貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

離婚の決め手
誰もが、離婚するつもりで結婚はしないと思います。
しかし、現実は3組に1組が離婚しています。
離婚を決めた、最後の言葉や出来事は何だったのでしょう?
海外の掲示板に書かれたものですが、
そのまま、この国にも当てはまりそうですね。
かなり、辛そうなのもあります。簡単に立ち直れないだろうな・・・


大貧帳 (中公文庫) [ 内田 百間 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

離婚は人生に大きな打撃を与えるので、決断までにかなりの時間や労力を費やす人が多いものです。

関係を修復する努力や妥協をしても離婚に至ることがありますが、いったいその決め手は何だったのでしょうか。

海外掲示板に寄せられた、離婚経験者たちの 「最後の一打は何だったのか」 に対する回答をご紹介します。

男と女・・・離婚の決め手 の続きを読む >>

夫いじめ
夫は暴力的で妻は、か弱い・・・
こんなのはただの幻想かもしれません。
妻からの「夫いじめ」が陰湿で恐い。
風呂にも入らせてもらえず、安物ばかりを与えられ、
こうなると解決策を探すよりも離婚したほうが、お互いのためかも。


大貧帳 (中公文庫) [ 内田 百間 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

いじめは子どもたちだけの問題ではなく、大人社会にも存在します。それは、たとえば最も身近なコミュニティである家庭においても起こり得ることです。

「妻からのいじめ被害を訴える夫は少なくありません」と語るのは、夫婦問題専門家として、これまで2万件以上の相談に乗ってきた岡野あつこさん。その実態について聞きました。

妻のストレス・・・夫いじめ の続きを読む >>

長生き地獄
膨れ上がる我が国の医療費。
生涯医療費は、国民一人当たりで約2500万円も必要なようです。
70歳以上の高齢者期に集中して、生涯の約半分の医療費が費やされるとか・・・
延命措置をするかしないかで、家族の負担額もかなり違ってきます。
人生の最期を、どう迎えたいですか?


大貧帳 (中公文庫) [ 内田 百間 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

日本人の寿命が延び続けている。2016年9月、厚生労働省は「100歳以上の高齢者が全国に6万5692人に。46年連続の増加」と発表した。医療の発展や栄養・衛生・環境状態などの向上から、わたしたちの寿命は延び続けている。しかし、心から喜べないのはなぜか。

 最近、よく聞かれる「長生きなんかしたくない」という声。高齢者のみならず、20代の若い人まで長生きを恐れている。仕事の不安、結婚して生活できるかの不安、年金の不安などで、長生きが幸せにつながらないという背景があるようだ。



 いま、実際に長生きの現場では何が起きているのか? 

 ノンフィクション作家・松原惇子さんは、著書『長生き地獄』(SB新書)で、延命治療、在宅医療、有料老人ホーム、孤独死など、さまざまな長生きの現場を徹底取材し、その実態を書いた。松原さんは現場取材から、日本には“死にたくても死なせてもらえない高齢者”が大勢いることを知り、愕然(がくぜん)としたと言う。そんな松原さんが見た“死ねない現場”とはーー。

長生き地獄・・・残酷な最期 の続きを読む >>

胸糞な毒親
どんな親でも、子の幸せを願っていると思いますか?
子は親を選ぶことは出来ません。
毒々しい親の元に生まれたならば、少なくとも成人するまでは地獄です。
子どもの、心も体もボロボロにし金銭的にも追い込む、
そんな酷い親はいます。これが現実です。
毒親は後悔なんてしません。疎遠になるのが一番です。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

10月上旬に『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』(dZERO刊)というタイトルで売り出した。

紹介するのは、関西に住んでいる46歳の女性の手紙だ。



■子どもの自尊心を壊し、カネを無心する母親

母へ。あなたの足音や気配にいつもびくびくしながらすごしていました。

初潮が来た時は「他の子より早い。ませてる」と言い、ナプキンの使い方がわからず困ってる私を無視。私は下着を汚し、自分が汚い存在に思えてトイレで泣きました。翌日、あなたはめんどうくさそうにご近所に「早々に生理が来て恥ずかしい」と言いながら赤飯を配り、私は「私は恥ずかしい人間。人に迷惑をかけぬよう、母の言う通り生きなければ」と思うようになっていました。

毒親・・・カネの無心 の続きを読む >>

↑このページのトップヘ