貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。嘘じゃないガチ貧乏は悲しく切ない。

クズすぎる、『連ちゃんパパ』
ネットのパチンコ漫画が話題になっています。
ほのぼの系タッチの漫画なのですが主人公がクズすぎて…
『連ちゃんパパ』のあらすじは、
高校教師だった主人公の妻が、ある日突然失踪。
一人息子と一緒に妻探しの旅に出るのですが、
ギャンブルと無縁の生き方をしてきたのに、
パチンコに嵌りダーティな世界に身を落としていきます。
身を滅ぼす負けの方程式みたいなものがありますが、あれですね。
『連ちゃんパパ』でネット検索すれば見ることが出来ます。

7月31日まで無料→ https://www.mangaz.com/book/detail/202371

一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

外出自粛が続く5月上旬、『連ちゃんパパ』なる漫画が突如としてネット上で大きく拡散するという出来事があった。

クズすぎる、パチンコ漫画 の続きを読む >>

普通、みんなが持ってる1000万円
貯金ゼロの人が多いとかネットニュースになり、
私もブログで取り上げたことがありますが、
最新の総務省のデータによると、
『みんな普通に1000万円の貯金がある』ことが判明しました。
驚いています。貧乏人の僻みだと思いますがガッカリです。
世間の人は大した貯金額が無いとアナウンスされていたので、
心の底から信じていました。何かに裏切られた感じかな。
今から1000万円の貯蓄はどうやっても無理だし…


一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

ほんとうに持っていた!驚愕のデータ
コロナ時代に突入し、米国の失業率は14.7%にも達し、国内への影響も懸念されます。現在、リモートワークなども多くの方が経験され、就業環境も大きく変わりつつあります。その中で、お金に事が心配になってきている方も多いのではないでしょうか。

ガッカリ、みんな普通に1000万円持っている の続きを読む >>

赤字、落とし穴
お得だと思っていたことが逆効果になることはありますね。
今日は「やりくりの落とし穴」です。
「やりくり」という言葉は私には無縁かな。
「やりくり算段」を考え始めると疲れてしょうがありません。
自然体で一番安いのを選ぶようにしています。
毎月支払う有料サービスなんてとんでもない。
貧乏にそんな贅沢は出来ません。そもそも発想もお金もない。


一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

どうせ買うならお得に買いたいというのが、みんなの本音。「本日限りのSALE品」や「2個買うと10%OFF」などという言葉たちは、とても魅力的に聞こえますよね。しかし、そこに騙されてはいけません。一見お得に見えるものにこそ「やりくりの落とし穴」が潜んでいるんです。

赤字家計の、落とし穴 の続きを読む >>

車上生活者
車の中で生活している人を見たことがあります。
今、道の駅でも車上生活者が増えすぎているようですね。
生まれながらに貧困を背負う人もおり、
個々人別の救いの手を差し伸べることの難しさはあるようです。
年収100万円では、東京で部屋を借りて生活するのは無理かな。
母の遺骨と一緒に車上生活をする…現代日本の悲しい現実です。


一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「貧困」と聞くと、私たちはまずホームレスや生活保護受給者などを思い浮かべる。最近では、シングルマザーのような女性の貧困にも目が向けられるようになってきた。

年収100万円、車上生活 の続きを読む >>

↑このページのトップヘ