押し付けられていた絆
引きこもりの30代男性は、なぜ父親を刺殺してしまったか。
100均で買ってきた観葉植物を枯らし、それを父親に責められたから・・・
きっかけは些細なことでしたが、その裏側には屈折した何かがあったようですね。
どう裁かれるのか分りませんが、60代の父親は我が子に命を奪われました。


貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

自宅に引きこもる30代男性はなぜ父親を刺殺してしまったか

 引きこもり当事者だった30代の男性が、60代の父親を包丁で刺して死なせてしまい、殺人罪で起訴されている事件の裁判を傍聴した。事件は、昨年12月30日未明、横浜市の自宅で発生した。翌日の新聞は、こう小さく報じている。

<30日午前1時20分頃、マンションの一室から「父親を刺した」と110番通報があった。駆けつけた警察署員らがリビングで胸から血を流して倒れている男性を発見、男性は搬送先の病院で死亡が確認された。警察は、通報した自称作業員の男(32)を殺人未遂容疑で逮捕した>

 第一報でもあり、おそらく警察発表をそのまま報じた内容なのだろう。しかし、事件に至った背景や実態は、この記事から伝わる印象とは大きく異なる。

 被告人となったAさん(現在33歳)は、両親と兄の4人家族。事件の起きる1ヵ月ほど前、当時通っていた自助グループの友人の勧めで『体験談1983―2015』を書き綴っていた。

 自分の人生を振り返り、A4用紙で13枚に及ぶ体験談。もともと支援者に配布されたものだが、縁あってAさんの意向により、事件後、筆者の元にも届けられていた。

 体験談には、長い不登校と引きこもり期間を経て、家族との関係のことや、出会いをきっかけに様々な人に支えられながら自立を目指していた様子などが記されている。ちなみに、支援者の紹介で就労支援事業の作業所を利用したことはあるものの、ニュースで報じられた「自称作業員」という表現は、この作業所のことと混同したと思われ、正確ではない。

 体験談の書き出しは、こう始まる。

<1993年10歳 いつだって僕は誰にも心を閉ざしていた。小学校5年生で学校に行けなくなった時から、いつだってそうだった。僕の中を支配していた、自意識と言う名の迷宮から抜け出すまでは。>

 学校に行けなくなったのは、担任が「厳しいけれど優しい人だった」女性から、若い男性の担任に代わり、「そりが合わなくて、安心できない」ことが原因の1つだったという。

 95年、中学の入学式は「勇気を出して行ってみた」ものの、クラスに小学5年のときのクラスメイトがいて気まずくなり、その後、一度も学校に行っていない。翌96年、引っ越して自分の部屋を与えられてからは、完全に部屋から出られなくなった。

<中ではテレビばかり見ていてそれをビデオに録画して何度も何度も繰り返し見ていた。それか1日中ヘッドフォンをして音楽を聴くか、新聞を読むというより眺めて1日が終わっていき、何も代わり映えのない毎日、時間だけが過ぎていく焦燥感、そういうものに押し潰されそうで兄や母親に対する怒りでノイローゼに近い状態だった>

 Aさんの「兄が自分のことを嫌っていると思って、風呂とトイレの時以外は部屋からは出られなくなる」状態は、兄が家を出て、アパートで1人暮らしを始める2004年まで続くことになる。  宗教に熱心だった母親は、身体に違和感があるのを知りながら、1年にわたって病院の検査を受けるのを拒み、日に日に衰弱。2011年に亡くなった。最後にAさんは、今まで言えなかった「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えたことが良かったという。

 そして、前年から通い始めていた生活支援センターとともに、翌2012年からは、その合間に作業所やデイケアにも通うようになった。一方、1年の約半分を出張している父親と自宅マンションで2人暮らしになり、2人で酒を飲むことも多くなった。

事件当時の心の動きが浮き彫りに裁判員裁判での弁護人との会話

 12月9日、横浜地裁で開かれた裁判員裁判(松田俊哉裁判長)。被告人質問で、弁護側はまず、事件に至る背景となった家族関係を浮き彫りにしていく。

弁護人「ご両親の仲は良かったですか?」

被告人「あまり良くなかったです」

弁護人「お父さんは、お酒を飲んで、お母さんとケンカすることはありましたか?」

被告人「ふてくされて母のことをよく叱責していた。僕はいまだに心の傷になってます」

弁護人「お母さんはどんな人でしたか?」

被告人「狭い世界に生きている印象でした」

弁護人「小学生の頃はどんな関係でしたか?」

被告人「学校へ行かなくなる前は、普通の母親だった」

弁護人「お兄さんとの仲はどうですか?」

被告人「兄はいつも高圧的で、気に入らないことがあると、僕の引き出しの中をぐちゃぐちゃにされたり、アスファルトに頭を叩きつけられたり……、いくつか忘れられないことがあります。兄に逆らうと反撃されるので怖かったです」

 そして、小学5年の2学期から学校に行けなくなった。 

弁護人「お母さんは不登校を許してくれましたか?」

被告人「最初は“学校行きなさい”と言われ、強引に連れて行かれたこともあります」

弁護人「不登校について、お父さんから何か言われたことはありますか?」

被告人「ないです。基本的に、父は母に任せていた感じでした」

兄への恐怖心と母親の言葉の攻撃が引きこもる日々へと誘った

 中学2年のとき、引っ越しを契機に自分の部屋に引きこもるようになる。

弁護人「引きこもってしまった理由は?」

被告人「兄に対する恐怖心と、母親の言葉の攻撃に耐えられなかった。一方的にまくし立てられ、自分の置かれている状況を母に説明することができなかったんです」

 部屋から出られるようになったのは、8年後の21歳になったとき。しかし、外出できるようになるまでは、さらに時間がかかった。

弁護人「部屋から出られた理由は?」

被告人「兄が家を出たからです」

弁護人「22歳のとき、お兄さんが喪服を取りに帰宅しましたね。そのとき、包丁を持ち出してしまった理由は?」

被告人「せっかく安心して家にいられるようになったのに、兄が帰ってきて、今までの恐怖心がよみがえった」

弁護人「そのことで、お父さんから何か言われましたか?」

被告人「とくに何も言われませんでした」

父親と共に酒浸りの日々へ生活支援センターでもトラブルに

 28歳のとき、母親が病気で亡くなる。母への見舞いで、兄と6年ぶりに再会した。

弁護人「そのとき、お兄さんに対して、以前感じていた恐怖心はあったか?」

被告人「最初は不安とイライラで胃が痛かった。だんだん慣れてきて、兄に歩み寄らなければって思い、次第に恐怖心はなくなりました」

弁護人「父と2人暮らしになって、お父さんのお酒の量は?」

被告人「母がいたときはセーブしてたのに、歯止めが利かなくなって、僕も一緒に飲むようになって酒の量が増えました」

 1年ほど後、Aさんは通っていた生活支援センターでトラブルを起こした。

弁護人「どんなトラブルですか?」

被告人「利用者が“表に出ろ”って因縁をつけてきたんです。その人は出入り禁止になりました」

弁護人「翌年、その人とまたトラブルになってしまって、支援センターで包丁を持ち出したのですか?」

被告人「兄に対する恐怖心と同じものを感じたんです。焦燥感と閉塞感に押し潰されそうだった。父も夜中まで酒を飲んでいて、僕は吐いていて、ずっと悩んでいました」

弁護人「包丁を持ち出したきっかけは?」

被告人「その人がスタッフに僕の悪口を言っていたんです。我慢していたものが抑えられなくなって。台所でスタッフに止められて、落ち着いた」

 31歳のとき、父親が酒気帯び運転で人身事故を起こす。逮捕され、免許も取り消された。

弁護人「事故後、お父さんはお酒を控えたか?」

被告人「釈放されて、すぐ焼酎を飲んでいました」

 その後、2人は横浜市のマンションに転居し、Aさんは市の生活支援センターで、最低賃金を得られるA型作業所と、通信制高校に通うことを目指した。

弁護人「A型作業所に行きたかった理由は?」

被告人「父から自立したい気持ちが強くなった」

弁護人「どのくらい通ってましたか?」

被告人「週に4日です」

弁護人「頑張った実感は?」

被告人「ミツバチを育ててはちみつをつくる農作業は、充実感がありました」

このまま一緒にいると親子共倒れになってしまう

弁護人「体験談をお父さんに読んでもらいましたか?」

被告人「もらえなかったです」

弁護人「お酒の飲み方は?」

被告人「父親は出張から帰ってくると、昼間から飲んでました」

弁護人「どうしてほしかったですか」

被告人「父と酒なしで話したかった。このまま一緒にいると、親子共倒れになるって不安が常にあって、だから自立したかった」

 2015年12月28日、午後5時頃、父親は出張先から帰宅。すぐハイボールを飲み始めた。

弁護人「お父さんから何を言われましたか?」

被告人「100円ショップで買った観葉植物が少し枯れている。“ちゃんと水やらなきゃダメじゃないか”“この観葉植物は、父と子の絆なんだ”と言われました」

弁護人「以前から、絆と言われていたのか?」

被告人「その日に初めて、勝手に決め付けられました」

弁護人「観葉植物を枯らしたことをお父さんに謝りましたか?」

被告人「何度も謝りましたが、許してくれなかった」

気が付くと父親の胸に包丁が……求めても得られなかった親子の絆

 翌29日、父親は朝から焼酎を飲んでいた。夕食は、父がリビングのテーブル、Aさんが自分の部屋で、いつものように別々にとった。

 Aさんは夕食後、ハイボールを飲み、本を読みながら音楽を聴いた。そのうち、酔いで記憶がおぼろげになった。

 次に覚えていることは、向かい合った父の胸のあたりに包丁が刺さっている場面が脳裏に焼き付いていて、それまでの記憶がないと陳述する。

 その後、Aさんは「傍観しているような感じで」110番したという。Aさんは法廷で、こう訴える。

「取り返しのつかないことをしてしまったという後悔の念とともに、複雑な気持ちがある。父が100円ショップの観葉植物を枯らしてしまったことを“父と僕の絆”だとしつこく責めてきた。たかだか100円の観葉植物が枯れたくらいで壊れる絆なんて、最初から存在しないという思いがある。絆って言うのなら、昼から夜中まで飲んでないで、ちゃんと話し合う時間をつくってほしかった」

 一方、検察官は、13日に行われた被告人質問で、被告人の犯行に至る身勝手さを印象付けようとした。

検察官「お父さんは、1ヵ月も2ヵ月も出張して、引きこもりのあなたの面倒を見て、帰ってきたら大事にしていた観葉植物が枯れてた。お父さんの気持ちになって考えたことはあるか?」

被告「あります」

検察官「その気持ち、事件当時は理解できてたの?」

被告「できなかったです。なぜ事件に至ったのか、一線を超えた瞬間が、僕の中でわからなかった」

検察官「自分のことをわかってくれと言っているだけで、他人のことをわかってないのでは?」

被告「それもあると思います」

検察官「事件起こしたことと何か関係あるのか?」

被告「父との関係も、母との関係も、お互いが一方通行だった。今となっては、父や母の思いがわかるけど、兄との関係も、糸がこんがらがってしまった。引きこもりたくて引きこもったわけではない。いろんな状況が重なった」

 また、検察側の証人として証言に立ったのが、被害者の母親でもある被告人の祖母(91歳)。

検察官「A君が精神的に過敏だと感じたことはありますか?」

祖母「……」

検察官「答えにくいですか?以前そう検察官の前で言ってました。A君を前にすると言いにくいですか?」

祖母「はい」

検察官「自宅で暴れたことがあると聞いたことは?」

祖母「私はあまり聞いてないです」

検察官「あまり聞いたことはないけど、聞いたことはありますよね?」

祖母「……だと思います」

検察官「A君はお母さんのことを好きじゃなかった?」

祖母「お母さんのほうが……」

検察官「いやお母さんの話ではなく…」

 こんな感じで検察官が誘導するように引き出そうとするやりとりがしばらく続いた後、孫が不憫に思えたのか、最後に祖母はこう明かした。

「少しでもAのためになるのかなと思って受けたのですが……。あの子のためにならないんじゃないかと思いました」

弁護人「兄弟げんかしているところを母親はどうしてましたか」

祖母「Aだけを注意してました」

弁護人「どう思いましたか?」

祖母「間違ってるなと思いました」

裁判員「Aさんは面会に行ったとき、どんな話をしていましたか?」

祖母「お母さんとの生活で、こんなに我慢していたことがあったんだと、初めて聞いたこともある。几帳面だったのかな……」

 そして、弁護人が「いちばん心配なこと」を尋ねると、このときはハッキリと、こう答えた。

「Aが帰ってきたときに、誰もいないということです」

 13日の公判では、被告人を精神鑑定した医師が「精神疾患や発達障害などではなく、パーソナリティ障害」と診断したことを証言した。

 裁判は、15日に検察からの論告求刑を受け、19日に判決が下される。
https://goo.gl/6XFnx7