貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

パワハラ
職場でのパワハラは多いようですね。
そういう状況を放置している会社にかぎって、低賃金だってりもします。
「正社員は奴隷」・・・貧困に苦しむ女性社員の言葉が印象的です。


貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

今回お話を伺ったのは、東京都内のネット通販会社で働いている、田中佐奈さん(仮名・36歳)。彼女は中堅私立大学を卒業しています。茨城県水戸市に実家があり、地元の進学校を卒業後、推薦で進んだと言います。

「成績がよかったので、入学金が免除になり、学費も優待されたので進学しました。でも私が勉強できたのは、勉強が好きだからではなく、田舎でやることがなかったから。父親が厳しくて、門限が6時だったので、部活も遊びにも行けず、仕方がないから勉強していたんです」

地獄の正社員・・・上司に怒鳴られ椅子を蹴り倒され 【貧困女子】 の続きを読む >>

ブラック公務員
非正規の地方公務員が増えていますね。
同じ仕事をしても賃金は格段に低く、生活保護の受給を続けるレベルのようです。
この格差は、どこからきているのでしょう? また、いつからこうなった?


貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 公務員といえば、安定職業の代表格だと思われがちだが、昨今は「生活保護ブラック公務員」が存在する。非正規雇用が公務員にまで広がり、正規職員との間での差が広がるばかりなのだという。学童指導員という仕事においては、92.8%が非正規となっている。

正規職員の3分の1の収入しかない・・・生活保護ブラック公務員 の続きを読む >>

運転中のスマホで死亡事故
運転中のスマホ操作による事故が後を絶ちません。
あれほど危険だと啓蒙されていますが「自分は大丈夫」だと過信する人たちがいます。
他人の命を奪えば、相応の代償が必要です。
どれだけ大金を支払っても、被害者の命は戻ってくることはありません。


貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 ローンなりキャッシングなり、大なり小なり借金をシている人は少なくない。しかし、もしそれが「一億円」という高額の借金だとしたら……。

 生まれ育った地元で、配送トラックのドライバーをしていた刈谷保さん(仮名・49歳)はそんな「借金一億円」を背負ってしまった人だ。

 彼の人生は、3年前のある日急転した。

賠償金・・・1億2000万円を背負った男 の続きを読む >>

中年貧困
日々のストレスと闘っている人は多いものですね。
ある日突然、自分の精神が変調をきたしたら・・・
「私は大丈夫!」と言い切れる人がいるでしょうか?
IT企業に勤めていた、40代男性のお話です。生きるには厳しすぎる現状です。


貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「躁鬱病をわずらって会社を退職しました。それ以来、まったく働けず、わずかな貯金を食いつぶす毎日です……」と語るのは、東京都在住の水内広宣さん(仮名・42歳)。

水内さんは2014年5月に転職したIT企業を昨年9月に退社。ことの始まりは、外注先の突然の契約破棄であった。

悲惨すぎる現実・・・中年の貧困 の続きを読む >>

↑このページのトップヘ