貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

非常勤
小学校の非常勤教員は給料が低いようです。生活保護手帳(2016年度版)
年収200万円以下だとか・・・
誰かを守るために、誰かが切り捨てられてるのかもしれませんね。
シングルマザー、家を買う [ 吉田可奈 ]

貧乏・生活苦ランキング ←貧しさに泣いた

 非常勤で小学校の教員をしているBさんは、あまりの賃金の安さに戸惑っている。

「手取りは月8万~9万円。これでは生活できないので、家庭教師などのバイトをしながら何とかしのいでいます」

生活保護受給・・・小学校の非常勤講師 の続きを読む >>

学歴

あるアロマセラピストのお話ですが、親なら知っておきたい学歴の経済学 [ 西川純 ]
SNSが浸透してから学歴詐称がしにくいようですね。
彼女も学歴詐称をしていた一人でした・・・

シングルマザー、家を買う [ 吉田可奈 ]

貧乏・生活苦ランキング ←貧しさに泣いた

今回お話を伺ったのは、アロマセラピストの榎本未央さん(仮名・37歳)。彼女は東京都の都心にあるアロマサロンでセラピストとして働いています。セラピストとしての収入は、毎月3万円ほど。容姿は10人並みで、特に目立つ感じでもありません。着ている服は、ファストファッションのブラウスにデニムパンツ。群馬県の実家が投資用に購入した、都心のワンルームマンション(約17平米)に住んでいます。家賃は払わなくてもいいけれど、それでは生活できないので、知人の紹介の飲食店でアルバイトをしたりして、その日、その日を暮らしをしています。

「とにかく給料が安くて。ウチのサロンは歩合制なんですが、とにかく待遇がひどい。オーナーは“ママにも働きやすい職場を”とか言って、専業主婦でアロマセラピストの資格を持っている人を雇っています。でも1時間6000円で施術をしても、50%をサロンに持って行かれちゃうんですよ。ホントにがめついババアなんですよ」

とにかくお金がない。お金がないからいつもイライラして、人に当たってしまう。お金が入ると宝くじを買ってしまい、当たったためしがないから、ますますイライラすると続けます。

「高校や大学時代の友達とは一切連絡を取っていません。お金がないから食べるのはパスタかうどん。それに100円で売っているソースをかけます。朝ごはんは1丁20円の豆腐をチンして、醤油とサラダオイルをかけて食べています。この1年くらいは服もろくに買っていなくて、洗いすぎてカピカピになってしまった下着を着ています。服って気持ちに余裕がないと欲しくならないんですよ。こんな生活が1年くらい続いていて、結婚するか実家に戻るかしかないんですけど、先のことは考えたくないですね」

学歴詐称・・・貧困女子 の続きを読む >>

タイ
定年後の海外移住の特集を見なくなりました。老いて男はアジアをめざす [ 瀬川正仁 ]
タイ移住をした人の例ですが、現状は厳しいようです。
金に窮して日本人を騙す・・・情けない話ですね。
シングルマザー、家を買う [ 吉田可奈 ]

貧乏・生活苦ランキング ←貧しさに泣いた

 一年中温暖な気候、物価の安さ、日本食レストランの多さなどを背景に、リタイア後、タイに移住してくる日本人。本来は優雅にタイで余生を過ごすはずだった……。しかし、物価の高騰など現実は想像以上にシビアで、生活は厳しくなるばかり。ビザも切れ、もはや日本にすら帰れずに、いわゆる“沈没”。最終的には日本人を騙して食いつなぐような“貧困老人”が増えているというのだ。

 某大手商社を退職後、すでに15年、夫婦揃ってタイで暮らしているAさん(79)にリタイア事情を聞いた。タイには、ロングステイ会というリタイア組がゴルフや会食などを行う集まりが存在しているが、ここ数年で会員は減少傾向。「昔はよくテレビの取材なども受けましたよ」とAさんはかつての移住ブームを懐かしみながら、最近になって移住者が減っている理由を「物価や家賃の高騰」「昔に比べて受給できる年金の額が少ないこと」を挙げた。

 ロングステイの方たちが持っているビザは、その名も“リタイアメントビザ”。申請条件は、銀行の預金残高が80万バーツ以上、もしくは月に年金を6万5000バーツ以上を受け取っていること。つまり月に6万5000バーツ以上あれば人並みの生活がおくれるという試算から出てきた数字ではあるが、タイの現状を考えると、決して裕福な生活とはいえない。タイの家賃は先進国と比べれば安いとはいえ、年々高騰化傾向が続き、日本人居住区においてアパートを借りれば、3万バーツ(9万円)程度。郊外などに行けば価格は安くなるものの、日系レストランなどは激減し、利便性は落ちるため、快適さを求める高齢者にとっては厳しい。タイまで来て、不便な生活を、そもそもが本末転倒になる。

 ちなみにAさんは厚生年金に加え、企業年金を受け取っており、いわばリタイア組の“勝ち組”。サービスアパートというホテルと同等のサービスを受けることができる住まいに暮らし、週に2回のゴルフと週1回の飲み会を欠かしていない。

 当然、リタイア組でも年金受給額にはバラつきがある。懐事情はそれぞれで、Aさんたちの飲み会の予算は食べ&飲み放題800バーツ(約2400円)。タイではお酒の持ち込みが可能なレストランが多いため、その分で浮かせているという、なんとも切ない実情。そしてゴルフは平日のみに限定。週末と比べると、激安だからだ。ゴルフ代は1000バーツに加え交通費、食事代で、込み込み2000バーツといったところだろう。日本円にすると6000円強。Aさんのように週2回参加できる人もいれば、1回のみの人もいるという。

貧困老人化・・・移住した日本人 の続きを読む >>

非正規
非正規の悲哀はありますね。 小説・非正規 [ 北沢栄 ]
もし誰かに「しょせんその程度の人間」と言われたりしたら・・・
蔑まれている現実に直面したら・・・こんな悲しいことはありません。

貧乏・生活苦ランキング ←凄い貧乏を見に行く

 現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしていく。

 お盆の頃、関西地方にある昔ながらの住宅街を歩いた。曲がりくねった路地を進むと、どこからともなく線香の香りがただよってくる。手入れが行き届いた庭に、夏祭りを告知する掲示板のチラシ。小さな実を揺らしながら、日よけ代わりに窓辺を覆っているのはフウセンカズラだろうか。そんな風情ある街並みの中、伸び放題の濃緑の木々に埋もれるようにして建つ、1軒の老朽化した家は明らかに異様に見えた。

 庭木は隣家まではみ出さんばかりの勢いで生い茂っているその家に近づいてみると、耳元で蚊の羽音が聞こえ、目の前をハチが通り過ぎていく。住宅街に住みながら庭木の手入れを怠ると、治安や衛生面などで、ご近所とトラブルになりやすいとも聞く。この家で独り暮らしをするヒデユキさん(45歳、仮名)が肩身の狭そうな様子でこう打ち明ける。

 「業者を入れるなりして伐採しなくてはいけないと、わかってはいるんです。でも、経済的な余裕がありません」

 亡くなった両親が残してくれた自宅は築50年を超える。外壁にはひびが入り、風呂場のタイルもところどころ剥がれているが、修繕もままならない。

葬式を欠席し、喪服のクリーニング代を節約

 それでも、家賃がかからない持ち家に住めるのは恵まれていると言われそうだが、そうとばかりは言えない事情もある。自宅のかいわいは、ヒデユキさんを含めて何代も前からこの街で暮らしている顔見知りがほとんどで、冠婚葬祭となれば、それなりの礼を尽くさなければならない。

 ヒデユキさんはここ何年も、近所で知人が亡くなると、早々に自宅を訪ね「お葬式の日は用事があって出席できません」と伝え、香典だけを置いてくるという。そうやって喪服をクリーニングする費用を節約しているのだ。「情けないし、恥ずかしい話です。でも、本当は香典を出すのもきついんです」。

 ヒデユキさんは医療用医薬品卸売会社の契約社員である。この1年間は、会社側が人件費を抑えるために残業をなくしたせいで、毎月の手取り額は15万円を切るようになってしまった。

 担当しているのは商品管理で、主には、製薬会社側から届いた医薬品を倉庫にしまったり、医療機関や薬局などから注文があった医薬品を倉庫から出したりする、出入庫作業を担っている。単純労働に見えるが、実際には、医薬品ごとに商品名やコード番号、有効期限、出庫数、在庫数などさまざまなデータを「とにかく早く、正確に」照会しなくてはならない、神経のすり減る仕事だという。

 また、ヒデユキさんが勤める会社は「お得意さま第一主義」という大義名分の下、顧客からの注文に迅速に応えることを売りにしており、一部の同業他社が1日の配達時刻や回数をあらかじめ決めているのに対し、注文を受けるたびに配達に出向くというシステムを取っている。この結果、彼のような契約社員らが1日に何度も出庫作業に駆り出されることになり、試しに万歩計で計ってみた1日の歩数は2万歩に達するほどだった。ヒデユキさんはお客さま第一主義の本質をこう分析してみせる。

 「顧客にとっては注文した商品がすぐ届くというのは、他社にはない“価値”だと思います。でも、それは、私たち非正規労働者が、窓もない狭くて暗い商品倉庫をコマネズミのように駆けずり回ることで生み出される“価値”です」

45歳契約社員の悲哀・・・持ち家でも貧困 の続きを読む >>

↑このページのトップヘ