貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

毒親
過干渉やネグレクトなどによる児童虐待によって、
一種の毒のような影響を子供に与える親のことを毒親と言います。
子は親を選べません。
ろくでなしの親を持つことほど、不幸なことはありませんね。


年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 母親との確執を抱えたまま、苦しんでいる大人たちがいます。バツイチシングルマザーの藤村綾さんも、そのひとり。「父も母も生涯許さない」とまで言う、その親子関係とは――。(以下は藤村さんの寄稿)

毒親育ち・・・母を許さない の続きを読む >>

年金破綻
年金破綻を受給者側から解説しています。
世界的に見て日本の年金はレベルとしてどうなのか?
また、実際に受け取っている年金額は平均幾らなのか?
年金はこれからどうなるのか? など知っておきたいことばかりです。
因みに現在の年金状況は・・・実態は国民の「10割負担」です。


年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

日本人の老後の経済状態が、世界ランキングで見て最下位に近い状態に置かれているのをご存じだろうか?年金支給額を減らすことで、形としての制度を維持することはできても、日本の年金はすでに半ば破綻しているのだ。我が国はいったい何を誤ったのか?

年金破綻・・・死ぬまで働く老後 の続きを読む >>

貧乏県民
お金に対する考え方に県民性や地域性は表れますね。
日銀の「お金に関する全国調査」で貧乏な県が判明しました。
貧乏県民ワースト3は、沖縄県、青森県、長崎県です。
他にも・・・問題のある県名が挙がっています。


年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

金銭トラブルが多い山梨県民、消費者ローン利用1位の沖縄県民、老後の計画性がない秋田県民……。日銀のお金に関する全国調査で、貧困に陥りそうな県が明らかに。あなたの地元は大丈夫?

貧乏県民ランキング・・・ワースト3 の続きを読む >>

孤独な中年
孤立した独身無職者をスネップと言うようです。
当然の事ながら無職なので貧困の渦の中で喘ぐ生活となります。
そうなる人には、幾つかの共通点があります。ご注意ください。


中年だって生きている [ 酒井順子 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

働き盛りの世代でありながら、独身かつ無職――。ここでは、一度のつまずきで社会から孤立してしまった男たち。彼らの共通点とは? 決して他人事ではない、生きづらい時代に“孤立しないための努力”とは?

孤立する中年は自己肯定感が低い

「孤立しやすいのは女性よりも男性、20代より30代以降、高卒以上よりも中卒、さらには要介護の親がいる人という統計データが出ています。もちろんこうした属性による部分も大きいのですが、孤立する人の“メンタル的特徴”も徐々に見えてきています」

 そう語るのは、ひきこもり、孤立者の訪問サポート支援活動を長年にわたって行ってきた「トカネット」代表の藤原宏美氏だ。

「孤立する人に共通するのは“自己肯定感”の低さです。『なぜ自分はダメなんだろう』と社会に順応できなかった自分を責め、劣等感を抱き自ら世間との繋がりを断つ傾向にあります。

金銭的な貧困以上に人間関係の貧困に陥り、誰にも受け入れられないまま『もう一度頑張ろう』という意欲さえも失われてしまう。こうしたセルフネグレクトに陥ることで、孤立が慢性化してしまうんです」

孤独な中年・・・独身で無職 の続きを読む >>

DV離婚
夫のDVが原因で離婚・・・
男は女で、女は男で人生が大きく左右されます。
32歳になった女性は、スマホ販売員と風俗を掛け持ちしながら、
ステップアップに繋がりそうな、次のスキルを磨いています。


さよなら、DV [ 穂美 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 ある大手家電量販店で携帯電話販売員をする佐伯百合さん(仮名、32歳)は、清楚でかわいらしい女性だった。年齢より若く、20代半ばにみえる。2年半前に離婚、店舗近くにある県内ワンルームマンションに一人暮らしをしている。

 「私は仕事をしているので、世間で言われる貧困ではないかもしれません。ですが、女が単身で自立して生きていける世の中とは思えません。いろいろ厳しすぎます」

DV離婚の末。昼はスマホ販売員、夜は・・・ の続きを読む >>

↑このページのトップヘ