貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

シングルマザー
シングルマザーの実際の生活水準はどうなっているのでしょう?
平均年間就労収入は181万円で、アルバイト・パートになると125万円だそうです。
公的支援がないと、子どもを育てるのは厳しいですね。



ひとり親家庭が珍しかったのは、もう昔の話。いまやシングルマザー・シングルファーザーの存在は当たり前の時代になりました。

そんななか、近年よく取り上げられているのがシングルマザーと貧困の問題です。

よく、テレビや雑誌で「子どもにお腹いっぱいご飯を食べさせてあげられない」「長時間働けないのでできる仕事がない」などの悲痛な声が取り上げられています。

そこで、筆者のまわりのシングルマザーに、実際のところ生活状況はどうなのか、どんな支援を受けているのかについて聞いてみました。

シングルマザーの平均年収はわずか181万円!

まず、シングルマザーの一般的な収入を見ていきましょう。

厚生労働省による平成23年度全国母子世帯等調査によると、母子世帯は約124万世帯(内、母子のみの世帯は約76万世帯)。平均年間就労収入は181万円で、アルバイト・パートになると125万円だそうです。

これは、月収にして約15万円。子どもが小さいうちならなんとか過ごせるかもしれませんが、家賃や光熱費・食費などの必要経費を差し引くとほとんど残らないのは明らかです。

この数字から、シングルマザーは常に経済的な不安と隣り合わせということが読み取れるのではないでしょうか。

自分のサイズに合う洋服や満足な食事はもちろん、住むところも相当限定されてしまうでしょう。

ただ、こういったデータだけでは、身近にシングルマザーがいない人には実感がわきにくいかもしれません。そんな人のために、筆者の周囲のシングルマザーに聞いた、生活費や支援、助成金実態をお伝えします。

【将来が不安】 シングルマザーの平均年収 の続きを読む >>

小銭
貧困にあえぐ人々の声を、幅広い世代から聞いています。
熟年離婚をされた50代の男性・・・他人事ではありませんね。



年功序列の賃金も、年金もあてにできない現代。子どもたち、未婚女性、シングルマザー、高齢者……と、幅広い世代で貧困にあえぐ人々が増えている。そこで街の人の声を聞いた。

「保育園落ちた日本死ね」発言が国会で取り上げられて以降、子育てや労働環境を見直そうという風潮が強まる昨今。

「保育園に預けられないから、働きたくても働けない。結局、無認可の保育園に預けたものの、認可に比べると無認可は保育料が高額。ようやくパートとして働くことができたけど保育料がパート代を上回り働いている意味がわからなくなった。ノイローゼになりそうです」(30代・女性)

「舛添都知事の公約のひとつが、『待機児童をゼロにする』だった。でも、フタを開ければ何ひとつ進んでいない。権力者の驕奢な暮らしを支えるために、私たちは爪に火をともすような子育てをしなければならないの?」(20代・女性)

心まで貧しくなる・・・50代男性 の続きを読む >>

風俗
風俗で働く女性の数・・・30万人。
派遣型(無店舗型)の風俗は増加の一途のようです。
お金ほしさで安易に働き始める女性も多いようですが、
精神的にも肉体的にも病む人が増えています。卒業するのは大変なようです。



 都内に住む女性(27)は限界を感じていた。ホテルなどで客と会う派遣型(無店舗型)風俗「デリヘル」で働き始め4年。3歳下の弟が大学に通う学費や実家の援助のために始めたという。週4日ほど出勤し、月収は30万円ほどになるが、発熱や嘔吐(おうと)という体調不良に頻繁に襲われていた。

【40歳の壁】 風俗からの卒業 の続きを読む >>

パパ活
「パパ活」というものがあるらしい・・・
建前としては、援助交際(売春)とは違い、体の関係を持たないことらしいのですが、
どうなんでしょう・・・男なんて下心だけで近寄ってきますから、
そんなに甘くはないようです。当たり前ですけど・・・



最近、若い女性の間で広がっているのが『パパ活』です。

ここでいうパパとは、「一緒に過ごしてお小遣いをくれる男性」のことで、援助交際とは違い、体の関係を持たないこと……とされています。

しかし、一緒にいるだけで十分、という下心のない男性はそうそういません。

ときには女性側が危険にさらされたり、警察に突き出されそうになることも……。

なぜ、リスクも大きな『パパ活』が流行しているのでしょうか?

【貧困女子のパパ活】 おじさんと食事で2万円 の続きを読む >>

↑このページのトップヘ