貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

奨学金
奨学金の取立てが厳しいことは誰もが知るところとなりました。
日本学生支援機構の奨学金制度は借りた人が返すことによって、
次の人たちが借りれるようになっています。
取り立てないと資金が底をついてしまうのが現状なので、
何もしないというわけにはいきません。どうすればいいのでしょう?



 格差が固定化され、世帯収入の差も広がる一方で、大学をはじめとする高等教育機関の学費は年々高額化している。

 1990年、大学の初年度納付金額の平均が約65万円だったのに対して、2014年は96万円と大幅に増加(文部科学省の「国公私立大学の授業料等の推移」を基に国公私立大の授業料の平均値を算出)。

 そうした状況下で「家計は苦しいが、大学に進学したい」という学生は、どうするか。奨学金制度を利用するのである。今や、大学生の約4割が日本学生支援機構の奨学金制度を利用している。

恐怖の取り立て!・・・奨学金 の続きを読む >>

女子
自称貧困女子のエピソードが紹介されています。
クスッとくるのもありますね。こういう女子は・・・いますね。



最近メディアで「貧困女子」の特集をしているのをよく見かけます。

貧困女子は工夫次第で最強のお嫁さん候補に!
週刊誌でも「一食500円しかかけられない……」「主食はコンビニの惣菜パンなんです……」と、いかにも悲惨な生活を送る女子たちが紹介されていましたが、よく考えたら、ただの使いすぎなのでは?
そりゃ貧困にもなるだろ、とツッコミたくなる「自称貧困女子」の言い分をご紹介します。

貧困女子の、貧乏自慢 の続きを読む >>

女子高生
高齢者の貧困は社会福祉で解決できる問題です。
若者たちの貧困はどうなんでしょう?
全ての人を「公助」出来るかと言えば、財政的にかなり厳しいでしょう。
しかし「一助」ぐらいは出来るのではないでしょうか?
いまは、それさえも機能していない状況のようです。



若者を襲う想像を絶する貧困

昨年、流行語大賞にもノミネートされた「下流老人」。その言葉を生み出した著者が今春、上梓したのが本書だ。

ブラックバイトでこき使われ、学ぶ時間さえない学生たち。社会に出た途端、奨学金の返済に苦しみ、結婚など夢のまた夢。いや、リスクでしかないという。そうやって、給与も上がらず過重労働を強いられながら家族を養ったり、独身のまま過ごしたりして年を重ねる。やがて、貯蓄もなく年金だけに頼る生活は、生活保護に陥る“下流老人”への道しか見えてこない。つまり、若者の貧困も、現役世代の生活苦も、仕事を失い年金だけに頼る下流老人も、それぞれが点ではなく、「一本の線」で繋がっていることに気付く。

早く18歳になりたい・・・女子高生のつぶやき の続きを読む >>

セーラー服
貧困家庭の児童は過酷な状況下におかれています。
その子供たちが思春期を迎えると・・・
不法労働や児童買春などの福祉犯罪に巻き込まれることが往々にあります。
どっやって未然に防ぐことが出来るか?
どうすれば本人たちが犯罪被害の当事者だと知らせることができるか?
社会全体で対策すべきことかもしれません。



「それ、奴隷だよ」

 北関東の定時制高校のベテラン教員の言葉を、3年の女子生徒(18)はすぐにはのみ込めなかった。

【これで上履きが買える】 中学時代、5千円で売春 の続きを読む >>

↑このページのトップヘ