正月が終わり、いつもの生活リズムに戻った頃だと思います。今月の支出はどうですか? 少し遣いすぎていませんか? そんな反省を踏まえつつ食費を節約する方法です。
スーパー


■スーパーに買い物へ行く回数を減らす
食費が多いなぁと感じている人は、スーパーに買い物に行く回数が非常に多いです。「週何回くらい行きますか?」と聞きますと、「ほぼ毎日」という方が大半です。毎日行く人は、毎日その日の夕飯の買い物をするわけではありません。基本、週2~3回まとめ買いをするのですが、まとめ買いの時に忘れたものを毎日買いに行くそうです。
その時に、買い忘れたものだけを買うのならいいのですが、大抵ついでに何か買っています。このついでで買っているものは必要なものでないことが多く、食費を増やす原因となっています。買い忘れたものを買う時は、「買い忘れたものだけ」を買いに行きましょう。

■「まぁいっか」と思って買い物に行かないようにする
買い忘れのモノを聞いてみると、どんなものが多いかというと、「カレーの時のらっきょ」「朝食のヨーグルト」「サラダのトマト」などなどのようです。
極論言うと、「なくても料理はできるもの」ですよね。あった方がいいけど、なくてもいいもの、です。こういうものは「まぁいっか」と思って買いに行かないようにしましょう。買い物に行かなければ、余分なモノも買わないですよね。

■かごに入れる前に商品をジッとみる
スーパーでは買い物かごを使って買い物をしているかと思います。特にカートを使っていると重さも感じませんので、ポイポイ品物を入れていないでしょうか? 買い物かごに商品を入れる時に、その商品をジッと見て「本当にいるものよね?」と考えてみてください。
意外に必要でないものも、「100円だし」とか「置いておいたら使うかも」と思って何気なく購入しているかもしれません。そういうものは大抵は家によく似たものがあったり、すでに買っていてストックが残っている場合が大半です。
家計の中で食費の支出が多いなぁと思っている人は、実は何気なく不要なモノを買っている場合があります。この3つの行動は不要なモノを買わなくするにはとっても役に立つ方法ですので、是非実践してみてください。
http://news.livedoor.com/article/detail/11004867/


つい無駄なものまで買うと出費は多くなります。不要なものは買わない。ストックは最低限にする。これだけでも食費は変わってきますね。小さなことが出来るようになると大きな節約に繋がりますよ。