貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

2016年11月

老後破産
年金生活者の赤字額は月に6万円。
これは10年前の約2倍に膨れ上がっています。
収入が多くても老後破産、そんな人も増えているようです。あなたは大丈夫?


貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

会社をリタイアした高齢者が、ギリギリの生活を余儀なくされる「老後破産」が深刻さを増しているという。生活保護を受ける高齢世帯はすでに受給世帯の5割以上に上るとのデータもある。なぜ老後はこれほど厳しくなっているのだろうか。

厚生労働省の調査によれば、生活保護を受給している世帯のうち、65歳以上の高齢者世帯は今春時点で80万世帯を超え、受給世帯全体の約半数を占めている。食べることも難しく、最低限の生活を送れない高齢者世帯は今後も増える可能性があるとの見方は強い。続きを読む

転落 銀行マン
機械の歯車は、ひとつが狂えば用を成しません。
人生の歯車も同じことが言えますね。
エリート銀行マンの転落人生とは・・・さわりだけご覧ください。


貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。続きを読む

風俗嬢
日本には数十万人の風俗嬢がいます。
始めたキッカケは様々ですが、平均月収は月に約50万円。
40歳が「ひとつの壁」で、これを過ぎると月収20万円以下になるようです。
風俗嬢の再就職・・・これが非常に厳しいのが現実です。


貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

風俗嬢の再就職を支援する一般社団法人Grow As People(GAP) には性風俗からの再就職を考える女性たちが多く訪れる。アヤカさん(仮名)もその1人。「昼間の仕事をしても、生活レベルをすぐに落とせるかといったらわからないし、昼間の仕事で人間関係だったり、その仕事がやっていけるかどうかわからないという不安がずっと自分の心の中にあって、そこから逃げていた」。アヤカさんのように一度風俗の仕事をすると、一般の仕事に就職するには様々なハードルがある。Grow As People(GAP) は、そんな風俗嬢たちの再就職を支援している。続きを読む

世代間格差
世代間の年金格差は、かなり細かく試算が出来ます。
現在、20~30代の若者の老後は悲惨なものになりそうですね。
それ以上の世代の人も、徐々に適用されるので他人事ではありませんが・・・


貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

●社会保障体制の崩壊の構図

 あと約10年で、まず年金積立金が底を突き始めます。2015年9月時点で135兆円あった年金積立金(過去の余剰分)は、すでに毎年6~7兆円が取り崩され、株式の運用損もあり、今後またさらに負けが込み急速に減少していきます。先進国はいずれも戦後成長の限界に達し、経済停滞は常態化する兆候をみせているからです。

 年金受給年齢も、現行の65歳以降から70歳、75歳以降へと繰り延べされるか、現行受給額の半分以下の水準へと急減せざるを得なくなるでしょう。日本人のほとんどが満足な貯蓄額もないまま、「老後貧困」地獄に陥る恐れがあります。続きを読む

↑このページのトップヘ