貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

ボロ
自分からすすんで貧乏を選ぶ人がいますね。
本人には自覚がないようですが、無理な生活は破綻します。
貧困女子でもすべてが同情に値しないようです。



女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回お話を伺ったのは、派遣社員の市川千砂さん(仮名・37歳)。彼女は世田谷区内の持ち家(マンション・1LDK)に住んでおり、自分のクルマ(中古のコンパクトドイツ車)まで持っています。有名私立大学の付属小学校からエスカレーターで進学し、大学卒業後はテレビ関連の仕事をしたり、下着のプロデュースを手伝ったり、Web関連の仕事をしていたと言います。

容姿はどちらかというとかわいい系。大ぶりのサングラスの奥には、ぱっちりした目に黒のアイラインを太く入れており、唇にはたっぷりのグロスを塗っています。ファッションはLA風のリラックスカジュアルで、お話を伺った日はインディゴブルーのニット素材のマキシワンピースを着ていました。ネオンイエローの小ぶりなクラッチバッグはあけっぱなしで、中には領収書やカードでパンパンになったフランスブランドの長財布や、画面がひび割れたスマホ、イヤチップ部分が黄色く変色したイヤホン(ショッキングピンク色)が入っています。

足元を見ると、粗末なピンクのビーチサンダル。水色のペディキュアははげており、足の指全体の皮膚が粉を吹いたように乾燥しており、全体的に汚れています。かかとの皮膚がひびわれた部分には黒い汚れが詰まっていますが、お構いなしのようです。

ちなみに、この日は7月半ばにも関わらず、最高気温が26℃という薄曇りの天気。それなのに千砂さんはキャミワンピを着て、肩もデコルテも全開にしていました。このワンピースにも、よく見ると醤油やヨーグルトなど食べこぼしらしきシミがついています。

シミ付ボロ服を着た元プロ彼女・・・貧困女子 の続きを読む >>

借金
借金を繰り返す人には独特の思考回路がありますね。
膨れ上がった借金を苦にして死を選ぶ必要はありませんが、
自己破産する人は・・・何かと懲りない人が多いようです。



 ’10年の改正貸金業法の施行で消費者金融業者が凋落した一方で、銀行カードローンが大幅に伸びている。コンビニやATMで気軽に借りられることもあり、うまく使えば強い味方になる一方で、年収を超すような借金を抱える人も……。ここでは、「年収オーバーどころか、自己破産までしてしまった人」のケースを紹介しよう。

【借金額 474万円】

薄給に耐える派遣社員。カード8枚を焦げ付かせた末に、自己破産

~ 小松隆明さん(仮名・45歳)/派遣社員/年収270万円 ~

 派遣社員として10年来働く小松さんが自己破産をしたのは、昨年8月のことだ。そもそも彼の借金生活の始まりは、20年前に作った銀行カードローンにある。

無計画すぎる借金生活・・・自己破産した派遣社員 の続きを読む >>

ブラック企業
ブラック企業に就職すると、それは恐ろしいことになります。
26歳、勤続10年で手取りが13万円。
今やっと、解放されました。



現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしていく。

 青葉が濃くなり始めた真夏の札幌で、最初に聞いたのは凍えるような真冬の体験談だった。

 会社員のヒロシさん(29歳、仮名)は深夜に帰宅すると、真っ先に厚手のダウンジャケットを着込む。マイカー通勤で薄手のジャケットしか着ていないので、本格的に寒さを感じるのはむしろ自宅に帰ってからだ。2月に入ると、室内の温度が氷点下を下回ることも珍しくない。本当なら、備え付けの灯油ストーブのスイッチを入れたいところだが、暖房費を節約するため、ストーブをつけるのは朝の30分だけと決めている。

 そして、コンビニで買った総菜パンを2個、食べる。カップラーメンで身体を温めるか、栄養面を考えるならせめて弁当にすればいいのにと思うが、湯を沸かす時間が惜しいし、弁当は高いという。とにかく「早く食べて、早く寝たい」。時刻はとっくに零時を過ぎているが、翌朝も定時より1時間早い7時半には出勤しなくてはならない。かじかんだ手でパンの空き袋をゴミ箱に捨てると、ダウンジャケットを着たままベッドにもぐり込む。

■ 勤続10年で手取りは13万円

 専門学校を卒業し、札幌市内の印刷会社に正社員として就職した。パート従業員を合わせても十数人ほどの小さな会社で、ヒロシさんの毎月の手取りは約13万円。勤続10年、この間の昇給額はわずか5000円ほどだ。当初、残業は月約30時間だったが、残業代をもらった記憶はなく、有給休暇を取れるのかと尋ねたときは「うちにはそういうの、ないから」と言われた。

 入社以来、スキージーというヘラ状の特殊な工具を操作して印刷物にインクを伸ばす仕事を任されてきた。インクの粘度や量によって工具の重さは4~5キロになることもあるし、ヘラの角度やかける圧力によってインクの出る量が違ってくる。重労働のうえ、神経を使う仕事である。スキージーを黙々と引いては、押し戻す日々。細身の体形のヒロシさんだが、利き腕の右腕は左腕に比べてひと回り太く、長くなった。

 この会社ではミスをした社員から罰金を徴収する慣習があった。ヒロシさんも入社数年目のころ、インク切れに気がつかずに作業を進めてしまい、商品の一部を廃棄せざるをえなくなったことがある。彼は自分のミスだと認めたうえで、このときは新人教育に追われていたところを、納期に間に合わせるようにせかされ、ついインクの残量を確認するのを忘れてしまったという。

 このときに請求された罰金が約25万円。インク切れには比較的早く気がついたはずだったので、いくら何でも高すぎるのではないかと訴えると、罰金にはこの間のパート従業員らの人件費も含まれているのだと説明された。その後しばらくは、給料日のたびに罰金として1万円を支払い続けたという。

 労働者のミスに罰金を科すことについては、労働基準法などで給料からの一方的な天引きは禁じられているほか、金額にも一定の上限が設けられている。もちろん、正社員に有休がないなどという説明にいたっては100%違法である。ヒロシさんは「ヘンだな、ヘンだなとは思っていました。でも、小さな会社で、社長から直接“うちはそういう決まりだから”と言われると、“はい”と言うしかありませんでした」と振り返る。

29歳の過酷体験・・・手取り13万円 の続きを読む >>

女子校生
最下層女子校生・・・聞きなれない言葉ですが内容は衝撃的です。
彼女達の心の闇は深いものがあります。



 9月1日は、1年の中で少年少女の自殺がもっとも多い日である。夏休みが終わり、新学期が始まるその日に自ら命を絶つのは、彼ら彼女らを絶望の淵に立たせる深い闇が関係している。精神的・肉体的虐待、性暴力、そして貧困や学校でのイジメなどさまざまな要素が複雑に絡み合い、10代20代の若年女子たちの心を蝕んでいるのだ。それがときに自殺などの自傷行為に走らせたり、カラダを売ることによって承認欲求を満たし、生活の糧にせざるを得ない状況がある。そんな女子たちを救おうと、これまで3000人以上の女子に寄り添って話を聞いてきたNPO法人『BONDプロジェクト』代表の橘ジュン氏が、このほど『最下層女子校生~無関心社会の罪~』(小学館新書)を上梓した。橘氏に若い女性たちが抱える「闇」について聞いた。

最下層女子高生・・・深い闇 の続きを読む >>

↑このページのトップヘ