貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

古谷惣吉
高度成長期の昭和40年、関西から九州にかけて、連続殺人鬼カエル男 [ 中山七里 ]
わずか1ヶ月半のうちに8人を殺害する凶悪な連続殺人事件が起きました。
「稀代の殺人鬼」と呼ばれた古谷惣吉(当時51歳)の歩んだ半生とは・・・

シングルマザー、家を買う [ 吉田可奈 ]

貧乏・生活苦ランキング ←あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 1965(昭和40)年、わずか1か月半のあいだに、関西から九州にかけて8人を殺害する凶悪な連続殺人事件が起きた。犯人は「稀代の殺人鬼」と呼ばれた古谷惣吉(当時51歳)だった。

 金銭に窮していたことが事件の引き金だが、それは自業自得であった。16歳のとき窃盗で少年院に送られた古谷は、以来、50歳で仮釈放されるまでの34年間のうち、29年間を獄中で過ごしてきた。人生の大半である。詐欺や恐喝未遂、殺人などの犯罪を繰り返し、娑婆と刑務所を行きつ戻りつしていたのだ。塀の外に出るとカネに困り、再び悪に手を染める。悪循環だった。50歳で熊本刑務所を仮出所した古谷は、更生施設に身を置いていたが、半年後、姿を消してしまう。

 事件は、まるでミステリー小説のような展開をたどる。1965(昭和40)年11月22日、福岡県新宮町で塾講師の男性の他殺体が発見される。現場には遺留品があり、1週間後、持ち主が判明。捜査員が急行すると、事件のカギを握ると思われていたその人物は、他殺体となっていた。最初の殺人の犯人と目されていた男は、実は第二の殺人事件の被害者だったのだ。

 さらに、第一の事件とされていた福岡県の事件よりも前に起こった、滋賀県大津市の殺人事件も、同一犯との見方が強まった。事件は一気に「謎の連続殺人」の様相を呈し、世の中に恐怖が広がる。一連の事件には共通点があった。まわりに人家がなく、中高年の独居男性が住む一軒家での犯行。殺害後の遺体には布団がかけられており、財布や時計がなくなっている。そして犯人は、現場にあったパンやみかんを盗み食いしている――。

古谷惣吉連続殺人事件・・・貧困の悪循環で8人を殺害 の続きを読む >>

虐待死の子ども、0歳が6割超
まだ言葉も喋れない乳児が・・・ねえママ、どうして私のこと嫌いなの… [ イヴ・クルピンスキ- ]
親による虐待死のうち、0歳児が6割を超えていることがわかりました。
望まない妊娠をした人が多いらしい・・・
育てる気もないのなら、避妊ぐらいすればいいのにね。

シングルマザー、家を買う [ 吉田可奈 ]

貧乏・生活苦ランキング ←アンビリーバボーな不幸が

 2014年度中に虐待で亡くなったと確認された18歳未満の子どもは71人で、無理心中を除けば前年度より8人多い44人に上った。そのうち0歳児は27人で初めて6割を超え、15人は生後24時間以内に死亡していた。厚生労働省が16日、児童虐待による死亡事例の検証結果を公表した。

望まない妊娠・・・虐待死の子ども、0歳が6割を超える の続きを読む >>

貧困リスク
貧困に陥った人を助けたい・・・純粋にその想いを強くしている人たちがいます。
しかし問題なのは支援される側の人たち。すぐそばにある「貧困」 [ 大西連 ]
面倒くさいパーソナリティの人が多く、集団の中で阻害されがちになります。
そうすると、更なる貧困リスクを高める結果になってしまいます。

シングルマザー、家を買う [ 吉田可奈 ]

貧乏・生活苦ランキング ←アンビリーバボーな不幸が

つらい経験をした人ほど貧困リスクが高まる

 第1に、貧困をバックグラウンドにした虐待や育児放棄などの過酷な生育環境は、「非定型発達者」を生む。

 第2に、その非定型発達者の中には社会的排除を受けがちなパーソナリティがあり、結果として彼らの貧困リスクは高く、そこから抜け出しづらい。

 第3に、そんな環境を要因とした高い貧困リスクを抱える者たちには、脳卒中者へのリハビリ医療を発展させたような「脳の発達支援的なケア」が効力を発するのではないか。

 もちろん貧困リスクの高い者には成育環境以前に生得的(先天的)な発達障害や精神・知的な障害のある者も多いが、だが上記のようなアプローチは、成人後の暴力被害のある者や、失職や職場いじめやブラック企業勤務といった心的外傷を伴うようなトラウマ経験のある者たちに、その後の貧困ケースが多いことの裏付けと、支援へのヒントを含んでいる。

 幼少期であれ成人後であれ、つらい思いをした者ほど、その後の貧困リスクが高まる。これはその「被害経験」に対してのケアがないから。見てわかる外科的な外傷以外の、見てわからない心理的(脳機能的)外傷にケアがないという残酷な現実のもたらした結果だ。

 では、彼らに最適なケアとは、何だろうか。「発達支援的ケア」などと提言をしてみたが、ここで言っておきながら引っかかる部分がある。「社会的排除を招きがちなパーソナリティ」とは、何なのか。そもそもその排除は排除される側に問題があるのか、する側に問題があるのか。そして、そのパーソナリティは「矯正」しなければならないものなのかだ。

 確かに本連載でもたびたび触れているとおり、貧困の当事者はえてして面倒くさいパーソナリティの人が多く、集団の中で阻害されがちなことが、一層その貧困リスクを高めているのは支援の現場で誰もが感じている事実だし、僕の大嫌いな言葉に「困難ケース」(支援困難事例)というものもある。要するに支援しようにも当事者側のパーソナリティに問題が大きすぎて支援者が対処しづらいケースだ。

 僕がこの困難ケースという言葉にイラっとくるのは、その困難とは支援者が当事者を「支援しやすいパターン」に落とし込めないという困難で、この言葉を使った時点で支援者は当事者の「面倒くささ」に敗北した感じを受けるからだ。

 こんな思索を深めていると、脳裏に浮かんでくるかつての取材対象者の言葉がある。

 「やっぱりね……。ぶっちゃけ言ったらそのね。あたしは……“こっち側”が、楽なんだ~~~って、あの。そう思っちゃったんですよお」

 句読点が不自然でやたらと3点リーダー(……)が多いのは、この言葉を発した女性の口調の間延びっぷりを再現した結果。この女性、元家出少女でシングルマザーでキャバ嬢だった春菜さんの第1印象は、「ザッツ天然」だった。

出産前後から彼氏のDVが始まった

貧困に喘ぐ人、支援者とのすれ違い・・・最適なケアとは の続きを読む >>

栄養不足
年収700万円、省庁勤めの旦那の給料では足りず、となりのセレブたち [ 篠田節子 ]
都心のスタイリッシュな生活を勝ち取るために離婚しました。
現実は厳しいようですね。今では栄養不足から薄毛状態に・・・
自分から貧乏クジを引いた、女性のお話です。

シングルマザー、家を買う [ 吉田可奈 ]

貧乏・生活苦ランキング ←アンビリーバボーな不幸

今回お話を伺ったのは、離婚から10年間、東京都品川区内にあるシェアハウスに住んでいる、島田桃子さん(仮名・39歳)。彼女は東京都の都心にある女子大を卒業し、当時ブームだったITベンチャー企業に採用され、社長室勤務となりマーケティングを担当。そして、27歳のときに埼玉県に住む公務員の男性と結婚し、寿退社します。しかし、年収700万円程度の彼の収入では桃子さんが思い描いていたような生活はできず、子供を授かるも経済的な理由で断念。その他、さまざまなストレスが蓄積し離婚したのが10年前。その後、派遣社員をしつつ、シェアハウス暮らしをしています。

「どうしても20代のうちに結婚したくて、いろんな人に紹介を頼み、手当たり次第にお見合いをしていました。今、婚活とか言っていますけれど、10年前からそうでしたよ。30代から始めたのでは遅すぎる。まともな男性は、20代のうちから売約済みになっていくので、ホントに焦っていました。だから、公務員というだけで、前の夫と結婚してしまったのだと思います」

彼は省庁勤務で年収700万円、桃子さんより8歳年上だった夫と結婚した理由とは?

年収700万円、公務員夫の収入で不足・・・離婚して栄養不足 の続きを読む >>

↑このページのトップヘ