セレブと再婚したい
相手より優位に立とうとするマウンティング女子。
見ているだけでも危ない雰囲気が漂いますが、
実は結婚詐欺のカモだったりするようですよ。過度な虚栄心は身を滅ぼす・・・

シングルマザー、家を買う [ 吉田可奈 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

“マウンティング”という言葉をご存じだろうか。「女性同士が容姿やファッション、仕事や出産など様々な場面においてお互いに格付けし合い、自分の優位性を誇示すること」(『知恵蔵2015』より引用)を指すという。

 この言葉は「マウンティング(女子)」として「2014年ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされた。

 今回は、実際にマウンティング行為にハマってしまって、ぶっ飛んだ行動を取った妻たちを取材してみた。
最貧困シングルマザー [ 鈴木大介 ]   シングルマザー、家を買う [ 吉田可奈 ]

トラコミュ お金を貯める方法 ≫   ワーキングプア(働く貧困層)

恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)
◆女性同士のマウンティング中毒

●実例1:既婚、子持ちなのにセレブと再婚したくて婚活中

 既婚か未婚か、子供の有無に始まり、夫の年収、子供を通わせる学校、果てはマンションの階数まで競っては、少しの優越感に喜ぶか、重い劣等感に苛(さいな)まされる。マウンティングやママカーストは妻たちを暴走させる格好の燃料だ。

「若い頃は『貧乏でも本当に好きな人と結婚したい』って本気で思っていて、実際そうしました。それがまさか、親が言っていた『いい大学出て、いい企業に入って』的な人を欲しがるなんて……」

 後悔の念たっぷりに語るのは、本田香織さん(仮名・34歳)。東京都出身。世田谷区で賃貸マンション暮らし。今年で結婚8年目を迎え、子供は娘が1人。

 だが、年収600万円という夫の稼ぎが気に入らず、その一点で人格まで全否定。「夫と離婚して富裕層と再婚」を至上命題とし、出会いを求めスナックでバイト中。小遣いをもらって関係を持つ客もいる。

「世田谷区のママカーストで生きるのに、今の旦那じゃスペックが低すぎる。世帯年収1000万円くらいが普通だから、ランチに行くのにも気を使われて高い店のママ会には呼ばれなかったり。みじめで、稼げない旦那は無能としか思えなくなって……密かに婚活してるんです。

 去年からスナック的な店でバイトしていて。出会いもあるし、古い女友達とは主婦限定の合コンもたまにします」

 ママカーストの世界で一番にモノをいうのが夫の仕事と収入だ。有名企業に勤めているわけでもなく、高収入でもなければ、カースト下位に甘んじるほかない。それでも承認欲求を満たしたい一心で、妻たちはタガが外れてしまうようだ。


●実例2:料理ブログを読まれる喜びを知って、過食嘔吐に…

 SNSやブログを使って承認欲求を満たすのは、男女ともによくある言動だが、これも火種になりやすい。

 料理が得意な専業主婦、木枝里子さん(仮名・32歳)は、兵庫県出身の32歳。埼玉県の賃貸アパートに結婚3年目の夫とふたり暮らし。

 そんな彼女は、そもそもの性格を根暗と自己分析する。ただし、独身時代から続けている料理ブログでは、別人のような明るいキャラで通し、300人以上のフォロワーがいる。

「アクセスがたくさん来て、『ファンです!』なんて応援コメントもあって。猛烈な快感の後、強迫観念が生まれました。実生活では暗いだけの主婦でも、ネットでは受け入れられている。その状況を手放せなくなったのです」

 そして彼女のレシピがネットニュースに取り上げられると、“自我”が芽生えてしまった。以降、ブログの読者に褒められたい一心で、毎日更新。必要以上に料理を作っては、自分で食べるため、過食嘔吐が習慣になってしまった。吐きながらブログを書き続ける木枝さんを、夫はなすすべなく見ている。

 結婚当初は子供が欲しいと思っていたが、今は摂食障害でそれどころではない。毎日、ブログとクックパッドにレシピを載せることが生きがいだ。ブログ内では夫の職業をクリエーティブ系、港区タワマン在住と偽っている。

◆結婚詐欺師が狙うのはセレブ志向の強いマウンティング妻!

 詐欺師にとってマウンティング好きの女性は、絶好のターゲットらしい。20年のキャリアを誇る元結婚詐欺師が、その理由を解説する。

「時計はロレックス、仕立てのいいスーツを着て、フェラーリで迎えにいく最初のデートは高級中華。一発目で僕が『よくわからないけど超お金持ちな人』だと思わせる。さらに、ありもしない芸能人との交友をほのめかして『こんな人と知り合いってだけで自慢できそう』と印象づけます。

 セレブに仲間入りできるキップを見つけたと一回思ってしまえば、女性は僕が手放せなくなります。たとえ現実ではカネの無心をされトラブルが起き、周りに止められても、『私はダマされてなんかない』という心理が勝るので、事件にもなりにくい。劣等感を抱えた人妻は本当に引っ掛かりやすいですよ」

 結婚詐欺のツールとしてブログを活用。フェラーリやベンツを何台も所有しているかのような書き込みが頻繁になされるが、すべて借り物だという。
https://goo.gl/CHN3tz
私の「貧乏物語」 これからの希望をみつけるために [ 岩波書店 ]