮名・42歳)は、茨城県の実家で2年間の引きこもりを経て3年前に在宅ウェブデザイナーとして社会復帰。しかし、年収は前職の680万円から170万円と75%の大幅ダウンだ。続きを読む

老後の不安
老後の生活にお金は必要ですね。しかし、年金がどうなるか不透明・・・
個々で備える必要がありますが、単位は数千万円になります。
金額に臆することなく備えはしたいものです。人生の最期が悲惨にならないために。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

目の前の生活に精一杯で、何十年も先の老後のことまで考えて貯蓄を行うのはなかなか難しい。なんて思っていたら、自分もいい歳になってきていて……。今回はマイナビニュース会員のうち男女305名に、老後にお金の面で不安はあるか答えてもらった。

Q.老後にお金の面で不安はありますか?

はい 90.5%
いいえ 9.5%続きを読む

パチンコ依存の主婦
身近なギャンブルといえばパチンコですね。
数万円が数十万円になって、通いづめて気がつけば数百万円の負けになっていた。
パチンコは儲かる遊びではありません。パチンコ屋が儲かるように出来ています。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 みなさんは、何かにハマり過ぎたり、「やめたくても、やめられない!」状態になった経験はあるだろうか? 買い物、お酒、タバコや甘いものなど、私達が中毒になりやすいものは様々。

 その中でも、パチンコはじめとするギャンプルは、ハマると一気に金銭的に苦境に立つ危険をはらんでいる。

 2014年に、厚生労働省が発表した国内のギャンブル依存症患者はなんと536万人。最も多いとされるのがパチンコで、20~30代の主婦がハマるケースが相当目立つようだ。

 実際にパチンコ依存におちいってしまった主婦を取材してみた。続きを読む

東大卒
金銭的救済目的の社会保障制度は、原則として重複受給を認めていません。
東大卒の女性がある日突然、重度の障害者になって・・・
運命とは過酷なものですね。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「生活保護は子どもの進路が制約される」

 「児童扶養手当の月4万7000円、それと児童扶養証書がもらえないことが本当に苦しい。病気で働けないから、支援団体と区役所から生活保護の受給を何度も言われました。けど、生活保護では障害加算と母子加算、どちらかしか選べない。障害年金が認定されると自動的に児童扶養手当が受けられなくなって、その証書がないと一人親支援のメニューが利用できなくなる。なぜか、そういう制度で、非常に苦しい。子どもの大学進学が視野にあって、生活保護だと進路が制約される。だから生活保護を受けないで、踏ん張っています」続きを読む

↑このページのトップヘ