貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。びんびん貧乏、びんびんビンボー

6貧乏
お金の管理が出来ない人はいますよね。
特にダメ夫の実態が酷い。
浪費、ギャンブル、ゲーム課金に借金…
どれも目を覆いたくなるものばかりです。
ゲーム課金で何十万円なんて気が知れませんよね。
バーチャルなゲーム空間でお金を使っても何も残りません。
そんなことなら家族で旅行とか美味しいもの食べるとか…ねえ。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

夫婦になって子育てが始まると、家族で家計を回していく必要があります。そんな中、夫との金銭感覚の違いに苦しんでいる人は多いようです。今回は、「お金の管理ができない夫」について、ネットアンケートに寄せられたエピソードの中からご紹介します!

ダメ夫、お金の管理が の続きを読む >>

7貧乏
詐欺で騙されて借金が1600万円に膨れ上がり、
自己破産に追い込まれた40代男性の話です。
関わった会社が胡散臭すぎましたね。
命まで取られなかったのを善しとしなければいけないのかも…
それにしても・・・甘すぎます。
生まれたての小鹿のバンビじゃないんですから、
危機感だけは持って生きなければ…
この人また、近々にも騙されそうな予感が。


派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]
令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]   お金本 [ 左右社編集部 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「電話が鳴るたびに、恐怖を覚えました」

詐欺に遭った当時を振り返り、40代男性は唇を震わせます。

「10社近いカード会社から、次々に支払いの催促電話がかかってきて、早朝から『口座からの引き落しができません』のメールも届きます。ポストには、支払いを催促する書面があふれて、生きた心地がしない毎日でした」

騙されて、1600万円 の続きを読む >>

8貧乏
カレの実家が貧乏な団地住まいで、
結婚に悩んでいる女性の相談がネットに書き込まれました。
団地=貧乏とは限りませんが、団地に低所得者が多いのも事実です。
義両親になる人たちは生活に余裕がなくカツカツならば、
この先、いくらか援助が必要になってきそうですね。
お金の心配は切実な問題なので、この結婚は諦めた方がいいかも…
好きだけでは続かないのが結婚ですから。


一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

パートナーの実家が経済的に困窮していると、いくら好意があっても結婚をためらってしまうものだ。お悩み解決掲示板に9月中旬、「彼氏の実家が団地住まいであるため、結婚して良いのか悩んでいる」という相談が寄せられた。

貧乏が心配、実家が団地 の続きを読む >>

3貧乏
今秋、年代別二人以上世帯の平均貯蓄額が発表されました。
他人の貯金を知っても自分のが増えるわけではありませんが、
それでも他人の財布は気になります…
二人以上世帯の平均貯蓄額は1000万円超で、中央値は400万円超。
平均より中央値を参考にすべきだと思いますが、
目標とするなら50歳代の1574万円(中央値で1000万円)かな。
定年前に1000万円の貯蓄・・・それにしてもみなさん、持ってますよね~


名前のない女たち貧困AV嬢の独白 [ 中村淳彦 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

◆60歳代の貯蓄額の中央値は650万円で、老後に不安は残る
金融広報中央委員会が毎年調査している「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」によると、二人以上世帯の平均貯蓄額は1139万円、中央値は419万円という結果になりました。

みんなの平均貯蓄額、2020秋 の続きを読む >>

1貧乏
今日は「令和のヘソクリ事情」です。
へそくり経験者は6割を超えていて、
へそくり金額の最多は10万円未満のようですね。
金額は年齢によって開きがあると思いますが、
私的には一家の主婦として100万円が理想かな…
あくまでも理想なので、現実は数万円しかありませんけどね。
目標が高いと、いつか達成する気だけにはなれます。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

他人のお財布事情は何かと気になるが、親しい友人にもなかなか聞けないのが「へそくり」の実態だ。もしものときの貯えとして、実は戦国時代には「女のたしなみ」とまでいわれたへそくりだが、その実態はどうなっているのか。

へそくり調査、見つからない隠し場所 の続きを読む >>

↑このページのトップヘ