貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。びんびん貧乏、びんびんビンボー

2貧乏
「お金能力」なるものがあるようですね。
読んでみるとお金を管理するチカラのようです。
私はと言うと・・・給料額は大体しか知らず、記帳は年に数回、
クレジットカードの支払額には神経をとがらせていますが、
他のことは、すこし大らかすぎるかもしれません。
先々のイメージなんて全然浮かんできません。
今日を生きるのに必死すぎて想像力が働かないんですよね。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

生活する上でお金能力は必須スキル
「自分のお金について知らない、よく分からない」といったお金能力がゼロの人がいます。

お金が人生の全てとはいいませんが、これからの生活を考えるとお金の管理は必須です。お金能力ゼロの人が、まず始めたいことを考えてみましょう。

お金能力、0の人 の続きを読む >>

1貧乏
ネットニュースで、世帯年収400万円の人が、
「昼食はカップ麺」だと生活苦を強調する記事が出ていました。
それに対して「カップ麺なんて贅沢品なんだよ」や、
「弁当作れ」といった怒りの声が上がっていました。
節約自慢や貧乏自慢はピントがズレてると腹が立つものです。
私も、昼食にカップ麺は贅沢品だと思います。
奮発したとしても袋麺かな。


一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

世帯年収400~600万円の「昼食はカップ麺」になぜか厳しい声 
ニュースサイトが配信した「世帯年収400~600万円の実情『昼食はカップ麺。毎月カツカツ』」という記事が、ネット上で話題となった。年収400~600万円世帯の声を伝えたもので、とりわけ

年収400万円でカップ麺 の続きを読む >>

3貧乏

突然、会社を辞めてきた夫・・・妻によるリアルレポです。
こういう社会情勢なので気分も不安定になりがちですよね。
そこにきて収入が無くなると…
金銭的なピンチは、とっても神経をすり減らします。
この家族のその後が心配だな。
他人のことを心配するほど、我が家も余裕はないんですけどね。


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

新型コロナウイルスによって、働き方は大きく変わりました。働き方のみならず、フリーランスで働いている筆者は、いつ、どのような状況で収入が激減するか予測がつきません。そんな不安な状況の中、夫が突然、会社を辞めてくるという我が家にとって衝撃的な事件が起こりました。

収入0、無職になった夫 の続きを読む >>

4貧乏
ひきこもり履歴30年以上、49歳男性の身の回りの世話をする年老いた母。
83歳になった母は、未だ終わらない子育ての日々を送っています。
8050問題は当事者の更なる高齢化に伴い深刻さを増していますね。
全てを一旦、リセットする必要があるように思えますが、
本人たちにその気にならなければ、どうすることも出来ません。
不幸な未来にならないようにしてほしいものですね。
光はどこかに、必ずあると思います。


名前のない女たち貧困AV嬢の独白 [ 中村淳彦 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

ひきこもりは30年以上
「ひきこもりという言葉がない時代から、ひきこもり。母がいなくなったらきっと生きられない」

83歳になっても、終わらない子育て の続きを読む >>

5貧乏

思わぬ臨時出費が重なって貯金ゼロになってしまいました。
もしもの備えとして、50万か100万を手元に置いておきたいかな。
一度には貯まらないので気長に取り組むしかありません。
しかし老後のことを考えると、あまり時間がないような気もします。
まずは簡単な節約から…
3つのヒントを見つけました。せめてこれぐらいは…


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

経済的に余裕がない貯蓄ゼロの人が今の生活をそのまま続けていても、収入が増えなければ、貯金できる確率は限りなくゼロに近いのではないでしょうか?

貯金0円からの の続きを読む >>

↑このページのトップヘ