貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

非正規
非正規雇用が労働人口の半数近くを占めるようになりました。
この国で起こっている経済格差を、
知能の格差による「見えない内戦」だと言っている人がいます。

貧乏・生活苦ランキング ←凄い貧乏を見に行く

 今、日本では多くの場面で「対立」の構造が顕在化している。世代間対立、正規・非正規の対立、経済的な格差……。『言ってはいけない [ 橘玲 ]』(新潮新書)が大ヒット中の作家・橘玲氏が、そうした「内戦」の背景にあるものをあぶり出す。

 * * *
 世界じゅうで経済格差が大きな社会問題になっている。日本も例外ではなく、かつては一億総中流だったのが、いまでは若者や子どもの貧困、老後破産の記事を見ない日はないほどだ。

 なぜ日本の中流社会は崩壊してしまったのだろうか。

 あまり指摘されないが、もっとも大きいのは高齢化の進展だ。若いときはみんな同じように貧しいが、年をとるにつれて人生の浮き沈みがあり、定年を迎える頃には資産に大きな「格差」が生じているだろう。これは一種の自然現象で、社会全体が高齢化するほど中流は少なくなっていく。

 もうひとつの大きな理由は、欧米や日本のような先進国の経済が製造業から知識産業へと移行したことだ。

 戦後の高度成長期は、工場で真面目に働けば、住宅ローンでマイホームを買い、家族を養うことができた。だがグローバル経済では、そうした産業は人件費の安い中国などの新興国に移ってしまい、先進国の労働者は新しい仕事を探さなくてはならない。

 このことに最初に気づいたのはアメリカのクリントン政権で労働長官を務めたロバート・ライシュで、いまから20年以上前に、21世紀のアメリカ人はスペシャリスト(知識労働)とマックジョブ(単純労働)に二極化すると予言した。

 ライシュはアメリカの中流層がマックジョブへと転落していく未来を危惧したが、リベラリストとして移民排斥や自由貿易批判をとなえることはなかった。その代わり、中流層が知識社会に適応できるよう、教育にちからを入れなければならないと力説した。

 だがトランプ現象で白人中流層の崩壊が明らかになったように、ライシュの理想が実現することはなかった。その理由はアメリカ政府の教育政策が失敗したというよりも、知識社会で成功できるのが限られたひとだけだからだ。

 この不都合な事実は、「教育、教育、教育」を政策目標に掲げて颯爽と登場したイギリスのブレア政権でも証明された。どれほど教育に予算を注ぎ込んでも、若者の失業率はまったく改善しなかったのだ。

身分で差別・・・非正規という内戦 の続きを読む >>

高次脳機能障害
人生は「まさか!」と思うことの繰り返しですね。
もし自分が急に障害者になったら・・・
今日は、そんな人のお話です。

貧乏・生活苦ランキング ←凄い貧乏を見に行く

 本サイトではこれまで貧困と格差というテーマに取り組んできたが、特にルポライター鈴木大介氏による『最貧困女子 [ 鈴木大介 ]』(幻冬舎新書)や『最貧困シングルマザー [ 鈴木大介 ]』(朝日文庫)は大きな反響を呼んだ。それは、こうした作品が従来の風俗ルポや貧困本にない視点をもっていたからだろう。

 これまでタブーとされてきた貧困女性とセックスワークの関係、その背後にある搾取、さらに貧困の陰にうつや統合失調症などの精神疾患や発達障害、知的障害があることを明らかにしたのだ。しかも、単に興味本位で取材をするのでなく、彼女たちと同じ目線に立って、時には取材対象である女性たちに生活保護を受給できるよう説得し、動く。決して上から目線の"取材者"ではなく、時に絶望的な状況や、誰ひとり救えない自分の非力を嘆く鈴木氏の筆致には貧困への憎しみ、絶望感があり、そのルポは政府や行政への静かな反乱ともいえるものだった。

 そんな貧困の深層に切り込み続ける鈴木氏だが、2015年初夏に突然、脳梗塞を患い、緊急入院してしまったのだという。幸い脳梗塞は軽度だったが、残ったのが高次脳機能障害(高次脳)だった。しかし、そこで鈴木氏は"意外な気づき"を発見する。それが自分の高次脳の症状とこれまで出会った数々の最貧困者たちとの"共通点"だ。

 鈴木氏が発病後上梓した『脳が壊れた [ 鈴木大介 ]』(新潮社新書)は、発病から後遺症に苦しみ、家族や友人たちの助けで自分を"再発見"していくルポだが、その中で鈴木氏は自分を襲った"怪現象"(高次脳)の数々を記している。その最初の体験が「半側空間無視」だった。

生活保護の手続もできない・・・貧困女性の苦しみ の続きを読む >>

借金
返済しているのに、なかなか借金は減りませんね。
クレジットカードやローンには必ず利息がついてきます。
これを忘れて借り入れる人が多い。利息は膨れていきますよ。



知っているようで知らないクレジットカードやローンのあれこれ。前回はリボ払いなどについてご紹介しましたが、その2では「お金を返せなくなった場合」などについてお話しいただきます。解説は前回に引き続きアディーレ法律事務所の篠田先生です。

利息の計算方法を教えて

皆さん、「利息」と聞くと、「お金を借りた場合に、ちょっと上乗せされる」くらいに考える方が多いと思われます。「毎月1万円ずつ返済していれば、利息は1,000円とか2,000円程度でしょう?」というイメージかもしれません。しかし、これは大きな間違いです。

例えば、50万円の借り入れをした場合、利息制限法の上限利息は18%となるので、年間の利息の計算は9万円です。月々7,500円が利息となるので、返済額が月7,500円では、元本である50万円は一切減らずに利息のみを永遠と支払い続けることになります。返済額が1万円ずつであれば、はじめのうちの利息は月額7,500円とか7,000円程度(元本が減っていくのに応じ利息も少しずつ低くなります)。

そうなると、元本は月々2,500円とか3,000円程度しか減っていかず、ほぼ利息しか払っていない状態が続きます。そのうち、返済がきつくなって、途中でまた借り入れて、元本が50万円に戻ってしまう……ということを繰り返す方が非常に多いのは、利息の返済自体大変という理由も大きいです。

3年間で返済していく前提で計算した場合、約14万8,000円の利息がつくことになりますし、先ほどのように、返済額1万円であれば7年10カ月(94回)支払い続けなければ元本はなくなりません。 このように、「たかが利息されど利息」であり、いったん借り入れてしまうと予想以上に、利息ばっかり支払うことになってしまうのです。

返済しても・・・借金が減らない の続きを読む >>

貧困脱出
なるべく他者には優しく生きたい・・・
この精神があなたを貧困に陥れている一因かもしれません。
「いい人」をやめるだけで、お金は出ていきませんね。
これが出来るか出来ないかは・・・アナタ次第です。



努力は嫌いじゃない。責任感も強いほう。笑顔を絶やさず、日々、人の役にも立っている! それなのに、気がついたら「貧困生活」に陥っているぞ!

そのような経験はありませんか? もしそのような状況に陥ったら「いい人」をやめて少し「自分本位になる」ことをおすすめします。それだけであなたの貧困生活は次第に緩和してゆきます。貧困生活者の正反対、つまり潤沢な収入を得ている人。彼らの共通点は「心に微量の非情を飼いならしている」という点です。貧困生活を抜け出すにはこの「心に微量の非情を飼いならす」ことが近道なのです。

さて、それでは具体的に「いい人」をやめるだけで「貧困脱出」できる7つの理由についてご紹介してゆきましょう。

■1.付き合う人をドライに選べるようになる
ネガティヴな思考の人との人間関係をあっさりと切り、ポジティブな人との時間を優先することができます。生産的で、躍動的な思考回路で24時間が満たされるので「価値創造の質量」が圧倒的に増えます。価値の創造イコール、売り上げ。つまり収入が増える思考を維持できるのです。

■2.イヤな職場をサクッと辞められる
「上司やみんなに悪いから」「お世話になったから」といった理由で転職や退職を先延ばしにする人がいます。その結果、結局5年も10年も得意でも好きでもない職場でイヤイヤ働いてしまった。このミスが貧困生活の原因となります。いい人をやめた人は「もっとも自分が活躍できる仕事場探し」のためにどん欲に動きまわります。その結果、収入アップを勝ち取ることができるのです。

貧困からの脱出・・・いい人をやめる の続きを読む >>

↑このページのトップヘ