貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

高齢者
高齢者の単身世帯が増えていますが、
これと同時に貧困世帯の割合も上昇しています。
高齢者が買い物をしたくても近所に商店が無い場合、買い物難民と言いますが、
生活インフラとして欠かせない存在となったコンビニが徒歩圏内に無い場合、
コンビニ難民と呼べるかもしれません。
また、生活苦とコンビニ難民は両者でリンクしている場合が多く、
該当者は大都市圏の近郊ほど多い傾向にあります。



● もはや生活になくてはならない コンビニ1店が提供してくれること

 日常生活の様々な場面で立ち寄る機会が多いコンビニエンスストア、いわゆるコンビニ。現在、北から南まで、コンビニ各社の店舗網は5万5000店を超え、年間売上高は約10兆円、1ヵ月間の来店者数は14億人に達する。

 我々がコンビニ1店を利用する目的は、弁当や雑誌の購入から宅配便の発送、コンサートなどのチケット申し込みまで、数知れない。もはや「コンビニのない生活など想像できない」という読者もいるだろう。

高齢者の6割が生活苦 【コンビニ難民】 の続きを読む >>

借金
過払い金請求は広く認知されましたね。
ここで誤解されやすいのは、過払い金請求すれば借金が無くなる。
これではありあません。場合によっては債務がゼロになることもありますが、
基本的には、債務責任がなくなる方法はひとつです。
「借りたものは返す」これが法律で定められたルールなのでお間違いなく。



頻繁に放送されていた過払い金請求のCMを、パタッと見なくなりましたね。過払い金請求というのは、簡単にいえば、払いすぎた利息を取り戻す方法です。

いまは借金とは無縁の生活を送っている人でも、将来はどうなるかわかりません。そこで、意外と誤解されやすい借金返済に関する真実をお伝えしたいと思います。

借金はゼロにならない・・・過払い金請求 の続きを読む >>

女性
貧困女性の中には「いまの私を見せたくない」と、
わざと他者との関係を切ろうとする人もいるようです。
そうするとますます袋小路に陥り、救済から遠のいてしまいます。
極度の貧困は他人事ではありません。明日は我が身かもしれないのです。



 そのうち結婚すると思っていたら、独身のまま仕事に行き詰まって、気がつけば貧困状態に――。他人事じゃない「女性の貧困」。単身女性の約3人に1人が貧困状態だという調査結果もある。

貧困は恥じゃない!周りに助けを求めよう

「失職などして極度の貧困に陥った女性は、周りからも孤立しがちになります。自分を恥じる気持ちが強くなり、友人などにも『今の私を見せたくない』と思うからです」

 そう話すのは、自立支援団体「インクルージョンネットかながわ」(http://inclusion-net.jp/)の鈴木晶子さんだ。そんな気持ちから、わざと他者との関係を切ろうとする女性もいるという。

今の私を見せたくない 【孤立する貧困女性】 の続きを読む >>

隠れ貧困
“隠れ貧困”という言葉をご存知ですか?
一見すると人並みの生活なのに、
貯金がなく、将来が不安だという世帯を指すようです。
項目をチェックするだけで、あなたの“隠れ貧困”度がわかります。



 経済ジャーナリストで、その名もズバリ『隠れ貧困』(朝日新書)の著者でもある荻原博子さんが提唱するこの言葉は、パット見には人並みの生活でも、なぜか貯金ができず、将来が不安だという世帯を指す。

 高血圧を放置すると重篤な病気になる恐れがあるように、貯められない「隠れ貧困」は、やがて「下流老人」に至る危険なお金の生活習慣病だと、荻原さんは指摘している。

特にバブル時代に青春を謳歌した50代は「ワンランク上」に弱く、プライドを守るために見栄を張り、隠れ貧困に陥る傾向が高い。いっぽう、バブル崩壊後の「失われた20年」に就職した40代前後は、厳しい時代を堅実に生きてきた思いから、子どもの教育に力を入れすぎてしまう傾向にあり、教育費が生活費を圧迫する事態を招くことが多いという。

隠れ貧困・・・チェック の続きを読む >>

↑このページのトップヘ