貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

2017年01月

貧乏な人の口癖
言葉には何かしらのチカラがありますね。
用意された言葉ではなく、ふっとした瞬間に口にした言葉に、その人の未来があります。
貧乏な人は「そうなるように」自分でしていますね。不思議です。


貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

■あなたをお金持ちに変えるのは「豊かな心的態度」
「お金持ちになりたい、何不自由ないお金を手にしたい」「幸せで豊かな人生を叶えたい!という人に、お伝えしたい大切なことがあります。続きを読む

アラサー女性の悩み
家賃を引いた手取りが30万円。
それでも使い出すと止まらないようですね。
給料日前には、いつも金欠・・・これは重症かもしれません。いや、羨ましい。


貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

あまり表に出ることのないファイナンシャル・プランナー(FP)という職業の女性たちに、普段どんな相談を受けているのかリレー日誌形式でつづってもらう連載の第5弾。FP稲村さんのもとに訪れたのは、バリキャリでリッチな雰囲気のアラサー美女でした。彼女が口にしたのは思いがけない相談だったそうですが、仕事を頑張る女性が陥りやすいケースと稲村さんは言います。続きを読む

受給日の朝
大阪の西成をご存知ですか?
そのなかの「あいりん地区」は社会の常識が一切通用しません。
ここには特有の暗黙のルールがあります。また部外者を寄せつけません。
この地域の生活保護受給者は増加の一途を辿っています。受給日の朝ともなると・・・


貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

全国で群を抜く生活保護受給者を抱える大阪市西成区。月初の「支給日の朝」に区役所を訪れ、我先に現金を手にしようと役所になだれ込む受給者と、周辺でたむろするヤミ金や貧困ビジネス事業者たち、そして山積する問題を前になすすべを持たない行政関係者などに話を聞いてみた。続きを読む

下流老人のNG習慣
人間はいくらもがいても、その行動に大差はありません。
人生、特に老後が豊かになるかどうかは、ほんの些細な差なのかもしれませんね。
さすがにこのNGは・・・一つでも当てはまればダメなような気がします。


できれば老後はお金の心配をせずに暮らしたい……誰もが考える願いかと思います。しかし“下流老人”などの言葉があるように、実際は老後の生活に苦しんでいる人が少なくない様子です。続きを読む

過労老人
生活苦から働き続ける老人が増えているようです。
1ヶ月に17万円や18万円の年金だけでは苦しいらしい・・・うーん。
老後まで、お金に縛られ続ける。これはこれで悲しすぎますね。


貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 年金制度改革法案が、衆議院で可決された。支給額引き下げの新ルールが盛り込まれ、野党は“年金カット法案”と呼んで猛反発。将来の支給額を心配する高齢者が多い。かさむ出費と、細る年金。生活のために過重な仕事を強いられる“過労老人”が、ますます増えそうだ。続きを読む

↑このページのトップヘ