貧乏かわせみ

ローン、浪費、結婚、トラブル、家、年金、フリーター、虐待、タワマン、 貧困、田舎、会社、共働き、見栄、家庭、無職、ホームレス、節約、 女性、老後、若者、破産、派遣、生活保護、パラサイト。 40代、50代、下級国民、少ない年金、手取り、年収、孤独、不安、貯蓄ゼロ。 ど貧乏、離婚、年下、三角関係、妊娠、シングルマザー、コロナ、中絶、流産、中身、おっさん、おばさん、嘘、架空。

2貧乏
コロナでイベントの予定がくるった人も多いかと思います。
今回は結婚式をキャンセルした親子の話です。
結婚式などのキャンセル料が130万円となり、
あまりに高額なので54歳の父が10年ローンで返済するとか。
キャンセル料発生当日にキャンセルを決めるという優柔不断さが、
こんな事態を招いたように思います。
我が家で同じようなことが起きたら…発狂するかも。
お金が絡むようなことは、早め早めの対処が損をしないコツですよね。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

コロナの影響で予定がくるい、思わぬ損失を負う人が後を絶たない。突然に訪れた絶望とはいかほどのものか。今回はコロナと不幸が重なり、娘の結婚式をキャンセルしなければならなかった事例を取材した。

コロナで、130万円のキャンセル料 の続きを読む >>

6貧乏
年収300万円で、地方住みの4人家族の女性の嘆き、
カードローンがいっぱいになっても自己破産できないとか。
もし自己破産したら車のローンが組めなくなり、
車がなければ仕事にも行けないと、本人が主張しています。
クレカの枠も一杯で支払いが滞っているのなら、
遅かれ早かれ自己破産の一択でしょうね。
ローン枠に余裕のあるうちに手を打たないと、どうしようもありません。


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

かつては「年収300万円時代が到来する」といわれたものだが、今や「年収300万円ならマシな時代」に変わりつつあるようだ。

年収300万円、自己破産したら… の続きを読む >>

7貧乏
残業代が月10万円も減り、
家計維持が出来なくなった家庭のお話です。
みんな貧乏になったと言いながら、
日本人の9割は自分のことを中流家庭だと思っているようですね。
蛇口をひねれば綺麗な水が出て、電気はあってネットもあって…
世界レベルで見ると中流以上なのかもしれませんんが、
それなりに苦労はありますよね。


名前のない女たち貧困AV嬢の独白 [ 中村淳彦 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

仕事も辞められず、転職もできず、パートナーにも頼れず、生活レベルを下げざるを得なくなった新階層“プア中流”とは?

貧乏すぎる中流、家計がムリ の続きを読む >>

1貧乏
離婚したい一心で1000万円を貯めた女性がいます。
心が定まっているとお金も貯まるのかもしれませんね。
予定より早く1000万円に到達したようですが、
家庭内別居でこの1000万円を自由に使うのもアリのような気が。
やはり無理せず長続きさせることが大事なようです。
見習いたいけど見習えない…


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

1000万円…非常に大きな金額ですよね。貯めようと思ってもなかなか手が届かないでしょう。

離婚したいから1000万円 の続きを読む >>

2貧乏
友人にシングルマザーがいるという女性。
その友人がシングルマザーになった経緯を書いています。
籍を入れられない理由を、
「自己破産のペナルティ期間があるから」と言われたようですが、
スマホが当たり前の世の中ですから、ネット検索ぐらいすればいいのに…
増加する未婚シングルマザーが問題になっていますが、
充分ではないかもしれませんんが、色々な支援や制度が充実してきました。
この騙されたシンママを支えているのは、一般庶民の税金です。
なんだかなあって感じ。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

私の友人は、現在未婚の母として2人の子どもを育てています。

彼女は元から未婚の母を望んでいたわけではありません。彼女は職場で知り合った彼とお付き合いしていました。彼との間に1人目の子を授かり、彼女はもちろん結婚をして家庭を築くものだと思っていました。

ペナルティ期間でシングルマザーに の続きを読む >>

↑このページのトップヘ