貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

55歳
バブル全盛期、フリーライターだった男性が、
メンタルの病気を患い借金をし、その後に自己破産。
今は奥さんと一緒に生活保護で糧を得ています。
色々と少しづつ考え方がズレていますが・・・そこがまた悲しい。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

約束の時間を30分ほど過ぎた頃、マサヤさん(仮名、55歳)が現れた。席に着くなり手渡されたのは、ずっしりと重い黒の手提げかばん。かばんの中には、かつてフリーライターとして活躍した頃に手掛けた署名記事が載った雑誌や、自身の略歴などをまとめた分厚い資料が詰め込まれていた。

 「これがあれば私のことがわかってもらえると思って」。屈託のない笑顔でそう言った。

自己破産で生活保護・・・55歳の元フリー の続きを読む >>

義父との一線
私の知り合いに、義父(夫の親)との子どもを出産した女性がいます。
夫が働かず貧しく、少しでも家計が楽になることを期待して年金暮らしの義父と同居。
しかし、夫が留守の時に義父に襲われ妊娠、女児を出産。
数年後、お子さんは病気で亡くなるのですが・・・

現代で「義父との一線」というと何やらドロドロしたものを感じますが、
紫式部が著した『源氏物語』となると、かなり趣が違ってきます。
養女である玉鬘(たまかずら)に思いを寄せる光源氏・・・


大貧帳 (中公文庫) [ 内田 百間 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「なんだか怪しいものを感じる」グサリと刺さる妻の釘

若き日の恋人、夕顔の忘れ形見の玉鬘。日に日に母親に似てくる彼女を見て、たまらなくなった源氏は思わず紫の上に話します。「不思議に人を引きつける魅力のある娘だよ。母親(夕顔)は大人しすぎるくらいの人だったけど、玉鬘は物事をよくわきまえて、しっかりしているから安心だ」。

その口ぶりから怪しいものを感じた紫の上は「なんだかお気の毒ね。あなたをそこまで信頼なさっていて。私だって、あなたをお父様かお兄様だと心から信じていた時期がありましたわ」。ギクッ!源氏は内心(鋭い!これはヤバイな)と思いつつ、「そんなことはない」と否定。その後も引き続き、足繁く玉鬘の部屋を訪れます。

禁断・・・義父との一線 の続きを読む >>

最凶の鬼嫁
男性は、一家の収入面で大きな役割を担っていると思います。
しかし「甲斐性なしの夫」の場合はどうでしょう?
妻や家族に蔑まれ罵倒される毎日・・・
面白おかしく書いてありますが、これほどのホラーはありませんね。


難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [ 山崎元 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

愛し合って結婚したはずの妻。しかし、結婚して数年も経てば、ただの同居人となり、そして、いつしか憎しみすら感じ合う仲になってしまうことも……。今回は、そんな夫婦関係に悩む夫たちに聞いた、妻からの“痛恨の一撃”的なひと言を集めてみました。結婚生活の真実が、ここにある……かもしれない!?

恐怖・・・最凶の鬼嫁 の続きを読む >>

最晩年貧乏
人生100年時代に突入しましたが、
実際に100歳まで生きることが出来る確率は、
男性は2%弱、女性の場合は7%ほどです。100歳の壁はかなり高そうですね。
しかし、これが90歳まで生きられる割合となると・・・
男性は4人に1人、女性は2人に1人が90歳まで生きることが出来ます。
最晩年が貧乏だと・・・辛いものがありそうですね。


難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [ 山崎元 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

読者は、そこまで長生きしない方が多いのだろうが、「人生は、思っていたよりも長い」という現実に直面する覚悟が必要だ。長寿化自体は結構なことなのだが、健康、人間関係、お金などの面で、対応するためにはそれなりの苦労がある。

 これらの問題のうち、今回は、リタイアメント後を意識した「高齢期のお金の扱い方」について書いてみたい。

最晩年・・・貧乏 の続きを読む >>

↑このページのトップヘ