貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

2016年06月

万引き
万引きは窃盗罪です。
窃盗罪を犯した者は、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。
高齢者の万引きが増えているようですが、
当人達に罪の意識は薄いようですね。



 近年、高齢犯罪者が増えている。法務省が昨年発表した「犯罪白書」によれば、2014年の高齢者の検挙人員は4万7252人で、ここ数年横ばいではあるが、1995年の約4倍に増加。そのうちの大半が窃盗で、高齢者の検挙人員の7割以上を占めている。窃盗の内訳は万引きがダントツ。女性に至っては8割が万引きだ。続きを読む

貧困女子
貧困女子の実態について「男性」に聞いています。
当事者の女性に聞かないところがミソかもしれません。
涙ぐましい赤貧さが伝わってくるものもあります。



みなさん、「貧困女子」の存在は知っていますか? 経済的に困っている女性のことで、数年前テレビで取り上げられて話題となりました。身近にももしかしたらいるかもしれませんね。自分のまわりにいる「貧困女子」について男性のみなさんに聞いてみました。続きを読む

共働き夫婦
共働き夫婦は家計管理にも余裕がある・・・
そんな話は今の世の中では通用しないのかもしれません。
住宅ローンが払えずに泥沼へ・・・
ボーナス頼りの返済計画を立ててしまうと思わぬ落とし穴がありますね。
環境の変化に対応しきれず、貧困に陥るケースがあるようです。



シングルマザーや単身女性の貧困が社会問題化するなか、共働き夫婦は比較的家計にも余裕があるとされています。しかし、大手企業の大規模リストラや業績低迷も相次ぐ今の時代。夫婦ともに、いまの仕事を長く続けられるとは限りません。続きを読む

親子
親子・・・温かみを感じる言葉ですが、
引きこもりの40代の息子と、80歳を過ぎた母親との生活ならどうでしょう?
諸事情で共依存で暮らす親子、その先に待っているのは・・・



 貧困問題において家族はセーフティネットだった。しかし今では、その家族の存在が足かせになり親子が揃って共倒れしてしまう悲劇が起きている。親の高齢化、雇用問題、晩婚化……。5/31発売の週刊SPA!に掲載されている特集『40~50代を襲う[親子破産]』ではそんなシリアスすぎる親子の姿に迫っているのだが、ここではその一部を紹介しよう。続きを読む

タクシー代
男性からのタクシー代を懐に入れる「タク代女子」の話題です。
ある女性によると、男性からタクシー代をもらうことが激減したらしい・・・
一晩で5万円前後にもなったこともあるようです。
所詮この世は男と女、狐と狸の化かし合い。



女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちの体験談。

今回お話を伺ったのは・沢田志穂子さん(仮名・34歳)。都内の短大の保育学科を優秀な成績で卒業。保育士免許を持っています。それなのに、現在の貯金残高は953円。手持ちのお金は2000円程度だといいます。しかも、このような状況は日常茶飯事だとか。なんでそんなにお金がないんですか?続きを読む

↑このページのトップヘ