人生のパートナーを選ぶならどれを重視しますか? ルックス、経済力、それともユーモア? どれも大切ですが、いちばん大切なのは「将来性」ではないでしょうか。今回は『将来性のある男性の見分け方』をご紹介したいと思います。
貧乏男


●その1:若いのに貯金熱心は出世の見込みなし
結婚相談所で多くのカップルを見てきたAさんは、将来性のある男性を「チャレンジ精神を持ち、失敗しても自力で這い上がる力のある男」といいます。
逆に、若いうちから貯金に熱心で、自分への投資ができない男性には将来性はナシ。
伸びしろがなく、小さくまとまって終わるパターンが多いようです。
今は冴えない貧乏人に見える男性も、男の器を広げようと自分に投資している最中なのかもしれません。
温かく見守ってあげましょう。
(参考:「恋愛心理☆結婚の悩み」より)

●その2:日々の行動と人間関係で将来性がわかる
恋愛アドバイザーの友野江梨さんは、男性の将来性を「現状」+「野心」+「具体的な行動」+「性格の良さ」といいます。
まずは男性に「夢への野心」があり、日々「具体的な行動」で努力をしているかを見極めることが大事。
また、夢は周囲の協力あってこそ叶うもの。
「性格の良さ」がなければ、いくら才能があっても周囲の人間はついてきません。
気になる男性が人に好かれる努力家なら、狙う価値ありです。
(参考:アメーバブログ「恋愛魂」より)

●その3:コンプレックスは最大のバネ
掲示板サイト発言小町で、仕事ができる男性の見分け方をたずねた女子大生に対し、こんな意見がありました。
「仕事がものすごくできる人は、みんな強いコンプレックスを抱いている」
たしかに、コンプレックスをバネにして頑張った、という成功談をよく聞きます。
もちろん、コンプレックスで卑屈になってしまう男性もいますが、それに負けずに頑張っている男性なら、ぜひ応援してあげましょう。
大バケする可能性大です。
(参考:発言小町「仕事ができる男の人の特徴は?」より)

将来性のある男性の特徴をまとめると、貧乏で、夢想家で、コンプレックスの塊、ということになりそうです。
何だかロクでもない男に思えてきますね。
ですが彼らは、磨けば光る“ダイヤの原石”。
誰もが手を出さないタイプだからこそ、今のうちに捕まえて磨きあげれば良いのです。
それに、玉の輿でつかんだ財産よりも、ふたりでつかんだ成功のほうが、人生における価値はずっと高いのではないでしょうか。
身近な男性の中にも“ダイヤの原石”はいるはずです。
パッと見のステータスにとらわれず、真価のある男性を選んでくださいね。
http://news.livedoor.com/article/detail/11071009/


ダイヤの原石のような男性はいるのでしょうね。極めて稀に・・・果たしてその原石を見極めることが出来るかどうか、これに掛かっているようです。